【医師監修】妊娠超初期はおりものも変わる? 関連する気をつけたい病気

【医師監修】妊娠超初期はおりものも変わる? 関連する気をつけたい病気

妊妊娠がわかると、体に起き始めたさまざまな変化に意識が向きます。特に妊娠初期(~13週)の頃は、体調や生活の大きな変化を感じる人も多いでしょう。また、妊娠初期の中でも生理予定日前などのごく早期を、俗に「妊娠超初期」と呼ぶこともあるようですが、この時期は体の些細な変化でも「これは妊娠の兆候?」と気になるものです。


妊娠初期のおりものの変化

Getty logo

腟や子宮、子宮頸管などから出る分泌物である「おりもの」は、「帯下(たいげ)」とも呼ばれます。

健康な腟の中は、常在菌の「乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)」が、病原菌などが嫌う「酸性の環境」を整えているので、病原菌が好む「温かくて湿った状態」でも健やかさが保たれる仕組みです。

おおよそおりものの量や性状(分泌液の粘度など)は月経周期に伴って変化しますが、妊娠が成立すると女性ホルモンの分泌量が変化するため、おりものに変化が見られることがあります。

妊娠超初期はおりものも変わる?

妊娠が成立すると、ホルモンの分泌が維持されるので、排卵期を過ぎた粘り気のあるおりものが続くと感じる場合があります。

「妊娠が成立すると、おりものも高温期の状態のまま続くということになりますが、変化の程度は個人差が大きいと考えてください」(松峯先生)

気をつけたいおりものの変化とは

そもそも生理的に分泌されるおりものの量や質には個人差があるので、人により「普段とは違う」ことに気づく人もいれば気づかない人もいるでしょう。異変に気づくには、日頃から自分のおりものの変化に関心を持つことが大切です。

とはいえ、多くの女性が「おりものの異変」に気がつくのは、おおむね次のような点からです。

・下着がぬれる量などからして、普段より非常に量が多い
・普段より濃く、粘り気が強い
・膿のような状態
・カッテージチーズのように白いかたまりの状態
・血液が混じった色、または黄色・緑色を帯びた色をしている
・においが生臭い、酸っぱいなどと感じる
・かゆみやほてり、発しん、ヒリヒリする痛みを伴う
・腹痛や排尿痛、発熱を伴う

婦人科の外来では、おりものの異変(増量、悪臭、色や質の変化など)とそれに伴う不快感はよく訴えのある症状のひとつで、その原因として「細菌性腟症」「外陰腟カンジダ症」「腟トリコモナス症」の3つが90%以上を占めるとされます[*1]。

【医師監修】妊娠超初期の症状まとめ!身体の変化はいつから?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1663

吐き気などの妊娠の兆候が出てくるのは、個人差が大きいものの妊娠5~6週頃からといわれていますが、中には俗にいう“妊娠超初期”にあたる生理予定日前に「妊娠したかも……」など、体の変化や妊娠のサインを感じる人も。妊娠超初期に見られがちな症状や、妊娠に気づかずアルコール、タバコ、カフェインを摂取して場合の胎児への影響を解説

妊娠期間中、特に注意したい病気や症状

おりものの変化が見られる病気の中には、妊娠中の女性の場合、妊娠経過などに影響があるものもあります。特に気をつけておきたい、おもな病気や症状は次のとおりです。

また、おりものに変化が見られる性感染症の中には、治療せずに放置すると感染や炎症が他の器官・臓器にも広がったり、他の炎症性の病気などに進んでしまうことがあります。

不正性器出血

妊娠期間中の出血の中には、妊娠経過に影響するケースもあるので最初にご紹介しましょう。

「不正性器出血」は、正確にはおりものではなく、“茶色のおりもののようなもの”です。下着の茶色いしみなどを見ると、「おりものが茶色くなった!?」などと異変に気づきますが、それは出血や、血液が混ざったおりものの場合もあるということです。

「不正性器出血」とは、月経以外の性器からの出血のすべてをさします。原因は妊娠のほか、性器の炎症、腫瘍(しゅよう)、外傷(病気によるものも含む)、出血しやすくなる病気の影響、服用している薬の影響、ホルモンバランスの変調などさまざまで、排卵期の一時的な出血など病気ではないものも含まれます。

一般的に「着床出血」と呼ばれる妊娠初期の出血や、妊娠初期では「切迫流産」(*1)「稽留(けいりゅう)流産」(*2)「不完全流産」(*3)「完全流産」(*4)「異所性妊娠(一般的にいう「子宮外妊娠」)」などがあり、妊娠中期から後期にかけては、子宮の入り口が開く「頸管無力症」や胎盤がはがれる「常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)」の際にも出血が見られ、ただちに治療が必要となります。

「月経血の変化があったり、出血に伴って腹痛など何らかの症状がある場合は、自分で判断をせず、婦人科で相談しましょう」(松峯先生)

(*1) 切迫流産:治療により妊娠継続が可能な流産
(*2) 稽留流産:治療をしても妊娠継続が難しい流産
(*3) 不完全流産:子宮内容物が子宮内に残っている流産
(*4) 完全流産:子宮内から妊娠にかかわるものがすべて出切った状態の流産

クラミジア感染症

クラミジア・トラコマチスという細菌によって起こる性感染症で、若い男女の感染者数が増加傾向にあります。自覚症状がとぼしく、おりものの変化も軽いことが多いとされていますが、膿のような黄色のおりものが見られることがあります。、「淋菌感染症」と重複感染がしばしば見られ、注意が必要です。

また、妊娠中の女性では、妊娠経過などに影響するリスクや、未治療で出産すると赤ちゃんが結膜炎や肺炎になる危険もあるとされています。

淋菌感染症

淋菌によって起こる性感染症で、若い男女の感染者数が増加傾向にあります。おりものの量が増え、不正性器出血を伴うこともあり、おりものの色も膿のような黄色~茶色が見られることがありますが、自覚症状がとぼしいことも少なくないようです。

「クラミジア感染症」と重複感染していることもあります。そして妊娠中の女性では、クラミジア感染症同様、妊娠経過や赤ちゃんへのリスクが生じる可能性があります。

腟トリコモナス症

トリコモナス原虫の感染によって起こる腟炎「腟トリコモナス症」は、セックス以外にもタオルや便器、浴槽を介して感染することもあります。一般的に、強い異臭を放つ泡状の黄緑色のおりものが確認されることが多く、色は少量の出血が混じり茶色く見えることもあります。

妊娠中の女性に「腟トリコモナス症」があった場合、「クラミジア感染症」や「淋菌感染症」など他の性感染症の検査も行って、妊娠期間中の再感染防止をすることが望ましいとされています。

外陰(がいいん)腟カンジダ症

「外陰腟カンジダ症」は腟炎や外陰炎を引き起こす性感染症で、腟炎の中では「細菌性腟症」に次いで多いものです。

性感染症ではあるものの、誘因がなければ発症しにくい日和見(ひよりみ)感染症の側面をもっていて、妊娠も誘因のひとつです(誘因はほかに、抗菌薬の服用、病気やその治療などによる体力・免疫力の低下、腟の自浄作用低下など)。

多くはボロボロとした白色のおりものが見られるとされます。

妊娠以外でもおりものは変化する

月経周期とも、妊娠とも関係なく、おりものは変化することがあります。

ストレスや疲れで変わる

ストレスや加齢によるホルモンバランスの変化で、腟の中がアルカリ性に傾くといった腟内環境の変化が起き、おりものの量や質、色などに変化が見られることがあります。

腟内がアルカリ性に傾くというのは、ひんぱんな腟洗浄、刺激の強い石けんでの洗いすぎ、セックス後(腟の中に精液が残っている場合)にも起こります。

また、通気性の悪い下着や締めつけの強い衣類による蒸れで、病原菌などの勢いが腟の自浄機能に勝り、おりものの異常をまねいてしまうこともあるようです。

病気が隠れていることも

「子宮筋腫」「子宮頸管ポリープ」などの良性腫瘍や、子宮や腟の悪性腫瘍(がん)などによっても、出血を伴うおりものが見られることがあります。

おりものの基礎知識

最後に、本来おりものとは何なのか、基礎知識のおさらいをしておきましょう。

おりものの役割

うるおいを保つ以外にも、おりものには重要な役割があります。

子宮頸管から分泌されるおりものは月経周期によって質(分泌液の粘度など)が変化し、排卵の時期には精子が子宮に到達し、妊娠するのを助けます。

女性のバイオリズムとおりもの

おりもののおおよその分泌量は月経周期に伴って次のように変化します。

①月経後、2、3日後から出はじめ、徐々に量が増えます。
②排卵期はおりものの量がもっとも多く、質も変わりやすい時期です。排卵日が近くにつれて量が増えサラサラしてきますが、排卵が起こると粘り気がある状態に変わります。
③排卵期を過ぎると徐々に量が減り、白く濁ってきます。月経直前にもっとも少なくなります。

まとめ

おりものの変化は病気のサインであることもあります。妊娠超初期に異常を感じて不安な時は、原因などを自分で判断をせず、婦人科を受診して、医師の診察や検査で原因を突き止め、治療して、健康を保ちましょう。

この記事の監修ドクター
松峯美貴先生
医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。
http://www.toho-clinic.or.jp/

(文・構成:下平貴子/監修:松峯美貴先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1] 「臨床婦人科産科 2018年 4月号増刊号 産婦人科外来パーフェクトガイド?いまのトレンドを逃さずチェック! 」p16,医学書院刊
日産婦誌46巻11号 小児思春期、性成熟期、中高年における帯下の変化
日本性感染症学会 診療ガイドライン「帯下」
(一社)日本家族計画協会「おりもの(帯下)」
医学書院刊 標準産科婦人科学 産婦人科診療 帯下
小学館刊「女性の<からだと心>安心医学 ウイメンズ・メディカ」

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。


【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

赤ちゃんの保湿に使うベビーローション。初めて使うときはどんなものを選べばいいのか、どうやって使えばいいのか気になりますね。選び方や使い方の基本を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。人気のベビーローションも紹介します。


最新の投稿


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。