デッドスペースを活用して実践! お悩み別トイレ収納アイデア

デッドスペースを活用して実践! お悩み別トイレ収納アイデア

生活をするうえで何かと必要な収納。お部屋はもちろんですが、毎日使うトイレの収納も重要ですよね。今回は我が家の実例もふまえながら、トイレ収納に関するアイディアをいくつかご紹介したいと思います。


こんにちは。最近になって『○○女子』なんて言葉をよく耳にするようになりましたが、何を隠そうDIY女子に憧れて、一時期モノ作りにハマっておりましたankoです。

DIYと言っても、私自身工具を使うことは苦手であったため、ハサミやカッターなどを使う簡単なものばかりでした。

そしてそのDIYの原点とも言えるものが、実はトイレの収納だったのです。

憧れのタンクレストイレをDIYで作ってみた

我が家のトイレはタンクレストイレではなかったのですが、お洒落なお家を見てはタンクレスに憧れたものでした。

そこでまず考えたのが「自分でできる簡単DIYでタンクレストイレにしてしまおう!」ということ。これが私のDIYの安易なスタートだったのです。

実はこのタンクレスDIY、前説にもありましたが、工具を使うようや大規模なことはできないので、ハサミやカッターを駆使しながら、プラスチック段ボール(プラ段)で作成したものです。

なんちゃってタンクレスの作り方はayako.ankoインスタグラム。

もともとトイレに備え付けの収納などがない我が家でしたが、タンクレスで隠れた部分のスペースを生かしながら、こんなふうに収納場所を確保した方法をご紹介します。

手作りで確保!収納場所

キャスターをつけて可動式に

こちらは100均に売っているA4サイズのファイルボックスを二つ並べた底に、ガーデニング用のキャスターを付けて作った引き出し式の収納です。

自作したタンクレスのパネル部分をちょうどいいサイズに切り抜き、そこに収納がピッタリ収まるように作っています。

我が家のトイレはそこまで広い方でもなく、掃除のための用具はトイレの一番奥側にまとめて置いているのですが、こうした奥側のスペースだと手を伸ばさなければ取ることができませんよね?

そうするとだんだん取るのが面倒になってきて、結果的に掃除をしよう! と思うことがなくなってくる……なんてことにもなりかねないのです。

けれども、こうしてキャスターを使って引き出しやすくなったことで、ふと思い立ったときにすぐ掃除用具を手に取ることができるようになったのです。

※我が家の場合はパネルにはめ込む用で作成していますが、少し深さのあるケースの底にキャスターを付けるだけでも簡単に移動でき、取り出しや掃除が楽ですよ。


続いてはこちら。

デッドスペースを最大限活用

こちらはうちの祖母のアパートのトイレです。

こちらのトイレにももともと収納というものがなく、狭い床下に物を置いて非常に動きにくい状態だったので、少し手を加えてみました。

壁に穴を開けたりして何かを引っ掛けられるようにできればまだやりようもあるのですが、実はこの壁、コンクリートのような素材で画鋲すら刺すことができない状態だったので、今回はこちらを使ってみました。

こちらは皆さんよくご存じの突っ張り棒と、耐震予防で売られているジェルシートです。

普通に突っ張り棒をかませているだけでは、上に乗せているものの重さで突っ張り棒がだんだんズレてきたり、そのまま落下してしまう可能性があります。

そうした場合には、こういうジェルシートを壁と突っ張り棒の間に挟んで固定すると、突っ張り棒がズレにくくなります。

祖母のアパートではこのようにして突っ張り棒で作った簡易の物置を作成し、そこにトイレットペーパーを置いています。
 
最近では、突っ張り棒にかませて簡易の棚を作成できるアイテムも100均にあるようですが、高齢であまりこまめに掃除ができない点と、万が一何かの拍子で手が当たっても、上のものが落ちにくいようにしています。

サイズを変えれば収納スペースを増やせる

先程の祖母のアパートでは、少し長めの突っ張り棒を使用していましたが、突っ張り棒にはたくさん長さの種類があり、こんなふうに短いタイプの突っ張り棒を使えば、ちょっとした隙間にも収納を作ることができます。

こちらは短めの突っ張り棒に合わせて、ディッシュラックを逆さにして引っ掛けた簡易ラック。

トイレットペーパーのストックなどをちょっと置いておくのに便利です。


ちなみに、こちらのトイレットペーパーを入れているものは100均の小物入れです。

ただトイレットペーパーを置くだけよりも、こうした物を活用しながら、『魅せるインテリア』のひとつして置いておくと、生活感を抑えながらお洒落な空間を作ることができます。

また、トイレ内奥側はホコリなども溜まりやすいため、空中に浮かせての収納は掃除も楽になります。お掃除用のスプレーなども、床に直置きするのではなく、このようにして引っ掛けておけば取りやすいですよ。

まとめ

いかがでしたか?

いろいろとご紹介してきましたが、実は我が家では現在、一生懸命作ったタンクレスパネルも取っ払ってしまい、極力物を置かない、掃除をしやすいトイレを心がけて、試行錯誤しているところです。

家族みんなが毎日使うところですから、インテリア性だけでなく、掃除のしやすい清潔な空間であってほしいですよね。

トイレの広さなどによって収納もさまざまですが、もし簡易的な収納をお考えの方がいれば、少しでも何かのヒントになると嬉しいです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

元保育士&小学生の男の子と女の子の双子ママです。

100均グッズを使った整理収納、インテリアなど、子どもや家族みんなが暮らしやすい家づくりを心がけています。

Instagramでは日々の掃除記録や、子どものいる暮らしをテーマとした収納方法なども随時アップ&更新中♫

働きながら、子育てしながらでもぼちぼち続けていける暮らしのヒントをたくさん綴っていこうと思います。

関連するキーワード


収納 整理収納 トイレ

関連する投稿


アイテム次第でスッキリ! 狭いクローゼット収納にオススメな100均アイテム

アイテム次第でスッキリ! 狭いクローゼット収納にオススメな100均アイテム

SNSで見るようなスッキリしたクローゼットに憧れるけど、実際は洋服でパンパンになっているクローゼット。「うちは狭いから」と諦めてはいませんか? 今回はそんなお悩みもスッキリ解決してくれる、オススメ100均アイテムをご紹介したいと思います。


プロの時短術! 毎日のキッチン仕事が楽になる配置と収納教えます

プロの時短術! 毎日のキッチン仕事が楽になる配置と収納教えます

家事の中でも、キッチンでの仕事はかなりのウェイトを占めています。少しでもストレスをなくしてスムーズに、そして楽に、早く終わらせたいですよね。キッチン内の物の配置と収納を見直すことで面倒をカットし、動作的にもメンタル的にも楽になりますよ。


片付ける余裕がなくてもスッキリしたリビングに! 専門家がやっている「配置」の工夫

片付ける余裕がなくてもスッキリしたリビングに! 専門家がやっている「配置」の工夫

いつも整った部屋を保つのは大変だけれど、できるだけスッキリさせておきたいですよね。そんなとき、ちょっとした工夫で「スッキリ見え」を叶えるコツがあるんです。


専門家が「やってよかった」と太鼓判! 洗面所をキレイに保つための2ステップ

専門家が「やってよかった」と太鼓判! 洗面所をキレイに保つための2ステップ

洗面所は汚れやすくて掃除が面倒……そんなイメージがありませんか? ですが、手洗いや歯磨きをする場所なのでやっぱり雑菌が気になります。本当はいつもキレイな状態を保ちたい場所でもありますよね。今回は掃除がしやすい洗面所を作る2ステップをお伝えいたします。


【専門家が実践】やってよかった! トイレのキレイを維持できる5つのコツ

【専門家が実践】やってよかった! トイレのキレイを維持できる5つのコツ

家族が必ず毎日使うトイレ。一日に何度も人が出入りするので、キレイの維持が難しい場所ですよね。しかし、ちょっとしたコツさえ押さえれば、トイレもキレイな状態を維持することができます。今回はキレイなトイレを維持するコツを5つに絞って紹介します。


最新の投稿


【漫画】大歓喜のなか勧められても……父が孫の抱っこを拒んだ理由『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.38

【漫画】大歓喜のなか勧められても……父が孫の抱っこを拒んだ理由『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.38

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


イヤがるフリして嬉しさを隠しきれない息子の表情がコチラ【ほんとは大好き】

イヤがるフリして嬉しさを隠しきれない息子の表情がコチラ【ほんとは大好き】

Instagramで子育て漫画を発信されるうちここさん。うちここさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【助産師解説】妊婦の時からできる「乳カス」(乳垢)ケア方法と原因

【助産師解説】妊婦の時からできる「乳カス」(乳垢)ケア方法と原因

妊娠中や産後に、乳カス(または乳垢)と呼ばれる乳頭部分に白いカスのようなものができた経験があるママは多いようです。乳カスは、入浴前にご家庭にあるものを使えば、簡単に取り除くことができます。乳カスの掃除方法と必要な道具について、この白いカスの正体とともにお伝えします。


【そんなことある?】トイレの花子さん、現代の幼児が話すとこうなる

【そんなことある?】トイレの花子さん、現代の幼児が話すとこうなる

Instagramで子育て漫画を発信されるおはなさん。おはなさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


離乳食の裏ごし!やり方、便利グッズ、いつまで必要かを徹底解説【管理栄養士監修】

離乳食の裏ごし!やり方、便利グッズ、いつまで必要かを徹底解説【管理栄養士監修】

離乳食では、大人にとってのポタージュのように「滑らかにすりつぶす」調理をすることがあります。これを裏ごしといいます。裏ごしが必要な理由や裏ごしの方法について解説します。




コストコ 買い物 専門家 100均 ダイソー