妊婦はバナナでつわり、便秘対策!うれしい効果と注意点【管理栄養士監修】

妊婦はバナナでつわり、便秘対策!うれしい効果と注意点【管理栄養士監修】

バナナは皮が剥きやすく、手軽に食べられる果物です。体が思い通りに動かないことも多い妊娠中でも、手に取りやすい食材ですよね。今回は妊婦さんがバナナを食べることについてお伝えします。


この記事の執筆者
奥野由 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
前職は加工食品の研究開発職。自身の出産を機に離乳食アドバイザーを取得し、活動を開始する。ベビーフードの開発および監修の他、大阪府高槻市にて離乳食教室開催、育児広場での相談会などを実施。食品科学、調理学をベースに手軽で美味しいレシピの考案に尽力している。
離乳食教室 FooMiLab HP

「奥野由 先生」記事一覧はこちら⇒

この記事の監修者
川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
一般社団法人母子栄養協会HP

「川口由美子 先生」記事一覧はこちら⇒

妊婦にうれしいバナナの栄養と効果

バナナには妊婦さんに嬉しい栄養素が豊富に含まれています。調理の必要もないので、簡単に食べられるのもいいですね。

赤ちゃんの成長を助ける「葉酸」

葉酸はお腹の赤ちゃんの神経管の形成に関係していると考えられていて、妊婦さんは妊娠していない時よりも葉酸を多く摂取するように推奨されています。

バナナは果物の中でも比較的葉酸が豊富に含まれています。

妊娠後期のむくみ・高血圧対策に役立つ「カリウム」

妊娠後期はホルモンバランスや、大きくなったお腹で足の付け根が圧迫されることでむくみが起こりやすくなります。また、塩分もむくみの原因となります。

むくみの予防には食事からの塩分を控えることに加えて、塩分を尿中へ排出するカリウムの摂取も重要となります。バナナはカリウムを豊富に含む果物の一つです。

妊娠中の便秘対策に役立つ「食物繊維」

妊娠中に便秘がちになる女性は少なくありません。

バナナは食物繊維を多く含む果物です。ヨーグルトにバナナを入れたものをおやつにしてみると良いかもしれませんね。

つわり時にもバナナがおすすめ

バナナには辛いつわり症状を軽減させる成分が含まれていると言われています。食べられそうであればバナナを取り入れてみても良いかもしれません。

ビタミンB6がつわり症状緩和に役立つ

神経の機能を正常に保つ働きがあるビタミンB6は、不足することでつわり症状が悪化する可能性があります。また、つわり症状を引き起こす原因物質が、ビタミンB6不足によって生じると言われているため、ビタミンB6の摂取はつわり症状緩和が期待できると言われています[*1]。

バナナはビタミンB6を豊富に含む果物です。

食欲がないときはバナナで手軽に栄養補給

食欲がない時に料理をすることはとても億劫ですよね。バナナなら皮を剥くだけで食べられますよ。

また、つわりの時期はひんやりした口当たりの食べ物を好む人も多いようです。薄く切って冷凍庫にストックしておけば、食べたい時にすぐ食べられるのでおすすめです。

バナナの食べ過ぎには注意が必要

手軽に様々な栄養が補給できるバナナですが、バナナばかり食べ過ぎてしまうとデメリットもあります。

食べ過ぎで高血糖、体重増加のリスク

バナナは果物の一種ですが、他の多くの果物に比べると糖質が多く、エネルギー量(カロリー)が多いことが特徴です。バナナ1本で白飯1/2杯分のエネルギー量になるため、栄養価が高いからと頻繁に食べ過ぎると体重が増えてしまうかもしれません。また、食後の血糖値も上がりやすくなります。

どんな食べ物でも “適度な量” が大事ですね。

妊婦がバナナを食べるときの目安量

「バナナだけで1食済ませる」などとせず、果物の1つとして食事に取り入れるようにし、1日1本程度にできると良いでしょう。

そのまま食べるのもいいですが、野菜などと合わせてスムージーにしたり、牛乳と合わせてジュースにすることで色々な食材と一緒に摂ることができますよ。

まとめ

栄養価が高く手軽に食べられるバナナ。カリウムや食物繊維に加えて、葉酸やビタミンB6も含まれており、妊婦さんの強い味方です。上手く取り入れることで妊娠中の栄養バランスの底上げに貢献してくれますよ。甘味があるのでおやつの代わりにすると、より食生活が整いそうですね。是非目安量を参考に取り入れてみてください。

(文:奥野由 先生、監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]第2回 妊娠初期のつわりに効果的な介入(対処)には何があるだろうか!?,江藤宏美他,ペリネイタルケア 26(2): 206-209, 2007

「日本人の食事摂取基準 2020年版」. 厚生労働省, 2020年2月
「日本食品標準成分表 2020年版(八訂)」. 文部科学省
妊産婦のための食事バランスガイド,厚生労働省

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

身近な果物であるりんごは、甘酸っぱい味わいが老若男女問わず人気の食材。では、赤ちゃんはいつからりんごを食べられるのでしょうか? 離乳食でのりんごの下処理のコツ、加熱の必要性などを解説します。初期・中期・後期の離乳食レシピもご覧くださいね。


妊娠中でも辛いものは食べていい?赤ちゃんや妊婦への影響【管理栄養士監修】

妊娠中でも辛いものは食べていい?赤ちゃんや妊婦への影響【管理栄養士監修】

妊娠中はつわりの影響などもあり、食の好みが変化して辛いものが食べたくなる人も少なくありません。刺激の強い辛い食べ物はがおなかの赤ちゃんに影響があるのか気になりますよね。今回は妊娠中に辛い物を食べる際の注意点などを見ていきましょう。


妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊娠中は食の好みが変化して、無性に辛いものが食べたくなる方も多いのではないでしょうか。辛いラーメンは塩分や油分に加えて香辛料の刺激も気になるところです。赤ちゃんへの影響や食べるときの注意点をまとめました。


妊婦が積極的に食べた方がいいもの&控えた方がいいもの【管理栄養士監修】

妊婦が積極的に食べた方がいいもの&控えた方がいいもの【管理栄養士監修】

妊娠すると食事の面で何か特別なことをしなければならないと考えがちですが、バランスの良い食生活を送ることが基本です。妊婦さんが知っておきたいことして、積極的に摂りたい食べ物と控えた方が良い食べ物があるのでご紹介します。


妊婦はどのぐらいアーモンドを食べていい?栄養素とおすすめの食べ方【管理栄養士監修】

妊婦はどのぐらいアーモンドを食べていい?栄養素とおすすめの食べ方【管理栄養士監修】

美容や健康にいいといわれるアーモンド。最近はアーモンドミルクなども気軽に手に入るようになりましたね。アーモンドには妊娠中に取りたい栄養素も含まれており、小腹が空いたときなどのおやつにピッタリな食材です。


最新の投稿


使い切れないベーコンは冷凍! 使いやすく旨みもキープできる保存方法は?

使い切れないベーコンは冷凍! 使いやすく旨みもキープできる保存方法は?

開封して使いきれなかったベーコンの保存は、冷凍しておくと便利です。保存するときに気をつけたいおいしさを保つコツや、使いやすくすることで時短にもつながるポイントをご紹介します。


赤ちゃん用ガーゼおすすめ6選!人気の6重ガーゼや大判サイズも

赤ちゃん用ガーゼおすすめ6選!人気の6重ガーゼや大判サイズも

赤ちゃん育児には必須といわれるガーゼ。今回は、通販でも人気のおすすめガーゼや、ガーゼの必要性、赤ちゃん用ガーゼの選び方をまとめてご紹介します。ガーゼを使用したママたちのアンケートも掲載していますので、ぜひ参考にしてください。


【医師監修】胎動が弱いのは大丈夫? 減る原因と心配なときの対処法

【医師監修】胎動が弱いのは大丈夫? 減る原因と心配なときの対処法

胎動はお腹の赤ちゃんからのメッセージ。動きを感じて赤ちゃんの様子を想像できるだけでなく、定期的にあることで「元気だよ」ということを伝えてくれています。そんな胎動が弱くなったり減ったりしたときはどうすればいいのでしょうか。考えられる原因とともに対処法をお伝えします。


たけのこの水煮は冷凍できる? ポイントを押さえておいしく保存しよう!

たけのこの水煮は冷凍できる? ポイントを押さえておいしく保存しよう!

大きなたけのこを食べ切れないで困ったときには、冷凍保存がおすすめ。水煮を冷凍するときに気をつけたいポイントや使い方をご紹介します。


テレワークで電波が届かない問題を解決へ Wi-Fi中継器がエレコムから新発売

テレワークで電波が届かない問題を解決へ Wi-Fi中継器がエレコムから新発売

エレコムは10月中旬より、Wi-Fi 6対応とハイパワーアンテナを内蔵し、家の離れた場所でも電波の届かない問題を解決する11ax Wi-Fi中継器"WTC-X1800GC-W"を新発売します。