【医師監修】インプランテーションディップはいつ起こる? 着床完了・妊娠の確率は?

【医師監修】インプランテーションディップはいつ起こる? 着床完了・妊娠の確率は?

妊娠を望んでいる人であれば、排卵から生理予定日までは着床したかどうか気になって仕方がないということも多いはず。この時期は身体の変化に敏感になりますよね。ここでは、基礎体温に現れる変化から着床の有無を推測する「インプランテーションディップ」について紹介します。


この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 齊藤英和 先生
梅ヶ丘産婦人科勤務、国立成育医療研究センター臨床研究員、神戸元町夢クリニック顧問、浅田レディースクリニック顧問、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、1 more baby 応援団理事、ウイメンズヘルスリテラシー協会理事。山形大学医学部卒業後、同大学、国立成育医療研究センターを経て現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖専門医、医学博士。

「齊藤英和 先生」記事一覧はこちら⇒

インプランテーションディップとは

インプランテーションディップ(implantation dip)は、もともとは海外で広く知られている言葉で、直訳すると「implantation=着床」「dip=一時的に下がる」という意味です。

インプランテーションディップは医学用語ではなく一般的に言われているもので、この考え方が正しいのかどうかまだきちんと調べられていませんが、これを信じる人の間では「着床によって起こる現象の1つではないか」と考えられています。

着床完了で起こる? インプランテーションディップとは

では、インプランテーションディップでは具体的にどんな変化が見られるとされているのでしょうか。

着床のころ一時的に起こる体温低下のこと

健康な女性の基礎体温表は、排卵期をはさんで低温期と高温期に分かれています。排卵後、「高温期が17日以上続く」と妊娠の可能性が高くなりますが[*1]、「高温期の途中で一時的に基礎体温の低下が見られる」こともあります。この一時的な体温低下のことを「インプランテーションディップ」と呼ぶことがあるのです。

インプランテーションディップが起こるのは時期的に着床が起こるころとされており、そのため妊娠したしるしではないかと注目する人たちがいます。

インプランテーションディップがなぜ起こるのかは不明

妊娠した女性のなかでインプランテーションディップと考えられる体温変化があった人もたしかにいるようなのですが(後半の「インプランテーションディップが起きたら高確率で妊娠している?」で紹介します)、これがなぜ起こるのか、くわしいことはわかっていません。

なお、女性の基礎体温に影響を与える要因には、妊娠以外にも病気やストレス、睡眠状態、生理周期の変動、ホルモン分泌の変化などがあります。

インプランテーションディップと着床出血の関係

妊娠を待ち望んでいる人にとって、着床の有無はできるだけ早く知りたいことですよね。ただ、着床が起こるのは妊娠検査薬を使うにはまだ早すぎる時期。身体の微妙な変化から推測できないかと考える人も多いでしょう。

着床出血とは

この微妙な時期、「着床した=妊娠した」女性の身体に起こる可能性がある現象には「着床出血」というものもあります。

着床出血は、文字通り「着床が起こるころ見られる軽い出血」のことです。個人差がありますが、だいたい生理開始予定日ごろやその数日前から始まり、生理より短い期間(数時間~長くても3日間程度)で終わるとされています[*2]。

着床出血は、受精卵(胚盤胞)が子宮に着床し潜り込んでいくときに、子宮内膜が少し傷つき出血することで起こるとされています。

ただ、着床出血も妊娠した女性に必ず見られるというわけではありません。妊娠女性のうち、着床出血がある人は8~25%程度[*3]とも言われており、着床出血なしに妊娠する人のほうが多いのです。

インプランテーションディップと着床出血は関係あるの?

ともに「着床」がきっかけとされているインプランテーションディップと着床出血ですが、2つとも着床したら必ず起こるというものではありません。また、これらに何か関係があるかはよくわかっていません。

インプランテーションディップはいつ起こるのか

インプランテーションディップは医学用語ではなく、きちんと定義されている現象ではありません。

ここでは、一般的にインプランテーションディップが起こると言われている時期などについて紹介します。

基礎体温の低温期と高温期

インプランテーションディップの時期について考える前に、基礎体温についておさらいしておきましょう。

冒頭でも説明したとおり、健康な女性の基礎体温表は、排卵期をはさんで低温期と高温期に分かれます。低温期と高温期の基礎体温の違いは、だいたい0.3~0.5℃ほどです。

生理から排卵日にかけては低温期で、排卵日から生理前までの2週間ほどは高温期です。高温期から体温が急に下がると、生理(月経)が始まります。生理が始まらず高温期が17日以上続いている場合は、妊娠の可能性が高くなります[*1]。

基礎体温表の例(生理周期が28日の場合)

インプランテーションディップが起こるのは高温期の途中

さて、インプランテーションディップがある場合、いつごろ起こるものなのでしょうか。厳密なものではありませんが、一般的には「高温期に入ってからだいたい7~8日後」に見られると言われることが多いようです。

排卵後の卵子はおよそ24時間しか受精できません。ですから排卵日当日か翌日が受精した日になります。受精から約1週間後に受精卵(胚盤胞)は子宮に着床し始め、さらに1週間ほどかけて着床は完了します[*3]。つまり、インプランテーションディップが高温期の7~8日目に起こったとすれば、ちょうど受精卵が着床し始めたころに当たるわけです。

インプランテーションディップで体温が下がるのは1日だけ

インプランテーションディップにより一時的な体温低下が見られるのは「1日だけ」と言われています。
翌日にはまた基礎体温は上昇して、元の高温域に戻ります。

インプランテーションディップでは体温が10分の数℃ほど下がる

インプランテーションディップで見られる体温の低下は、「10分の数℃」ほどです。

たとえば、高温期が36.6℃程度だったのがインプランテーションディップで0.2℃下がって1日だけ36.4℃になり、翌日にまた元に戻るといった変化が見られる、とされています。

インプランテーションディップのよくある疑問

インプランテーションディップについてよくある疑問にお答えします。

インプランテーションディップが起きたら高確率で妊娠している?

インプランテーションディップが起こっただけでは、妊娠したかどうかはわかりません。
妊娠以外にも、色々な原因から体温の変化は起こりますし、インプランテーションディップなしで妊娠した人や、インプランテーションディップが見られたが妊娠していなかった人もいます。

アメリカの妊活用アプリFertilityFriendが10万点以上の基礎体温表を確認した大規模調査によれば、インプランテーションディップは、妊娠した女性の23%に見られただけでなく、妊娠していなかった女性の11%にも見られたそうです[*4]。

インプランテーションディップが見られても、もしかしたら妊娠した可能性があるかもしれない、と思う程度にしておくのがおすすめです。

その上で、基礎体温の高温期が17日以上続く、予定日が過ぎても生理が始まらない、妊娠検査薬で陽性と出た、といった妊娠特有の症状が見られたら、産婦人科で妊娠したかどうか診断してもらいましょう。

インプランテーションディップがあった人となかった人がいるのはなぜ?

基礎体温の変化は妊娠だけでなく、様々な原因から引き起こされます。
そのため、ちょっとしたきっかけでインプランテーションディップのような一時的な体温低下が起こったり、逆に起こらないこともあるのです。

インプランテーションディップ以外で基礎体温が下がる原因は?

卵巣の働きが悪くなる「黄体機能不全」になると高温期の体温が不安定になって、一時的に体温が下がることがあります。この場合も、高温期の体温グラフがM字を示すことがあります。

また、基礎代謝が低いと、体に熱を作れないため、高温期になっても低めの体温が出やすくなります。その他に、病気やストレス、睡眠障害、ホルモン変動などの影響で基礎体温が下がることもあります。

高温期によくインプランテーションディップのような基礎体温の落ち込みが見られる人は、一度かかりつけの婦人科に相談しておきましょう。

まとめ

インプランテーションディップは、基礎体温が高温期に入った7~8日目ごろに1日だけ見られる、一時的な体温の低下を指しています。医学用語ではなく概念として確立したものでもありませんが、妊活中の女性の間で広がってきた考え方です。

実際には、着床したら必ずインプランテーションディップが起こるわけではありませんし、インプランテーションディップがなぜ起こるのかもわかっていないのが現状です。
そのため、インプランテーションディップが見られても、もしかしたら妊娠している可能性があるかもしれない、と思う程度にしておくのがおすすめです。高温期が17日以上続いたり、生理が遅れている、妊娠検査薬で陽性が出たなどの兆候が見られたら、産婦人科で妊娠しているかどうか確認してもらいましょう。

(文:大崎典子/監修:齊藤英和先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]病気が見えるvol.9婦人科・乳腺外科, p.25, メディックメディア, 2018.
[*2]American Pregnancy Association: What is Implantation Bleeding?
[*3]池ノ上克ほか:NEWエッセンシャル産科学・婦人科学, 医歯薬出版, p.327, 2004.
[*4]FertilityFriend:Implantation dip study

※この記事は、マイナビ子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【医師監修】双子の作り方ってあるの? 確率や妊娠しやすい人の特徴と食べ物

【医師監修】双子の作り方ってあるの? 確率や妊娠しやすい人の特徴と食べ物

双子がそろっている様子はとてもかわいいですね。双子を妊娠しやすくなる方法というのはあるのでしょうか? 双子を妊娠する確率や、双子を妊娠しやすいと言われている人の特徴などを解説します。また、双子を妊娠しやすくなると噂の食べ物についても解説します。


【医師監修】双子で男女になる確率は? その特徴と出産方法

【医師監修】双子で男女になる確率は? その特徴と出産方法

「赤ちゃんが男女の双子だったらいいな」と思っているママやパパのために、男女の双子が生まれる確率を調べてみました。また、男女の双子の特徴や出産方法、育児についても紹介します。双子が生まれやすくなると噂の食べ物についても、どんなものがあるのか、それははたして本当か、解説します。


【医師監修】妊娠初期の腰痛はなぜ起こる? その特徴と対処法

【医師監修】妊娠初期の腰痛はなぜ起こる? その特徴と対処法

妊娠中に腰痛で悩まされる妊婦さんは少なくありません。妊娠後期の腰痛はよくあることですが、実はまだお腹が目立たない妊娠初期のうちから腰痛になることもあります。妊娠初期の腰痛の特徴や、腰痛になったらどうすればいいかお伝えします。


【医師監修】着床で下痢は起こる?<体験談>流産のリスクと対処法

【医師監修】着床で下痢は起こる?<体験談>流産のリスクと対処法

着床とは受精卵が子宮内膜にくっつき、妊娠が始まること。実はこの時期、下痢になることがあるようです。妊娠中に下痢をすると、もしかして流産につながるのでは?と心配になる人もいるかもしれませんね。今回は、着床の時期に下痢が起こる理由と流産との関係、ほかにもある妊娠初期症状などについてまとめました。


【医師監修】妊娠に気づかないことってあるの? 妊娠に気づく理由と時期・注意点<ママ体験談>

【医師監修】妊娠に気づかないことってあるの? 妊娠に気づく理由と時期・注意点<ママ体験談>

「お産が始まるまで妊娠に気づかなかった」という話を耳にしたことはありませんか。にわかには信じられないかもしれませんが、実際起こることもあるようです。妊娠になかなか気づけないとき、考えられる理由を解説します。また、妊娠に気づいた時期、そのきっかけの体験談も紹介します。


最新の投稿


【パパの手料理が食べたい!】夫が料理をすることはありますか?

【パパの手料理が食べたい!】夫が料理をすることはありますか?

「料理は主婦の仕事」という考え方は既に古く、今は夫婦で協力して家事や育児をこなす時代です。しかし、各家庭の実態はどうでしょうか? まだまだ料理はママ任せという家庭が多いのでは? そこで、夫が家で料理をする頻度についてアンケートをとってみました。パパの手料理にまつわるエピソードと一緒にお楽しみください。


【漫画】昔は優しかった夫。でも専業主婦になってみると……『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.5

【漫画】昔は優しかった夫。でも専業主婦になってみると……『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.5

自己主張ができない性格の主婦・翔子。希望して専業主婦になったものの、夫の顔色をうかがってばかりの日々に嫌気がさし、離婚が頭をよぎるように。大きな話題となった大人気セミフィクション・コミックエッセイ『離婚してもいいですか? 翔子の場合』(著・野原広子/KADOKAWA)の試し読みを連載形式でお届けします。


なぜ娘はそんなにパパが嫌いなの? パパの行動を観察してみたら……【ソコかぁ!】

なぜ娘はそんなにパパが嫌いなの? パパの行動を観察してみたら……【ソコかぁ!】

Instagramで子育て漫画を発信されるまむさん。まむさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメなんだっけ?気をつけたい食べ物

【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメなんだっけ?気をつけたい食べ物

蜂蜜(はちみつ)はそのままでも、紅茶などの飲み物に入れても、料理に使っても、まろやかな甘みを醸し出してくれます。しかも栄養あふれる自然食品。でも、赤ちゃんにあげてはダメという話も聞きます。妊娠中も注意したほうが良いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。


【賛成? 反対?】夫婦別姓に意見あり! 共働きママのオピニオン

【賛成? 反対?】夫婦別姓に意見あり! 共働きママのオピニオン

夫婦共働きのご家庭では、戸籍上の名字と仕事用に使う名字が異なっている人も多いでしょう。いま話題の夫婦別姓について、ママたちはどのような意見を持っているのか、アンケートを実施しました。賛成派も反対派も、まずは対話から! お互いの意見を聞いてみましょう。