【実録】毒親、確執、お金……実家とのトラブル、闇エピソード集

【実録】毒親、確執、お金……実家とのトラブル、闇エピソード集

「義実家とのトラブル」はよく耳にしますが、意外に多いのが実家とのトラブル。仲が悪いのは嫁姑だけとは限りません。実の親子だからこそ、遠慮がなかったり、子どものころからの確執が尾を引いていたり、想像以上に根深いものがあります。今回は、実家との間に起こってしまったトラブルについてご紹介します。


(イラスト:まちこ @achiachiachico

実家とトラブルになったことはありますか?

約2割の人が実家とトラブルになってしまった経験あり。詳しいエピソードを聞いてみると、お金に関することのほかに、子ども関連のことや介護のことなど、他人事とは思えないエピソードもちらほら……。

実際にどのようなことがあったのか、詳しいエピソードをみていきましょう。

子どものことで揉めました

出産後の手伝いに親が来たいと言うが、私は来てほしくなくて大喧嘩した。

(34歳/金融・証券/販売職・サービス系)
初孫出産のときに実家に戻らず育てようとしたから。

(33歳/金融・証券/専門職)
初節句についての段取り。

(37歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

出産前後、みなさんは実家からどんなサポートを受けましたか? ママたちに聞いてみたところ、あれこれ口うるさくアドバイスをしたがる母親を遠ざけようとしたら余計にトラブルになった、という投稿が多く見受けられました。ママたちが嫌がる理由としては、「風呂上りは白湯や果汁を飲ませる」「風邪をひかないよう厚着させる」「自分が使った箸で子どもに食べさせる」といった親の世代で当たり前だった“育児の常識”がアップデートされていないことも原因のひとつなのでしょうか。

お金のことで揉めたくないけど……

借金の肩代わり。

(27歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
知り合いが妹の学費を出してほしいと言われたらしい。

(32歳/建設・土木/事務系専門職)

人間関係のトラブルの大きな原因であるお金。実家との関係も、お金の問題が起こると途端に険悪になりかねません。なかには、「勝手に名前を使われて、ローンを抱えるはめになった」という人も。

「関係ありません!」と見捨ててしまえれば楽になるのですが、相手は血のつながった親。簡単に捨てられないから、揉めてしまうんですよね……。稼いだお金は、子どもの将来のために蓄えておきたいのに……。

老後はどうするつもり?

親が年寄りなのに不動産をローンで買い漁っているから。

(36歳/アパレル・繊維/営業職)
親ひとりだけなのに貯金を全部使って家を勝手に建て替えた。

(35歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職 )

日本人の平均寿命は年々延びていき、人生100年時代に突入しようとしています。昔より、ずーっと老後が長くなっているのです。

若いころのように働くこともできず、年金は十分もらえるかどうかもわからないうえ、寿命が延びれば、介護の問題も出てくるわけです。正直、リタイア後の生活はバラ色とは言えず、子ども世代は不安が増すばかり。もちろん、自分の親だから手助けはできるだけするつもりだけど、散財せずに老後のためにお金を取っておいてほしいのが本音だったりもします。

わかって! こっちも忙しいの!

しつこく電話がかかってくる 。

(40歳以上/医療・福祉/専門職)
遊びに来すぎる。

(29歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

暇を持て余した実家の両親に困っている人、多いみたいです。こっちは共働きで忙しいのに、なかなか現役世代の感覚をわかってもらえないのがトラブルの原因。自分たちも若いころは子育てや仕事で忙しかったはずなんですが、過ぎてしまうとその苦労も忘れてしまうのもなんですね。

「自分は絶対に、そんな迷惑な老親にはなりたくない!」と思っているけど、そんな風に思ったことも忘れてしまうのか……。連絡なしで突然遊びにくるのだけは勘弁して!

もともと仲が悪いんです

料理の味付けを巡って。

(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
価値観が違うので何かと衝突する。

(40歳以上/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

「え? そんなことで?」と他人は思うかもしれませんが、親子トラブルの原因はちょっとした出来事。結局、長年積もりに積もった確執が、なんてことないすれ違いをきっかけに爆発してしまうんでしょうね。お互い遠慮しながら付き合っている分、義実家との関係のほうがまだうまくいっている家庭も多いのかもしれません。

まとめ

実家とのトラブルは、遠慮がない分激しく、深刻になりがち。きれいさっぱり縁を切れるのなら、苦労はありません。そしてトラブルを起こすタイプの親ほど、たびたび連絡してきたり、距離を詰めてきたりするのが困った点です。でも、いつかはやってくる永遠の別れのときを思うと、複雑な心境です……。

マイナビ子育て調べ
調査日時:2021年3月31日~4月7日
調査人数:141人(22歳~40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】初の子連れ外食「味がしない」「もはやスポーツ」⇒2年後こうなった!『ゆーぱぱの育児フルスロットル』Vol.19

【漫画】初の子連れ外食「味がしない」「もはやスポーツ」⇒2年後こうなった!『ゆーぱぱの育児フルスロットル』Vol.19

パパが育児するのが当たり前の時代、令和。そんな令和のパパ像を象徴するかのように、常に全力で育児に取り組む男がいた。ーーその男の名は、ゆーぱぱ。やんちゃな娘2人に振り回され、もみくちゃにされ、疲れ切ったとしても、それでも娘への溺愛は止まらない!! パパ目線で描くフルスロットルな育児漫画、毎週木曜に全力で更新します!


コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

産後ケア普及を通じて「産後を起点とする社会問題(産後うつ/乳児虐待/夫婦不和)の解決」をめざすマドレボニータは、コロナ禍で出産した女性とそのパートナー654人を対象に2021年4月1日~10月31日に実施した「コロナ禍の産後のパートナーシップ」についてのアンケート調査結果を公開しました。


部屋干しの悩みを解決! 現役ママが考えた半畳に置ける室内衣類乾燥機「カワクーナ」の新型モデルが発売

部屋干しの悩みを解決! 現役ママが考えた半畳に置ける室内衣類乾燥機「カワクーナ」の新型モデルが発売

スパーキークリエイトは1月上旬、小型衣類乾燥機「カワクーナ(kawaquna)」の新モデルを、楽天市場、ヤフーショッピング、Amazon.co.jpで発売しました。


子どもの習い事の「平均月謝」が高額な地域、2位は関東、では1位は? 地域ごとに習い事のジャンルにも特徴が

子どもの習い事の「平均月謝」が高額な地域、2位は関東、では1位は? 地域ごとに習い事のジャンルにも特徴が

国内最大級の子どもの習い事メディア「SUKU×SUKU(スクスク)」は1月18日、「全56ジャンルの習い事平均月謝についてのアンケート」の結果を発表しました。この調査は、0歳から18歳の子どもに習い事を経験させたことのある保護者1,008人のを対象に、子どもの習い事の月謝について地方別の調査結果をまとめたものです。


【漫画】夫の気持ちを知り、不安とわだかまりが解けていく夜『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.81

【漫画】夫の気持ちを知り、不安とわだかまりが解けていく夜『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.81

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? 次々と不安が押し寄せたマタニティライフを経て、“心配のタネ=わかばちゃん”を出産した新米ママ・わたし。そんな心配性のわたしが送る子育てライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


最新の投稿


はずかしいことだと思わないで! 男の子の体の変化『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』Vol.2

はずかしいことだと思わないで! 男の子の体の変化『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』Vol.2

子どもが「性」の問題に直面したとき、親はどうサポートしたらよいのでしょう。「性」の話はタブー視されがちですが、自分を守るためにも正しい知識は必要です。産婦人科専門医の高橋怜奈先生監修の『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』(主婦と生活社)から、親子で学びたい「性」の話についてご紹介します。


めったに泣かないパパが泣いた日。理由を知ったママが思ったこと

めったに泣かないパパが泣いた日。理由を知ったママが思ったこと

Instagramで子育て漫画を発信される和栗 ぐりさん。和栗 ぐりさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


みんなどうやって夕飯作ってるの!? 一緒に遊ばないとギャン泣きなのだが【こりゃ無理だ~!】

みんなどうやって夕飯作ってるの!? 一緒に遊ばないとギャン泣きなのだが【こりゃ無理だ~!】

Instagramで子育て漫画を発信されるみつけままさん。みつけままさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


脚やせにおすすめのストレッチ3選|むくみをとってやせやすい脚を作る!

脚やせにおすすめのストレッチ3選|むくみをとってやせやすい脚を作る!

すらっとした美脚は憧れですよね。脚やせのためには筋トレやエクササイズも大切ですが、運動不足の人がいきなり習慣にするのはつらいもの。まずはストレッチで脚の筋肉の柔軟性をよしたり血流を改善してあげるのがよいですよ。そこで、おすすめの脚のストレッチをご紹介します。


【誕生日占い】10月9日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

【誕生日占い】10月9日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

『10月9日』生まれの性格や向いてることや苦手なことってどんなこと?占い師lukia☆先生にこの日がお誕生日の子の運勢を占ってもらいました!さらに才能を伸ばすためのヒントや2022年の運勢も。番外編では歴史上の出来事や10月9日生まれの偉人・有名人・アニメキャラも紹介!