【アンケート調査!】家計の見直しをするなら格安SIMから!?

【アンケート調査!】家計の見直しをするなら格安SIMから!?

新年度が始まりました。新しい学年、新しい環境、新しい生活……のスタートです。清々しいフレッシュな気持ちの中で、「家計も見直して、今年こそはやりくり上手になるんだ!」と意気込む方も多いのではないでしょうか。


8割が悩んでる家計問題!! リアルな声を大公開

新しい生活が始まると、生活のやりくりも変化します。「これを機に、家計を見直そう」と思っている方も多いのでは? 
でも、節約とか家計の見直しって、面倒なものですよね。中でも頭を悩ませがちなのが“スマホ料金”。現代社会では必要不可欠なものですが、料金プランが複雑な上、会社もたくさんあって、どれが自分にあっているのかイマイチよくわからない……。

そこで今回、子育て中の方々に家計に関するアンケートを実施。みなさんが、毎月の支出に対してどのような考えを持っているか聞いてみました。

なんと8割もの方が「家計を見直したい」と悩んでいることがわかりました。
では、どんな部分を「支出が高いから抑えたい」と考えているのでしょうか?

●娘が私立の学校に通うようになったので、教育費が大幅に増大しているため、携帯代と電気代を見直したい。
●いつも赤字スレスレになってしまう。携帯代と食費は見直したい。
●家のネット回線もっと安くならないのかと…。スマホとセットで安い所があれば入りたい。

みなさん、様々にお悩みの様子。中でもキーワードとなっているのは「子どもの教育費」で、今の支出を減らし、子どもの教育資金を捻出する方向へと舵を切りたいと願う姿が多く見られました。

特に、固定費は、一度見直せばその効果が長期にわたって続くため、どうにか調整したいようです。が、光熱費を減らすのってなかなか難しいんですよね。

気になるスマホの新料金プラン どう利用すれば節約になる!?

そこで気になってくるのが、昨年末頃よりよく見かけるようになった“スマホの新料金プラン”です。

半数以上の方が「気になるぞ!」と密かに注目していました。とはいえ、「スマホって使い方によって必要なギガ数が違うから、どのプランがいいのかわからない」とか「通信会社によって電波状況も良し悪しがあるらしい」と、クエスチョンマークが頭に浮かんでしまうもの。

だから、つい、乗り換えには二の足を踏んでしまうんですよね。

「新料金プランで気になっていることはありますか?」と聞いてみると

●通信品質等が良く分からないので、問題ないかを確認したい。
●20ギガも使わないので、さらに安くしてほしい。
●自分がどのプランに合っているかがわからない。
●トータルでやすくなるのかがわからない。

「新料金プランはなにやら画期的らしい」とは感じつつも、自分がどのプランにあっているのか分からずに悩んだまま、見直しの行動に移せない方も多そうです。また、大手キャリアだけでなく、格安SIMもある上、それらを含めると選択肢はもはや星の数。

無数の可能性がある中で、格安SIMはどのような位置付けにあるのでしょうか。

月々のスマホ代が安くなる可能性があっても、格安SIMを利用している方は少数派。7割弱は他のキャリアを選んでいるようです。一体、どうしてなのでしょう?

●安いとは聞くけれど、格安SIMの信用性に疑問がある。
●現在の契約がネット割の適用になっているので。
●データ通信が安定しているのか不安。
●まわりに使っている人もいないため、実際に使っている人の意見が聞けない。電波がいまいちなんかじゃないか? と思っている。

通信状況が不安定なのではないかという声や、ネット割や家族割が使えるのかといった不明要素あることに加え、「そもそも格安SIMとはなんぞや?」という声もありました。

というわけで、ファミリーで使い勝手のいいスマホ会社をここでご紹介しちゃいましょう。

IIJmioのギガプランは家計の味方!

今回、ご紹介するのはIIJmio。インターネット通信において実績のあるIIJ(インターネットイニシアティブ)が展開している格安SIMサービス。安定した通信の提供をしていて、わかりやすい料金プランや充実した機能、迷うほどの端末ラインナップ、手厚いサポートなどが支持されています。国内MVNO市場においてSIM契約回線数シェア3年連続1位を達成するほど信頼されている格安SIMの会社なのです。

※MVNE提供分含む。出展:MM総研 国内MVNO市場規模の推移(2020年9月末)より

特に4月1日からサービス提供がはじまったギガプランは、音声通話ありのSIMで2ギガ月額858円(税込)からとかなりお得。ドコモとauの回線を使っているため、通信状況の安定性はバッチリ。料金もシンプルで、利用するSIMカードの機能と容量を選ぶだけ。ライフスタイルに合わせて、自由にサービスを組み合わせることができるのも大きな特徴です。

ギガプランについてもっと知る

スマホで電話も使いたいなら音声通話付きのSIMカード、動画を見るだけのタブレット用ならデータ通信専用機能のSIMカードなど、使っているスマホやタブレットの使い方に合わせてSIMカードの機能が選べます。さらに、容量を2ギガ、4ギガ、8ギガ、15ギガ、20ギガの5つから選択することができ、無駄なく使えます。

しかも、「やっぱり合わないな」と感じ、契約解除をしたいと思った時や、他社へ乗り換えたいと思った時も、手数料がありません。つまり、試験的に取り入れてみる際もハードルが低いんです。

だから、こんな契約も可能なんです。

■パパ:仕事で電話をよく使う。たまにテザリングもするからギガは多め。
音声(15ギガ)=1,848円(税込)
■ママ:学校や親族へ電話での連絡あり。SNSアプリも時々使う。
音声(4ギガ)=1,078円(税込)
■息子(兄):SNSアプリでやり取りメイン。たまに動画視聴。
データ(4ギガ)=968円(税込)
■娘(妹):遊びにでかけた時などにSMSで親と連絡を取る程度。
SMS(2ギガ)=825円(税込)

4人合わせて、4,719円(税込)!
お、お安いっ!

また、ギガを使い切れなかった場合はシェアができるので、今月は使い切れなかったなという場合は、別の家族が余ったギガを使えます。(※6月以降提供予定)

さらに、IIJmioには「mioひかり」という光回線サービスも! マンションタイプなら月額4,356円と格安。スマホとセットにすると、ずっと660円オフになるので、3,696円ともっとお得に。さらに今ならキャンペーン価格1,980円という安すぎる金額で利用できてしまいます。家にインターネット回線があれば、スマホのギガ節約にもなるので家計の見直しをするなら検討した方がよさそうです。

2021年度の家計見直しはIIJmioではじめよう

何かとわかりにくいスマホのプラン。見直したいと思っても、「面倒だし、このままでいいか……」「イマイチよく分からないし、結局どんな風にお得になるのか自分で計算できない」となりがちです。

でも、IIJmioなら超シンプル。しかも、自由度も高いので、サクッと見直して、ちょっとした手間だけで乗り換えが可能。オンラインだけで手続きが終わるので、子どもが寝静まったあとに、家事の合間に気軽に契約できるのもありがたいですね。

家族が多くなればなるほど、スマホ代の負担は大きくなってくるので、節約の効果がダイレクトに感じられるのは嬉しいですよね。家計の見直しをするなら、まずはIIJmioのスマホプランをチェックしてみませんか?

ギガプランについて詳しくみる