妊婦はさばを食べても大丈夫? 知っておきたい妊娠中によい魚と避けたい魚【管理栄養士監修】

妊婦はさばを食べても大丈夫? 知っておきたい妊娠中によい魚と避けたい魚【管理栄養士監修】

スーパーなどで比較的安く手に入り、いろいろな食べ方のできる「さば」。青魚のさばは体にも良いと言われますが、妊婦さんが食べてもいいのでしょうか。さばの良い点や、食べる場合の注意点とおすすめの食べ方などをまとめました。


この記事の監修者
川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
一般社団法人母子栄養協会HP

妊婦にはとりたい魚と避けたい魚がある

さまざまな栄養素が含まれている魚。お母さんの体にもおなかの赤ちゃんの成長にもいい食材ですが、妊婦さんが積極的に食べたい魚もあれば、食べる量に注意が必要な魚もあることを知っておきましょう。

妊婦が気をつけたいのは「水銀が多い魚」

魚介類は、妊婦さんに必要な栄養バランスのよい食事には欠かせない食材です。ただ、魚介類には水銀が含まれているものもあるので、妊婦さんが魚を食べる際は注意するように、と厚生労働省も注意を促しています。

通常、水銀は人の体に入っても代謝・排出されます。でも、おなかの赤ちゃんは水銀を排出することができないため、お母さんが水銀含有量の多い魚をたくさん食べ続けていると、赤ちゃんは水銀の影響を受けることがあると考えられます。

ただし、厚生労働省が推奨している摂取量の目安を超えてしまったとしても、おなかの赤ちゃんにすぐに影響が及ぶということではありませんから、心配し過ぎないでくださいね。

注意したい水銀、さばは大丈夫?

魚には水銀が含まれていると言いましたが、含有量は種類によって違います。日本人が1回の食事で食べる刺身や切り身などの魚の平均的な量は、一人前で約80g[*1]とされていて、その中に含まれる水銀の量によって、どの魚をどれくらいまで食べていいかの目安があります。

厚生労働省では、何種類かの魚を水銀の含有量が多い「注意が必要な魚」としていますが、さばは、「特には注意が必要でない魚」です。健康的な食生活のためにバランスよく食べるようすすめています。

妊婦にさばがおすすめな理由

さばは栄養が豊富で、お母さんの健康だけでなくおなかの赤ちゃんの発育・発達にも良いため、妊娠中に食べるにはとてもおすすめの魚です。

妊娠中にとりたい栄養が豊富

魚には、体を作るのに必要な良質のたんぱく質のほか、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサヘンタエン酸)という良質な脂質の一種の脂肪酸が豊富に含まれています。

DHAとEPAは、私たちの体内では合成できない必須脂肪酸の1つでn-3系脂肪酸と呼ばれ、動脈硬化を予防したりLDLコレステロールを減らしたりする働きがあります。さばにはそのほか、ビタミンD、B6、B12、鉄などの栄養素も含まれていて、とても栄養豊富です。

赤ちゃんの発達にも好影響

さばに含まれるDHAとEPAは、脳の神経組織を作るうえでも重要です。さばなどの魚を積極的に食べることで適切な量のDHAやEPAが摂取できていると、早産や低出生体重児の確率が低下するとも言われています。

また、特にDHAは脳の神経シナプスや網膜の光受容体という場所に多く存在しているため、妊娠中にDHAを多く摂取すると、赤ちゃんの脳や網膜の健全な発達を促すとされています。

なお、DHAやEPAのような必須脂肪酸の摂取量は、妊婦さんの場合は1日に1.6gを目安に、と厚生労働省は示しています。100gあたりに含まれるDHAの量は塩さばが2.0g、さばの水煮缶が1.3g、さばの開き干しは2.7gもあります[*2]。こうしたさばを100g食べるだけで、1日に必要な必須脂肪酸がほぼ摂取できるのですから、さばは特にメニューに取り入れたいですね。

産後ダイエットにもさばがおすすめ

京都大学の研究グループは、魚を食べることで体脂肪が燃焼するというメカニズムを解明しました。この研究グループの実験により、魚に含まれるDHAやEPAは体脂肪の消費を促すということがわかったそうです[*3]。

DHAやEPAが豊富に含まれているさばを出産後も積極的に食べるようにすれば、お母さんの産後ダイエットにも効果が期待できるのです。

妊婦に必見のさばの食べ方

DHAやEPAは脂質なので、さばに含まれているDHAやEPAを多く摂取するには、脂を落とさないような調理方法で食べることがポイントです。

脂も一緒にとれる調理法で食べる

さばは、グリルで焼くと脂が下に落ちてしまうので、DHAやEPAをより多く摂取するためにはフライパンで焼くといいでしょう。生のさばを味噌煮や竜田揚げなどにしても、脂をしっかり摂取することができますね。

さばの缶詰で効率的に栄養補給

さばからDHAやEPAなどの栄養素を摂取したいと思っても、妊娠中は料理をするのがつらいときもありますね。そんなときには、さばの缶詰を利用してみてください。

さばは塩さばや開き干しなどの加工品を除くと、水煮やみそ煮などの缶詰のほうが生で食べるよりさまざまな栄養素を多く摂取できます。日頃から缶詰を活用すれば調理の手間も省けますし、手軽に効率よくさばの栄養を摂取することができますよ。

さば缶の身をほぐしてツナのように使ってサラダにしたり、混ぜご飯や炊きこみご飯にすることもできます。

お寿司など生食には注意

さばはしめさばなど、生で食べることがありますが、妊婦さんはできるだけ生のまま食べないようにしましょう。さばだけでなく、さまざまな生魚には腸炎ビブリオなどの細菌がいて、食中毒の原因になります。

特に、さばにはアニサキス幼虫が寄生していることがあり、食べると胃壁や腸壁に幼虫が入りこんで、激しい下腹部痛をともなうアニサキス症という食中毒を引き起こします。

腸炎ビブリオは十分に加熱し、アニサキスはしっかり冷凍するか十分な加熱で死滅します(注1)。食中毒予防のため、魚介類は新鮮なものを選び、生ではなくしっかり加熱してから食べましょう。


(注1)腸炎ビブリオは60℃で10分以上の加熱、アニサキスは-20℃で24時間以上の冷凍か、70℃以上の加熱、または60℃なら1分の加熱で死滅します。

まとめ

妊娠中はDHAやEPAなどの栄養が豊富なさばを、積極的に食べたいものです。ただ、食べる際には生のまま食べないようしっかり加熱調理し、手軽に使える缶詰も取り入れて栄養バランスのとれた食生活を目指しましょう。

(文:村田弥生/監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1] 厚生労働省:これからママになるあなたへ お魚について知っておいてほしいこと
[*2] 文部科学省:日本食品標準成分表2020年版(八訂) 第2章(データ)10 魚介類
[*3] Minji Kim, Tsuyoshi Goto et al. Fish oil intake induces UCP1 upregulation in brown and white adipose tissue via the sympathetic nervous system, Scientific Reports(2015)
[*4] 文部科学省:日本食品標準成分表2020年版(八訂) 第2章(データ)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

身近な果物であるりんごは、甘酸っぱい味わいが老若男女問わず人気の食材。では、赤ちゃんはいつからりんごを食べられるのでしょうか? 離乳食でのりんごの下処理のコツ、加熱の必要性などを解説します。初期・中期・後期の離乳食レシピもご覧くださいね。


妊娠中でも辛いものは食べていい?赤ちゃんや妊婦への影響【管理栄養士監修】

妊娠中でも辛いものは食べていい?赤ちゃんや妊婦への影響【管理栄養士監修】

妊娠中はつわりの影響などもあり、食の好みが変化して辛いものが食べたくなる人も少なくありません。刺激の強い辛い食べ物はがおなかの赤ちゃんに影響があるのか気になりますよね。今回は妊娠中に辛い物を食べる際の注意点などを見ていきましょう。


妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊娠中は食の好みが変化して、無性に辛いものが食べたくなる方も多いのではないでしょうか。辛いラーメンは塩分や油分に加えて香辛料の刺激も気になるところです。赤ちゃんへの影響や食べるときの注意点をまとめました。


妊婦が積極的に食べた方がいいもの&控えた方がいいもの【管理栄養士監修】

妊婦が積極的に食べた方がいいもの&控えた方がいいもの【管理栄養士監修】

妊娠すると食事の面で何か特別なことをしなければならないと考えがちですが、バランスの良い食生活を送ることが基本です。妊婦さんが知っておきたいことして、積極的に摂りたい食べ物と控えた方が良い食べ物があるのでご紹介します。


妊婦はどのぐらいアーモンドを食べていい?栄養素とおすすめの食べ方【管理栄養士監修】

妊婦はどのぐらいアーモンドを食べていい?栄養素とおすすめの食べ方【管理栄養士監修】

美容や健康にいいといわれるアーモンド。最近はアーモンドミルクなども気軽に手に入るようになりましたね。アーモンドには妊娠中に取りたい栄養素も含まれており、小腹が空いたときなどのおやつにピッタリな食材です。


最新の投稿


離乳食の始め方・進め方の目安とポイント【管理栄養士監修】

離乳食の始め方・進め方の目安とポイント【管理栄養士監修】

子の成長に伴って始まる離乳食。しかし始めるタイミングや進め方で戸惑うことも多いのでは。今回は離乳食を始める目安から調理方法や食べさせ方、注意点まで、離乳食の始め方、進め方に関するポイントをご紹介します。


スマホに丸投げ⁉ イラっとした夫の子育てエピソード

スマホに丸投げ⁉ イラっとした夫の子育てエピソード

共働き夫婦の間では、育児に積極的に参加する男性も増えていますよね。一方で、夫の育児の仕方に不満を持つ妻の声も少なくありません。今回は、妻たちがイラっとする夫の子育てエピソードをご紹介します。


【3歳かしこすぎ!】ぐぬぬ……これじゃママも断れない、息子の見事な「おやつ作戦」

【3歳かしこすぎ!】ぐぬぬ……これじゃママも断れない、息子の見事な「おやつ作戦」

Instagramで子育て漫画を発信されるよねこさん。よねこさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【誰!?】知らない人が勝手に赤ちゃんに触ってきて…ママ困惑の「赤ちゃん触り」体験談エピソード

【誰!?】知らない人が勝手に赤ちゃんに触ってきて…ママ困惑の「赤ちゃん触り」体験談エピソード

かわいい赤ちゃんを見ると、うれしい気持ちになるのはわかります。でも、急に触られるとママはびっくり! このご時世、感染症も気になります。外出先で赤ちゃんに触られたときどう感じたのか、ママたちにアンケートを行いました。みんなの正直な気持ちをレポートします。


子育てセンターのテンションに衝撃……! 絶対に馴染めない ⇒ 1ヶ月後がコチラ

子育てセンターのテンションに衝撃……! 絶対に馴染めない ⇒ 1ヶ月後がコチラ

Instagramで子育て漫画を発信されるかぞくのかたちさん。かぞくのかたちさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。