ママのための悩み解決サイト
【医師監修】基礎体温で何がわかるの? 見方を分かりやすく解説

【医師監修】基礎体温で何がわかるの? 見方を分かりやすく解説

妊娠を望む女性にとって、妊娠する可能性が高い排卵日を知ることはとても重要なことです。排卵日を知るための手段として知られている「基礎体温」について、詳しく知らない方もいるのではないでしょうか? そこで今回は、排卵日だけではなく女性の体に起こっている変化などもわかる「基礎体温」をわかりやすく紹介していきます。


この記事の監修ドクター
パークサイド広尾レディスクリニック  内山明好 院長
浜松医科大学医学部卒業、エーザイ株式会社、グラクソ・スミスクライン株式会社にて臨床開発、薬事、薬剤安全性等の担当役員を経て、現職。
http://www.ladies-clinic.or.jp/

基礎体温ってどんなもの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

※画像はイメージです

妊娠を考えたとき、また日頃の健康管理や月経サイクルを確認する目的で、基礎体温を計っている女性も多いと思います。では、そもそも基礎体温とは一体何なのでしょう。

基礎体温とは

基礎体温は、「起床直後に体を動かす前の時間(もっとも安静な体の状態)の体温」を示します。なお、基礎体温を計るときには、体の表面でなく内部の温度を計ることが重要で、そのため脇の下などではなく、口の中(舌下)に体温計を挿入することが大きなポイントです。

基礎体温で何がわかるの?

基礎体温をつけることで、女性の排卵日をある程度予測することができます。つまり、妊娠しやすいタイミング、排卵が正常に行われているかの確認をすることができます。また、妊娠の維持に大切な黄体機能を推定したり、妊娠を早期に知る手がかりを得ることもできます(もちろん基礎体温だけで妊娠が確定するわけではありません)。

基礎体温の見方

基礎体温の変化を見れば、妊娠しやすい時期やおおよその排卵予定日が分かりますが、体温の変化以外に体や心にも作用があるのでしょうか。高温相と低温相の違いにはどんなことがあるのかが気になりませんか?

自分の体の状態を知ることは非常に大切なことです。あらかじめ、自分の基礎体温と体の状態をわかっていれば、問題にも対処しやすくなるでしょう。

基礎体温の基本的な変化

基礎体温を記録すると低温相と高温相の二段階に分かれる波形グラフが確認できるのが通常です。基礎体温は、月経時から二週間ほど(生理初日を1日目とカウントすれば約8~14日)の期間が「低温相」、約15~28日までが「高温相」となり、排卵日を境に体温が0.3~0.6度程度上昇します。

月経周期(※)を28日と考えると、月経開始日~14日目までを卵胞期、15~28日目までを黄体期、卵胞期と黄体期の境(14~15日目)を排卵期、といった一つの周期を繰り返しています。したがって、卵胞期が低温相、黄体期が高温相としてグラフで確認できるということになります。

継続して基礎体温を記録し、低体温・高体温の差が約0.3℃以上となるタイミング(排卵期)の有無と、その時の体温を把握しておくことが大切です。

※月経周期は個人差があります

高温相(黄体期)とは

黄体期と呼ばれる高温相は黄体ホルモンが盛んに分泌される時期で、この時期になると「生理前になるとイライラする」、「なんとなく頭が痛い」、「胸が張って体がむくみやすくなる」といった体の変化を感じることが多いようです。この時期はホルモン分泌の変化で、体と心に変化が生じやすくなります。気分が落ち込んでしまったり、いつもなら笑って過ごせるような冗談にイラついてしまったりといった経験をしたことがある女性も少なくないでしょう。もしかするとそれはホルモンの変化と関係があるかもしれません。

高温相は14日ほど続き、のちに月経(生理)が始まると低温相に移行します。もし、この高温相が10日よりも少ない(極端に短い)場合には、黄体機能不全という病気の場合があります。定期的に月経があっても、このように低温相と高温相の時間的バランスがきちんと整っていないと妊娠しにくいこともあるので、低温相、高温相の長さもチェックしておくようにしましょう。

低温相(卵胞期)とは

低温相は、生理が始まってから排卵が起こるまでの期間をいいます。高温相がないまま低温相が続く場合は、排卵が起こっていない「無排卵」の状態であることが想定されます。無排卵だと妊娠できませんし、体の不調にもつながりますので、さらに詳しい検査を行ったほうがよいでしょう。

まとめ

妊娠を望む女性にとって、まず一番に確認したいのは自分の基礎体温パターンです。基礎体温を計測することが、妊娠のための体作りの基本となります。

また基礎体温を計ってみて、何か変だと思うような心配事があれば、基礎体温表を持参して医師に相談をし、必要なアドバイスや治療を受けることをおすすめします。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.07.9)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


妊活アプリで何がわかるの?人気のおすすめアプリ7選

妊活アプリで何がわかるの?人気のおすすめアプリ7選

妊娠したい方におすすめの妊活アプリってご存知ですか? 生理の周期や排卵日などを把握して、妊娠しやすい時期や妊娠しにくい時期を知らせてくれる妊活アプリ。基礎体温などを記録&一括管理して、次の生理日や排卵日を予測して大人気のアイテムです。また、おすすめの人気妊活アプリもご紹介します。


【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防や治療法は?

【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防や治療法は?

冬が深まるとテレビのニュースなどで「小学校でノロウイルスが流行し……」といったニュースを見かけることが多くなりますよね。感染すると下痢や嘔吐などの症状を引き起こすノロウイルスやロタウイルス感染症。どちらも感染性胃腸炎ですが、具体的な症状に違いはあるのでしょうか?流行時期やかかる年齢、感染経路など治療・予防法まとめ


【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える? 原因や予防法を紹介

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える? 原因や予防法を紹介

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさんあります。特に妊娠線(にんしんせん)に悩む方は多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。


【医師監修】ロタウイルス感染症とは? 原因や症状、対処について

【医師監修】ロタウイルス感染症とは? 原因や症状、対処について

5歳になるまでにほとんどの乳幼児が感染してしまうと言われているロタウイルス。嘔吐や下痢、発熱を繰り返し、脱水症状を引き起こしたり、重症化してしまうと入院が必要になるケースも……。今回はそんなロタウイルス感染症の原因や症状、対処すべきことや注意点など保護者にとって必要な情報をまとめました。


【医師監修】ロタウイルスの予防接種について。スケジュールや効果、費用など

【医師監修】ロタウイルスの予防接種について。スケジュールや効果、費用など

1カ月健診を無事終えると、医師から予防接種について説明を受けることが多いかと思います。その際、「こんなにたくさん受けるの?」とその数の多さに驚くママも少なくないようです。今回はその中でもロタウイルスの予防接種について気になる点をまとめました。


最新の投稿


子供へのスノーボードの教え方!上達するコツや練習方法などを紹介

子供へのスノーボードの教え方!上達するコツや練習方法などを紹介

スノーボードといったら、スキーと並ぶウィンタースポーツの代表。子供が4〜5歳くらいになったら、一緒にスノボを楽しみたいと考えるママも多いことでしょう。今回は子供と一緒にスノボを楽しむコツや滑り方の教え方、スキー場の選び方などについてご紹介します。


子供へのスキーの教え方!ターン・曲がり方を上手に教えるコツは?

子供へのスキーの教え方!ターン・曲がり方を上手に教えるコツは?

ウィンタースポーツの代表格ともいえる「スキー」。今回は、小さな子供へのスキーの教え方や上達方法、子供のスキーウェア選びのポイントなどをご紹介します。


子供の練習用ピアノの選び方。ピアノの種類とそれぞれの特徴は?

子供の練習用ピアノの選び方。ピアノの種類とそれぞれの特徴は?

子供にピアノを習わせたい時、まず欠かせないのが自宅で練習するためのピアノ選び。アップライトピアノか電子ピアノ、どちらが良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。そこで今回、この2種類のピアノの特徴も含め、子供の練習用のピアノの選び方についてご紹介します。


子供と自転車の練習をしよう!基本3つのポイントや 教え方やコツなど

子供と自転車の練習をしよう!基本3つのポイントや 教え方やコツなど

成長にともない、「自転車に乗れるようになりたい」と思い始める子供も多いはず。そんなモチベーションが高い時こそ、自転車が上達しやすい絶好のチャンスです。ぜひ、自転車の練習の準備をしてみましょう。今回は、自転車の練習方法や上達するためのポイントについてご紹介します。


幼児も楽しく覚える!とっておきの時計の教え方とは?

幼児も楽しく覚える!とっておきの時計の教え方とは?

子どもが時計を読めるようになると、「〇時になったらごはんの時間」「〇時〇分までにお片付けしよう」などの声掛けができるため、生活にメリハリが付き、子どもも自分の行動の予定を立てられるようになります。時計の読み方を教えたいけれど、教え方が分からないという方のヒントをご紹介します。