百人一首をすぐ覚えてしまった!? 江戸時代の読み聞かせ論

百人一首をすぐ覚えてしまった!? 江戸時代の読み聞かせ論

歴史エッセイストの堀江宏樹さんが、江戸時代の子育てについてお届けする第4弾。今回は読み聞かせについてです。


Lazy dummy

読み聞かせの大切さ

今から200年ほど前の江戸時代後期、現在の新潟県の一部にあたる桑名藩の下級武士・渡辺家の子供たちには詳細な成長記録が残されています。柏崎で暮らしていた渡辺家には「おろく」という女の子がいました。彼女には7歳にして「百人一首」をすぐに覚えてしまったという、おどろくべき記録があります(『柏崎日記』)。

ちなみに現代日本なら「百人一首」は小学校高学年~中学校の教材として使われていてもおかしくはないものです。当時ではとくに賢い子だった、という扱いでもないおろくに、どうしてそんなことができたのでしょうか?

満八歳のおろくが当時の言語感覚からしても、文法も違えば、古い日本語あつかいの言葉で書かれた「百人一首」をサラッと覚えてしまえたのは、幼いころから、いわば絵本の読み聞かせを大人たちから、しかも上手にしてもらっていたからのようです。また、おそらく「百人一首」に、周囲の大人や年長者が楽しそうに親しんでいる姿を知っていたから、という事情もあるでしょう。

現代でも、読み聞かせの大切さはよく耳にしますよね。ところが幼い子に絵本を読んであげようとしても、お話どころか、絵にすら集中してくれない!という悩みをもつ現代日本のママ・パパは多いと思います。

しかし江戸時代の「読み聞かせ」を勧める教育論でも、そういった事情はいわば、想定内。絵本の内容を最初から説明し、理解させようとはしなくてよいというのが大前提なんですね。たとえば戦国時代のエピソードをまとめた書物『常山紀談』で、今日でも歴史ファンの間で有名な江戸時代の儒学者・湯浅常山によると、幼い子供には当時の動物図鑑にあたるような、絵の書いてある本を渡すところからはじめ、ついで片方のページに絵、その横に説明の文字のついている本に慣れさせるようにしなさいとのことです(『文会雑記』)。

要するにストーリーに幼い子供が反応しなくて当然、絵の説明を文字がしているとわからせられたら十分という感じです(ちなみに湯浅常山は、子供が8~9歳になるまで漢字を覚えられなくても大丈夫と言ってくれているので、ご参考まで)

子供が反応する絵のある本を選ぶのもコツのようですね。親がその本の内容に興味を示していることや、面白いと感じていることが、子供に伝わることも重視されました。
とくに当時は、親は子供の最初の師匠という考えがありました。また、何を具体的に教えたかが重要というより、親とすごした楽しい時間の記憶を幼心に刻ませよう……という配慮もあると思います。

子供の自主性を育てることが重要


江戸時代の幼児教育では、子供の自発性を育てることがとにかく重視されました。親や年長の周囲の子供たちが喜んで習っていることを自分も真似したい!……幼いうちにそう思わせられるようになったら、それだけでまずは成功なのです。人の言葉に耳を傾けて聞く習慣がついているかどうか、でしょうね。それができる子供は、その後、学校に行っても授業についていきやすいといわれているのを筆者は思い出しました。現代日本の家庭でも、親子で本を読む時間そのものを、楽しめるようになるのが今後のための第一歩なのかもしれません。

(C)竹内摩耶
この記事の専門家
歴史エッセイスト・作家 堀江宏樹
1977年生まれ、大阪府出身。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業。大学在学中からフリーランスライターとして文筆活動を開始。『仰天! 歴史のウラ雑学 後宮の世界』(竹書房)で作家デビュー。性別を超えた独特の論調で、幅広いファン層をもつ。2016年秋発売の『恐い世界史』(三笠書房)が現在ヒット中。好評近著に『乙女の真田丸』(主婦と生活社)、『三大遊郭』(幻冬舎)。最近の文庫化に『愛と夜の日史スキャンダル』『乙女の日本史 文学編』など。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』今回は、この病気を発症した夜のお話です。


【漫画】ワンオペ育児の二大呪い! 自己嫌悪&夫へのヘイト『ワンオペ育児の呪い』Vol.4

【漫画】ワンオペ育児の二大呪い! 自己嫌悪&夫へのヘイト『ワンオペ育児の呪い』Vol.4

転勤族の妻で2児の母、ワンオペ育児8年目のヲポコさんが、自分の経験や周囲の声から、ワンオペ育児を考える好評連載。どうしてこんなに苦しいの? もうちょっとラクになる方法があるんじゃないの? ワンオペ育児の現場から、率直かつ切実な声をお届けします。


新江ノ島水族館が冬季スペシャルイベント「ジュエリウム」を開催

新江ノ島水族館が冬季スペシャルイベント「ジュエリウム」を開催

神奈川県藤沢市の新江ノ島水族館は、2020年12月1日より2021年3月7日までの期間、冬季スペシャルイベント「Jewerium(ジュエリウム)」を開催します。 会期中は宝石の持つ「透明感」「色彩」「輝き」で構成した展示や演出を展開します。


【漫画】どんぐりお持ち帰り問題に、究極の解決法『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.4

【漫画】どんぐりお持ち帰り問題に、究極の解決法『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.4

秋冬になるとお持ち帰り率高まるのが……そう、どんぐり! 毎日増えていくどんぐりにモヤモヤしっぱなしのモチコさんでしたが……!? 子育て中のちょっとしたモヤモヤ、笑い飛ばしましょ♪ 2人のお子さんとの暮らしを描くコミックエッセイやかわいいイラストがInstagramや書籍などで大人気! モチコさんがお届けします。


【漫画】ワンオペ育児の呪いを強化するものとは?『ワンオペ育児の呪い』Vol.3

【漫画】ワンオペ育児の呪いを強化するものとは?『ワンオペ育児の呪い』Vol.3

転勤族の妻で2児の母、ワンオペ育児8年目のヲポコさんが、自分の経験や周囲の声から、ワンオペ育児を考える好評連載。どうしてこんなに苦しいの? もうちょっとラクになる方法があるんじゃないの? ワンオペ育児の現場から、率直かつ切実な声をお届けします。


最新の投稿


七五三…特別な日でも自由気まま!いいショット、なかなか撮らせてくれません

七五三…特別な日でも自由気まま!いいショット、なかなか撮らせてくれません

Instagramで子育て漫画を発信中のはなのさん。はなのさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


「全集中…うんちの呼吸!」ママ「あんなに真剣な顔、久しぶりに見ました。」

「全集中…うんちの呼吸!」ママ「あんなに真剣な顔、久しぶりに見ました。」

Instagramで子育て漫画を発信されるふくこさん。ふくこさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】姑との同居も20年! 遠慮のない関係がノーストレスの秘訣『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.4

【漫画】姑との同居も20年! 遠慮のない関係がノーストレスの秘訣『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.4

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「素敵!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。でも、ここまでくるには、実はいろいろあったそうで……。「嫁と姑」、その複雑怪奇(?)な関係をお届けします♪


【漫画】成立しちゃってる!? 1歳児との会話「ご飯はなにがいい?」→「コチュジャン」

【漫画】成立しちゃってる!? 1歳児との会話「ご飯はなにがいい?」→「コチュジャン」

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のchiikoさん。chiikoさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』今回は、この病気を発症した夜のお話です。