出産直後にパパスイッチをONにするコツ『パパのトリセツ2.0』Vol.2

出産直後にパパスイッチをONにするコツ『パパのトリセツ2.0』Vol.2

「パパが家事・育児に取り組んでくれない!」とお嘆きのママは、パパを「全自動子育てロボット」と考えて接するとうまくいくかも!? ママたちの共感の嵐を呼んだ『パパのトリセツ』がアップデートして登場。本連載ではおおたとしまさ・著『パパのトリセツ2.0』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)より、一部内容を抜粋してお届けします。


著者プロフィール
おおたとしまささん
育児・教育ジャーナリスト。1973年、東京都生まれ。リクルートから独立後、数々の育児・教育誌の企画・編集に携わる。心理カウンセラーとして父親を対象にしたオンラインカウンセリングサイトを10年間にわたり運営していた経験もある。現在、全国紙から女性誌にいたるまで幅広い媒体に寄稿。テレビやラジオにもレギュラー出演中で、講演も多数。著書は『ルポ父親たちの葛藤』(PHPビジネス新書)、『<喧嘩とセックス>夫婦のお作法』(イースト新書)、『忙しいビジネスマンのための3分間育児』(ディスカヴァー携書)など60冊以上。

<<『パパのトリセツ2.0』を最初から読む>>
『パパのトリセツ2.0』では、自らもパパであるおおたとしまささんが、パパを子育てに協力してくれる心強い「ロボット」に見立て、パパのやる気や能力を引き出すきっかけにすることを目的としています。「人間をロボットに見立てるなんて!」と思う人もいるかもしれません。しかし、おおたさんいわく、本書に書いてある内容はすべて、夫婦の子育てストレスを未然に防ぐための「方便」。方便で一時的なストレスをやり過ごしつつ、並行して対等な夫婦関係を築いていくことが大切です。

スイッチONのタイミングとコツ

前回は「妊娠中」にパパスイッチをONにするコツについて紹介しました。今回は「出産直後」のコツをお届けします。

【出産直後】頼りなくても頼る

出産直後は、ママが心身ともにヘトヘトになりやすい時期です。悪条件が重なると、「マタニティブルー」や「産後うつ」なんてものが起こり得ます。

赤ちゃんのお世話はまだ不慣れで毎日てんてこ舞いだし、出産で消耗した体力が完全に戻るまでにはまだ時間はかかるし、「猫の手も借りたいくらい!」と言いたくなる状況でしょう。でも、猫の手を借りる前に、まずパパをあてにしてみましょう!

人間って不思議なもので、テンパっているときこそ、人にお願いすることができず、なんでも自分でやっちゃおうとすることってありませんか? 他人とコミュニケーションをとるだけの心の余裕がないもんだから、そうなっちゃうんです。仕事でもよくある話ですよね。こんなふうに、せっかくすぐ隣にパパがいるのに、うまく活用できてないことも多いんじゃないかと思います。それどころか、パパが手出しをしようとするなり、「違う! 余計なことしないでよ!」なんて怒鳴ってしまったり……。それでは、パパスイッチを入れるどころか、スイッチを壊してしまいます。

たしかに自分でやっちゃったほうが、その瞬間は早いんでしょうけれど、いつまでもそれを続けていて苦しくなるのは自分です。だから、どこかで心を落ち着かせて、パパにまかせてみましょう。頼りないと思う気持ちはお察しします。しかし、そこで一歩引いて見守れるかどうかが、パパスイッチを入れられるかどうかの分かれ目なのです。

誰だって頼られて悪い気はしません。「アナタだけが頼りなの」なんて言われてしまったら、「そっ、そうか」なんて、まんざらでもない気になって、力量以上のことにも挑戦してくれます。ダメ出しの一つもしたくなるでしょうが、グッとこらえ、かわりに「さすが! ありがとう!」なんてひと言を添えてみましょう。こっそりお教えしますと、このとき心を込める必要はありません。

「赤ん坊もママも、やっぱりオレがいなきゃダメなんだな……」なんて錯覚させれば、パパスイッチは入ったも同然。家族が増えた新しい家庭の中に、自分の居場所を見つけたパパは、積極的に子育てや家事に取り組むようになってくれるはずです。

<<『パパのトリセツ2.0』を最初から読む>>

次回の内容は……?

次回は「乳児期」と「幼児期」にパパスイッチをONにするコツについてお届けします。

書籍『パパのトリセツ2.0』について

パパのトリセツ2.0

¥ 1,540

(2021/03/17 時点)

「夫婦で協力して子育てしようって話だったはずなのに、ちょっとイメージと違った」みたいなかすかなストレスを感じているママや、そうなることを未然に防ぎたいママたちに、だまされたと思って試してほしい方便をまとめました。

・パパとしての自覚を促す「パパスイッチ」の入れ方
・家事や育児のやり方を覚えてもらう方法
・上手な夫婦ゲンカのためのルール   
・パパの暴走や問題行動への対処法 ……など。

本書で紹介する方法は、心理学の「交流分析」や「アサーション」といった理論の応用で、家庭内に限らず、世間一般の人間関係にも十分使えるものばかりです。世界的名著D・カーネギーの『人を動かす』の子育て夫婦バージョンといってもいいでしょう。

パパの行動や言葉に「なんで?」と感じていたママだって、「そうか!」と納得できるはず。パパのやる気が最大化し、家族みんなが笑顔になれること請け合いの1冊です。

(文:おおたとしまさ、イラスト:モチコ『パパのトリセツ2.0』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)より一部抜粋/加筆修正:マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


蛯原友里さん、息子がボールで遊ぶ庭が広すぎ!「満喫中♪」

蛯原友里さん、息子がボールで遊ぶ庭が広すぎ!「満喫中♪」

モデルの蛯原友里さんがInstagramを更新。5歳の息子さんが青空の下、広大な庭を駆け回る写真を複数投稿し、暑い夏を親子で満喫している様子です。


平愛梨さん本気の産後ダイエット・ビフォーアフター公開「#エステには行ってないよ」

平愛梨さん本気の産後ダイエット・ビフォーアフター公開「#エステには行ってないよ」

今年4月に第三子を出産した平愛梨さんが、Instagramで「私のビフォーアフター」として産後のボディメイクに関する投稿をしています。三人の男児を育てながら、日常生活で平愛梨さんが実践しているボディメイクメソッドとは?


ロンブー淳さんちのプールが豪華すぎ! 進化するおうちプールにビックリの連続

ロンブー淳さんちのプールが豪華すぎ! 進化するおうちプールにビックリの連続

日本全国で連日のように猛暑日を記録する中、おうちプールを楽しんでいる人たちのSNS投稿がチラホラ出始めました。豪華なすべり台つきプール、リゾートのような優雅なプール、循環機能をつけた本格的なプールまで!


【漫画】もしや浮気!? 夫がご機嫌な様子で向かった先は?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.37

【漫画】もしや浮気!? 夫がご機嫌な様子で向かった先は?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.37

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、夫の浮気を疑うゆいさんとボスのお話です。


小林麻央さん39回目の誕生日、市川海老蔵さんと子どもたちで祝う 訃報から4年

小林麻央さん39回目の誕生日、市川海老蔵さんと子どもたちで祝う 訃報から4年

歌舞伎役者の市川海老蔵さんが自身のブログに、お誕生祝いの飾りつけをした自宅の様子を撮った写真を公開しています。HAPPY BIRTHDAYという手描きの文字を大きな窓に貼り付け、その下には「39」の数字。7月21日は亡き妻・小林麻央さんの39回目の誕生日です。


最新の投稿


【子どもの防犯クイズ】家に帰るときはどの道を通ると安全?『いやです、だめです、いきません』Vol.1

【子どもの防犯クイズ】家に帰るときはどの道を通ると安全?『いやです、だめです、いきません』Vol.1

犯罪からわが子を守るために家庭で実践したい安全教育。いざというとき身を守るには、知識だけでなく「安全基礎体力」をつけることが必要です。そのノウハウが詰まった書籍『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』(岩崎書店)から子どもと一緒に安全チェックができるクイズを連載でお届けします。


#10【漫画】恐怖のママ友がアポなし訪問。あなたの目的は一体なんなの……?『その人って本当に、ママ友ですか?』

#10【漫画】恐怖のママ友がアポなし訪問。あなたの目的は一体なんなの……?『その人って本当に、ママ友ですか?』

知らない土地でワンオペ育児。孤独に押しつぶされそうになる心を支えてくれるのは、同じ悩みをもつママ友だった‼ 何度も親子で遊ぶほど仲良くなったママ友だけど…本当に信じて大丈夫? ちなきちさん『その人って本当に、ママ友ですか?』(KADOKAWA)の一部から、驚愕せずにはいられないママ友事情をお届けします。


【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。毎週火曜日更新で、大好評連載中です。


オムツ替えでバックブリッジ!? 寝てるはずなのに……無意識な優しさ(涙)

オムツ替えでバックブリッジ!? 寝てるはずなのに……無意識な優しさ(涙)

Instagramで子育て漫画を発信されるゆきにゃ氏さん。ゆきにゃ氏さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの引っかき傷が心配! 引っかく原因や対処法

【医師監修】赤ちゃんの引っかき傷が心配! 引っかく原因や対処法

赤ちゃんの顔に、いつのまにか引っかき傷ができていてビックリ! なんて経験のあるママは多いのではないでしょうか。赤ちゃんは、顔や体を引っかいてしまうことがよくあります。そこで今回は、引っかき傷の原因や対処法についてまとめました。