ライフスタイル ライフスタイル
2021年03月25日 14:00 更新

4割が“産休育休中にスキルアップ”! 復帰後の武器を増やしたママたちの動き方

PR:株式会社マウスコンピューター

プレママ&ママたちは、産休・育休中をどのように過ごしているのでしょうか? 出産準備を進め、育児に奮闘していると、時間が過ぎるのはあっという間。そんな中、復帰後の武器を増やすべく、スキマ時間にスキルアップにはげむママたちの姿が……!

「まとまった時間がとれるのは今だけ!」約4割のママが、産休育休中にコツコツ勉強していた

産休・育休中にスキルアップの勉強をしたり、新たな資格を取得したりと、復帰後を見すえて自分の武器を増やす女性が増えています。今回、育休産休取得経験のある女性106名に「産休育休中にスキルアップの勉強をしたか」をたずねたところ、38%が「はい」と回答。限られた時間のなか、育児との両立はかなりハードかと思いますが、どんなモチベーションでスキルアップを目指したのでしょうか。

●「まとまった時間が取れるのは今しかないと思った」(37歳/商社・卸)
●「専門的な知識や得意分野を持っておくことで復帰後の選択肢が増えるから」(31歳/機械・精密機器)
●「育児の合間に勉強して、少しでもブランクをなくしたかった」(32歳/商社・卸)

さらに具体的に「何を勉強したか」を聞いてみると、MOS(マイクロオフィススペシャリスト)、TOIECなどの語学、簿記などを選んだ人が多く、産休に入る前の業務内容に近いジャンルで、復帰後の時短勤務期間でもしっかり戦力となるスキルを磨いたみたい。また、復帰後のジョブチェンジや転職なども見すえて、デザインスキルやファイナンシャルプランナーの資格など、新たなジャンルのスキルを身に着けたという強者も! 日々育児に奮闘する中で、どのように時間とエネルギーを捻出したのでしょうか。

※マイナビ子育て調べ。2021年3月に産休育休経験のある女性対象にWEBアンケート。有効回答数106名

<あるママの場合>営業職から一念発起! ゼロからデザインを勉強

今回はジョブチェンジを目指して産休育休中にデザインを勉強し、この春から復職予定のマイナビウーマン営業のMママ(34歳)にリモート取材。スキルアップを目指した理由、いつからどのように勉強したのか、これから目指している働き方について聞きました。

「約10年間営業として働く中で、もっと“手に職”というか、できることを増やしたい、専門性を高めたいという思いが強くなっていました。WEBメディアにいるので、じゃあWEBデザインのスキルを身につけたら、もっと視野が広がるかな……と。産休に入ったタイミングで「今しかない!」と、妊娠中にいくつかオンライン説明会に参加し、6月に出産。10月に育休中のプログラムがあるスクールの『ママ向け』クラスに入学。そこから約半年間、名刺やバナー、WEBページのデザインを学び、ちょうどいま卒業制作で実際にWEBサイトを作っていて、まもなく卒業予定です」

時短テクと夫の全面サポート、ママ仲間の存在も励みに

子育てに追われる中でどんな風に時間を捻出したか、大変だったポイントや乗り越えたコツは?

「始めの頃は、赤ちゃんも小さくよく寝ていたので、日中はひざに乗せた状態でパソコンに座って、カタカタやっていました。最近は赤ちゃんもエネルギーがあり余って、なかなか日中寝てくれず、夜寝かしつけた後に21時から夜中の3時くらいまでやることも(笑)。でも、復職までの残り時間も限られているのでやるしかない!  

それに今後の働き方として、いずれは“居住地を選ばずに仕事がしたい”、だから専門的なスキルを身につけておきたいという気持ちが、モチベーションにつながっています。もちろん子育てとの両立は大変ですが、自分のための勉強時間があることで、“24時間100%育児”にならずに、ちょうどいい気分転換になっています。両立のコツは、時短テクをフル動員すること、夫の全面サポートを得ること。それから、スクールのママ仲間たちとチャットで励ましあっているのも、精神的な支えになっています」

ゆくゆくは専門スキルを生かした“居住地にこだわらない働き方”を見すえて、育休中にスキルアップにはげんだMママ。まずは第一歩として、復職後のクリエイティブ職への異動を目指しています。

スキルアップして復帰したママたちのその後。「ブランクを気にせず、昇進」「自信が持てた」

さて、産休育休中に勉強をした先輩ママたちは職場復帰後、そのスキルがどのように生きているのでしょうか。

●「スキマ時間をなんとか捻出して勉強にあてたことで、復帰後、任せてもらえる仕事が増えた」(28歳/アパレル・繊維)
●「PCを整備したり時短アイディアで乗り切ったことで、ブランクを気にせず昇進できた」(31歳/機械・精密機器)
●「資格を身につけたことで、自分自身に自信が持てた」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

やはり、強い気持ちを持って行動したことで復帰後の武器となり、さらに工夫と努力でやりとげた自分自身への自信につながった、というポジティブな声が多数。この先の自分の働き方を長いスパンで考えるうえでも、産休育休中の過ごし方は重要なターニングポイントのひとつになりそうですね。

産休育休中のスキルアップに活躍! コスパ抜群のおすすめPC

自宅でスキルアップを目指すには、快適なPC選びがカギとなります。そこで、コスパ抜群の「マウスコンピューター」から、産休育休中の勉強で活躍してくれるおすすめのノートPCをご紹介します。

スキマ時間にどこでも勉強! 小型&軽量なコンパクトPC『mouse X4-R5』

mouse X4-R5 <販売価格>76,800円~(税別)

持ち運びを追求した『mouse X4-R5』は、約17.5mm、重さ約1.2kgとスリムで軽量。14型フルHD解像度の液晶パネルを採用し、顔認証カメラも内蔵しているから、オンライン受講にも最適です。100万画素のWebカメラと、高速通信に対応したWi-Fi6無線LANモジュールを標準搭載し、手軽で快適なネットワーク環境を実現しています。

約10時間のバッテリー動作時間を誇り、室内で場所を移動しながら、子どもが寝ている間などの限られた時間やスペースを活用して効率よく勉強可能。付属のACアダプタは、ACケーブル込みで約240gとこちらも軽量で、バッグに忍ばせてお出かけしてもノーストレス。マルチタスクに優れたAMD Ryzen 54600Hを搭載しているため、オフィス系の勉強はもちろん、仕事から遊びまで幅広い用途に対応。スキマ時間にスキルを磨きたい方におすすめです。

モバイルノートPCから高性能デスクトップまで、コスパに優れた幅広いラインアップを展開する国内PCメーカー、「マウスコンピューター」。注文を受けてから製品を生産するので、CPUやメモリ、SSDなど、必要なパーツを追加して、自分にピッタリのPCにカスタマイズできます。さらにいつでも電話やLINEでサポートしてくれる「24時間サポート」も。産休育休中のスキルアップに、ぜひ快適なPC環境を整えてみてはいかがでしょうか。