子どもと対話をしていますか? 『「ほんとのこと」は、親にはいえない』Vol.1

子どもと対話をしていますか? 『「ほんとのこと」は、親にはいえない』Vol.1

「子どもが学校のことを話してくれない」「本音が聞けているか自信がない」など、親子の会話で悩むこともありますね。そんなとき、長年教育現場で子どもと関わってきた先生の子どもとのコミュニケーション論を参考にしてみては。木村泰子先生の書籍『「ほんとのこと」は、親にはいえない』(家の光協会)の一部を連載形式でお届けします。


著者プロフィール
木村泰子先生
大阪府生まれ。武庫川学院女子短期大学(現武庫川女子大学短期大学部)卒業。大阪市立大空小学校初代校長として、「すべての子どもの学習権を保障する学校をつくる」ことに情熱を注ぐ。その取り組みを描いたドキュメンタリー映画『みんなの学校』は話題を呼び、劇場公開後も各地で自主上映会が開催されている。2015年に45年の教職歴をもって退職。現在は、全国から講演会、セミナー等に呼ばれ、精力的に各地を飛び回り、学び続けている。

<<『「ほんとのこと」は、親にはいえない』の記事をすべて読む>>

「対話」と「会話」は違います

子どもと対話をしていますか。上から目線の言葉ではだめ。 『正解のないものを見い出すため』に対話があります。

みなさん、子どもと対話をしていますか。
私も含めてですが、ほとんどの親は本当の意味で、「自分の子どもと対話ができていない」と思っています。
そんなことはない。うちの家はよく話をして、対話ができている。そう思っているお母さんも多いのではないでしょうか。
「宿題はやったの?」
「ごはんだから早く来て座って」
「ゲームはもうやめなさい」
こういう「会話」はできているのかもしれません。でも、それは「対話」ではありません。
では「会話」と「対話」の違いってなんでしょう。
思いきり簡単に言うと、「対話」とは一切のジャッジが入らないやり取りのこと。ジャッジとは、「アウト」か「セーフ」かを評価することとも言い換えられます。

セーフの子は「よかったね」と表彰状をもらう。アウトの子は「残念でした、次がんばりましょう」という残念賞。
どっちも賞だけれど、そこには「格差」が生まれますよね。大人がわざわざ子どもの中に「格差」をつくっているんです。おかしいでしょ?

ジャッジには「正解を下す」という意味もあります。親は自分の中に「正解」を持っていて、それにつなげることを目的にした言葉を発します。
それは「指示」や「命令」。
その伝達行為が言葉でやり取りされることを、「対話ができている」と勘違いしてしまう親が多い。
でも子どもからすれば、とんでもない話です。
指示や命令を一方的に与えられて、しかたがないから反応しただけで、自分の思いが伝わったとも、親の言うことに納得したとも思っていませんよ。
上から目線で「正解」を押しつけられただけだから。

きっとね、親はみんな、子どもとかかわらないと不安になるんです。自分が育てなきゃいけないってね。
そのときに、親と子のあいだであっても、相手の考えていることを聞こうとしているかどうか。
対話って「問いかけ」だから。他者を理解するため、正解のないものを見い出すためのツールが対話なんです。
親子だから、ちょっと言えば子どもはわかってくれる。毎日言葉を交わしているから大丈夫。
そんなことはありません。
子どもが、「本音を言ってもいい」と思えるのは、ジャッジのない対等な関係性で向き合ってくれる存在だけです。
対等な関係性で、一人の人間として向き合って、言葉のやり取りを交わす。
そうした信頼の中でお互いがつながる。それが「対話」なんだと思います。

<<『「ほんとのこと」は、親にはいえない』の記事をすべて読む>>

書籍『「ほんとのこと」は、親にはいえない』について

「ほんとのこと」は、親にはいえない

¥ 1,540

(2021/04/07 時点)

45年間教育現場で子どもたちと対話を重ねてきた木村泰子先生が伝える、親子のコミュニケーション論。対話とは「意見の違う相手の考えを受け取り、ともに新しい考えをつくっていく」こと。本書を読めば子どもとの接し方が変わります。
子どもとのコミュニケーションに悩むときに読みたい一冊です。

(文:木村 泰子『「ほんとのこと」は、親にはいえない (子どもの言葉を生み出す対話)』(家の光協会)より一部抜粋/加筆修正:マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


保育園からのチャットに悶絶!「これ読んでお迎えに猛ダッシュしないやついる? いねぇよなぁぁ!!」

保育園からのチャットに悶絶!「これ読んでお迎えに猛ダッシュしないやついる? いねぇよなぁぁ!!」

Twitterで話題の投稿を編集部がピックアップしてお届けします。今回は、お母さんのことが大好きな息子さんの保育園での様子をご紹介!


【漫画】初の子連れ外食「味がしない」「もはやスポーツ」⇒2年後こうなった!『ゆーぱぱの育児フルスロットル』Vol.19

【漫画】初の子連れ外食「味がしない」「もはやスポーツ」⇒2年後こうなった!『ゆーぱぱの育児フルスロットル』Vol.19

パパが育児するのが当たり前の時代、令和。そんな令和のパパ像を象徴するかのように、常に全力で育児に取り組む男がいた。ーーその男の名は、ゆーぱぱ。やんちゃな娘2人に振り回され、もみくちゃにされ、疲れ切ったとしても、それでも娘への溺愛は止まらない!! パパ目線で描くフルスロットルな育児漫画、毎週木曜に全力で更新します!


26歳差夫婦で第四子妊娠の菊地瑠々さん、切迫流産の危険があり安静命令に「同じような状況のお母さんがいたら頑張っていきましょう」

26歳差夫婦で第四子妊娠の菊地瑠々さん、切迫流産の危険があり安静命令に「同じような状況のお母さんがいたら頑張っていきましょう」

20歳で26歳年上の男性と結婚し、5歳・3歳・1歳の3児ママになったモデルの菊池瑠々さん。現在は第四子を妊娠中ですが、産婦人科受診で切迫流産の危険性を指摘されたと報告しています。


子どもの習い事の「平均月謝」が高額な地域、2位は関東、では1位は? 地域ごとに習い事のジャンルにも特徴が

子どもの習い事の「平均月謝」が高額な地域、2位は関東、では1位は? 地域ごとに習い事のジャンルにも特徴が

国内最大級の子どもの習い事メディア「SUKU×SUKU(スクスク)」は1月18日、「全56ジャンルの習い事平均月謝についてのアンケート」の結果を発表しました。この調査は、0歳から18歳の子どもに習い事を経験させたことのある保護者1,008人のを対象に、子どもの習い事の月謝について地方別の調査結果をまとめたものです。


保育園にお迎えに行くと…娘の髪型が衝撃的なことに!「謎の技術」「重力どうなってるんですか!?」

保育園にお迎えに行くと…娘の髪型が衝撃的なことに!「謎の技術」「重力どうなってるんですか!?」

Twitterで話題の投稿を編集部がピックアップしてお届けします。今回は、保育園でセットしてもらった斬新&ハイレベルな髪型をご紹介!


最新の投稿


【誕生日占い】10月10日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

【誕生日占い】10月10日生まれ|性格や向いてる職業・2022年運勢は?有名人や出来事まとめ

『10月10日』生まれの性格や向いてることや苦手なことってどんなこと?占い師lukia☆先生にこの日がお誕生日の子の運勢を占ってもらいました!さらに才能を伸ばすためのヒントや2022年の運勢も。番外編では歴史上の出来事や10月10日生まれの偉人・有名人・アニメキャラも紹介!


海老茶(えびちゃ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

海老茶(えびちゃ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

【海老茶(えびちゃ)】とは、黒味がかった赤色のことを指します。日本の伝統色である【海老茶】にどのような由来があって、どのように愛されてきたのか、子どもにそのまま教えてあげられるよう、やさしい言葉で解説します。海外の方に英語で説明できるよう、英語での解説も紹介しています。


【漫画】#16 身重の妻が助けを求めているのに……?「酒飲んだから帰れへんよ」『モラハラ夫に人生を狂わされた話 再構築編』

【漫画】#16 身重の妻が助けを求めているのに……?「酒飲んだから帰れへんよ」『モラハラ夫に人生を狂わされた話 再構築編』

「この男、ヤバすぎる……」モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々に衝撃が止まらない! Instagramで大反響を呼んだ、もちさん『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をご紹介。モラハラ夫との出会いから離婚までを描いた大ボリュームの本編をお届けします。


「ミニーマウス」や「ラプンツェル」をモチーフにしたひなまつりスイーツを新発売!【銀座コージーコーナー】

「ミニーマウス」や「ラプンツェル」をモチーフにしたひなまつりスイーツを新発売!【銀座コージーコーナー】

銀座コージーコーナーは、1月28日(金)より、全国の生ケーキ取扱店で、ディズニーデザインのケーキ各種の予約受付を開始します。3000台限定のミニーマウスのデコレーションケーキや「ラプンツェルコレクション」、予約限定の「ラプンツェルドレスケーキ」などが新登場です。


保育園からのチャットに悶絶!「これ読んでお迎えに猛ダッシュしないやついる? いねぇよなぁぁ!!」

保育園からのチャットに悶絶!「これ読んでお迎えに猛ダッシュしないやついる? いねぇよなぁぁ!!」

Twitterで話題の投稿を編集部がピックアップしてお届けします。今回は、お母さんのことが大好きな息子さんの保育園での様子をご紹介!