ほめて育てれば自己肯定感は育まれる?『「ほんとのこと」は、親にはいえない』Vol.2

ほめて育てれば自己肯定感は育まれる?『「ほんとのこと」は、親にはいえない』Vol.2

「子どもが学校のことを話してくれない」「本音が聞けているか自信がない」など、親子の会話で悩むこともありますね。そんなとき、長年教育現場で子どもと関わってきた先生の子どもとのコミュニケーション論を参考にしてみては。木村泰子先生の書籍『「ほんとのこと」は、親にはいえない』(家の光協会)の一部を連載形式でお届けします。


<<『「ほんとのこと」は、親にはいえない』の記事を最初から読む>>

ほめて育てれば自己肯定感は育まれる?

子どもはほめれば喜ぶと思っているとしたら、それ、子どもを舐めています。 他者の評価で幸せを感じるような生き方を子どもにさせてはいけません。

「ほめて自己肯定感を高めましょう」
「子どもをよく見て、よいところを探してほめましょう」
そんなフレーズが家庭や学校、育児書など、世の中のいたるところにあふれています。
親はプレッシャーを受けて、子どもを見て、ほめなきゃいけないと焦る。
でも、せわしない日常の中、「なかなか時間がないんです」と自分を責める親もいる。真面目な人ほどそうなってしまいます。
でもね、時間なんて関係ないんですよ。
子どもを見るとは、「子どもが今困っていないかな?」という目線を、子どもに発信しているかどうか。困ってないときに、見る必要なんてないでしょ。
「わが子のいいところが見つけられない」「ほめられない」と悩む人もいます。

ほめて子どもを育てる。
この言葉は、大人を主語にした、大人の独りよがりなんです。なぜこの言葉があふれているかといえば、大人が一番苦手なことが、子どもをほめることだから。
親も教師も、自分が苦手なことを努力して克服すればいい子が育つと、妄想みたいに信じこんでいるのでしょう。

一度、ある男の子に言われたことがあります。
「大人って、ほめたらいいって思ってない? ほめられて喜ぶ子ばっかりちゃうで」
その子は「発達障害」のレッテルを貼られて、困り感をたくさん持って転校してきた子どもでした。
私ははっとして、じっくり考えて正直にこう答えました。
「今、そのことを悩んでるねん。私は人にほめてもらったらうれしい。でも、一回ほめられたら、次にほめてもらえなくなると不安になる。だから私はどっちかというと、ほめられたらすごく不安になるなあ」
するとその子は驚いたんです、「えーそうなん?」と。「違うの?」と聞くと、こう返ってきました。
「ほめてくれる大人なんて信用できへん。俺は、怒られるやろなあと思って、言いにくいことを話したときに、怒らないで、『ああ、そう思ってたんか、なるほどな。そういうことか。そうなんか』って聞いてくれた人を信用する。そういうのがうれしい」と。

ほめるという行為が目的になっていませんか。子どもはほめればなんでも喜ぶと思っているとしたら、それ、子どもを舐めてます。
たとえば、その子にとってはそれが特別なことではないのに、「君は体格がいいね」とか、「頭の回転が早い」とか、大人がほめることは、まわりの子と比較して評価して格付けをしただけ。そこから子どもに生まれるものは本物の自尊感情ではありません。大人が結果的に、差別や偏見を種のようにまいただけです。
まわりにほめられることで、他者の評価で、幸せを感じるような生き方を子どもにさせてはいけません。いつか社会に出たときに、ほめてもらえないことで苦しむ、そんな結果につなげないでほしいのです。
無理にほめてコミュニケーションをとるのではなくて、子どもが本当に言いにくい本音を話したときに、大人は真正面から受け止めて、否定でも肯定でもなく、その子が言葉を向けてくれたことに「そうなんやね」と返す。それは「私は今、あなたの言葉を聞かせてもらったよ」という、直接的に言わないけれど「ありがとう」という意味の言葉ですよね。

もちろん、ほめることが悪いのではありません。
今までできなかったことができるようになった。心の底から感心したときには思わず口から言葉が出ます。
「わ、すごい、できたやん、すごいやん!」
認めてもらったことで、子どもは「よっしゃ!」と自尊心が高まります。
子どもはほめてほしいのではなく、認めてほしいのです。自分が納得した、自分が学んだ、自分が変われたと思うこと。人と違っている自分が当たり前と思えること。自己肯定感が高まるってそういうことなんですよ。

<<『「ほんとのこと」は、親にはいえない』の記事を最初から読む>>

書籍『「ほんとのこと」は、親にはいえない』について

「ほんとのこと」は、親にはいえない

¥ 1,540

(2021/04/07 時点)

45年間教育現場で子どもたちと対話を重ねてきた木村泰子先生が伝える、親子のコミュニケーション論。対話とは「意見の違う相手の考えを受け取り、ともに新しい考えをつくっていく」こと。本書を読めば子どもとの接し方が変わります。
子どもとのコミュニケーションに悩むときに読みたい一冊です。

著者プロフィール
木村泰子先生
大阪府生まれ。武庫川学院女子短期大学(現武庫川女子大学短期大学部)卒業。大阪市立大空小学校初代校長として、「すべての子どもの学習権を保障する学校をつくる」ことに情熱を注ぐ。その取り組みを描いたドキュメンタリー映画『みんなの学校』は話題を呼び、劇場公開後も各地で自主上映会が開催されている。2015年に45年の教職歴をもって退職。現在は、全国から講演会、セミナー等に呼ばれ、精力的に各地を飛び回り、学び続けている。

(文:木村 泰子『「ほんとのこと」は、親にはいえない (子どもの言葉を生み出す対話)』(家の光協会)より一部抜粋/加筆修正:マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


水嶋ヒロ、MIYAVI、ロンブー淳……育児に「協力」じゃないパパたちの子育て

水嶋ヒロ、MIYAVI、ロンブー淳……育児に「協力」じゃないパパたちの子育て

6月の第三日曜日は父の日。2021年は6月20日が父の日です。5月の母の日と同じように、パパに日頃の感謝を伝えて労う家庭が多いのではないでしょうか。そこで今回は、育児真っ最中の芸能人パパたちのSNSを見てみましょう。


鈴木亜美「完全に親バカ」と裸の次男写真を公開でデレデレも「迷惑そうにされる」

鈴木亜美「完全に親バカ」と裸の次男写真を公開でデレデレも「迷惑そうにされる」

タレントで二児のママである鈴木亜美さんが、Instagramに1歳4カ月の次男の写真を投稿。裸にくまさんのフードがついたタオルを被っただけの姿に、「か、かわええ 完全に親バカ」とメロメロの様子です。


<父の日企画>家族にとっての「理想の父親」って何だ? #渡邊大地の令和的ワーパパ道 Vol.7

<父の日企画>家族にとっての「理想の父親」って何だ? #渡邊大地の令和的ワーパパ道 Vol.7

『産後が始まった! 夫による、産後のリアル妻レポート』『夫婦のミゾが埋まらない 産後にすれ違う男女を変えるパートナーシップ学』(ともにKADOKAWA)など、夫婦のパートナーシップをテーマにした著書が話題の渡邊大地さんによる新連載! 令和における新たなワーパパ像を、読者のみなさんとともに考えます。


安田美沙子、ワンオペ育児の疲労吐露「怒りすぎて、喉が痛い」「放心状態」

安田美沙子、ワンオペ育児の疲労吐露「怒りすぎて、喉が痛い」「放心状態」

タレントの安田美沙子さんが、Instagramで週末の「ワンオペ育児」が大変だったと明かし、コメント欄に共感と応援の声が相次いでいます。


【漫画】「家出したら俺んち来いよ…」弟の未来を想像しすぎた兄に胸キュン『クールな長男は、今日も家族に甘い』Vol.5

【漫画】「家出したら俺んち来いよ…」弟の未来を想像しすぎた兄に胸キュン『クールな長男は、今日も家族に甘い』Vol.5

あおの家長男ヒカくん(高3)は、クールなふりして実は家族に激甘!? 年の離れたメリちゃん(小5)、ルルちゃん(小1)、チイくん(1歳)との兄弟愛は、胸キュン必至です!


最新の投稿


【漫画】夫よりお腹の子思いな父が教えてくれた「おまじない」『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.27

【漫画】夫よりお腹の子思いな父が教えてくれた「おまじない」『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.27

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


「ちょっと高級な家電」「温泉気分の入浴剤」自粛生活で新しく購入したモノは?

「ちょっと高級な家電」「温泉気分の入浴剤」自粛生活で新しく購入したモノは?

コロナ禍に突入して早一年以上。コロナの影響を受けていても毎日の生活は続きます。今回は「コロナ禍だからこそ、新たに購入したもの」を調査! みなさんが購入した商品を、アンケート結果から見ていきましょう。


【漫画】両親に内定辞退と同棲を報告。2人の反応は……『モラハラ夫に人生を狂わされた話』Vol.26

【漫画】両親に内定辞退と同棲を報告。2人の反応は……『モラハラ夫に人生を狂わされた話』Vol.26

「この男、ヤバすぎる……」モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々に衝撃が止まらない! Instagramで大反響を呼んだ、もちさん『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をご紹介。モラハラ夫との出会いから離婚までを描いた大ボリュームの本編をお届けします。


【お餅を食べればいいじゃない】子どものツルスベほっぺを食べたいママに一言

【お餅を食べればいいじゃない】子どものツルスベほっぺを食べたいママに一言

Instagramで子育て漫画を発信されるうちここさん。うちここさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


二度見しちゃったお手頃価格! 使える「業務スーパー」冷凍肉だんご

二度見しちゃったお手頃価格! 使える「業務スーパー」冷凍肉だんご

驚きのお値段ですが、使い勝手はとってもよい冷凍肉だんごです。メイン料理もサブ料理もササッと作れる便利な時短食材として重宝します。