妊婦はひじきを食べてはいけない?注意したい食べ過ぎの影響と摂取量【管理栄養士監修】

妊婦はひじきを食べてはいけない?注意したい食べ過ぎの影響と摂取量【管理栄養士監修】

「妊娠中はひじきを食べ過ぎてはいけない」という話を耳にしたことのある人もいるのでは。ひじきは食物繊維やミネラルが豊富で、健康に良さそうなイメージがありますが、なぜ妊婦さんは食べ過ぎに注意が必要なのでしょうか。その理由と妊娠中に食べる量の目安、上手な食べ方を紹介します。


この記事の監修者
川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
一般社団法人母子栄養協会HP

「川口由美子 先生」記事一覧はこちら⇒

妊婦はひじきの食べ過ぎに注意が必要な理由

まずは「妊婦はひじきの食べ過ぎに注意」という話の理由を確かめてみましょう。

懸念される、ひじきに含まれる「ヒ素」の影響

「妊婦はひじきを食べ過ぎてはいけない」という話には、ひじきに含まれる「ヒ素(無機ヒ素)」が関係しています。

ヒ素は火山活動や森林火災、鉱物の風化などの自然現象によって放出され、土や水の中に存在しています。そのため、ヒジキに限らず、飲料水や野菜、肉、魚など様々な食品は微量のヒ素を含んでいるので、完全に避けるのは難しい元素です。食品を食べたりすることで体に入った場合、どのような影響があるかは種類や量によります。

ただ、大量の無機ヒ素が短期間のうちに体内に入り込むと、発熱、下痢、嘔吐、脱毛といった症状が現れるといわれています。また長期間にわたり大量に体内に入り込んだ場合、皮膚の色素沈着などの比較的軽度なものから、がんの発生といった重度な健康障害までさまざまな影響があるようです。

ひじきには少なくない量の無機ヒ素が含まれていることがあり、妊婦さんや赤ちゃんは、こうしたヒ素の影響を受けやすい可能性があることが指摘されています。このことが「妊婦はひじきを食べ過ぎてはいけない」という話につながっていると考えられます。

食べ過ぎとなるひじきの摂取量とは

人がヒ素の摂取する場合の許容量については、WHOが1988年に定めた暫定的耐容週間摂取量(PTWI)というものがあります(注1)。それによると体重50kgの人であれば、1日当たり107μg、1週間で750μgまでを許容量としています[*1]。

厚生労働省の「ヒジキ中のヒ素に関するQ&A」では、乾燥ひじきを水戻ししたものを1週間あたり33g以上継続的に食べない限り、PTWIを超えないとしており、ひじきの煮物の小鉢1つに25〜30gの水戻しひじきがが使われているとすると、1週間にその程度を食べるのであれば問題ないと言えるでしょう。日本では、伝統的食材として古くから食べられていますし、この海藻中に含まれるヒ素によるヒ素中毒の健康被害が起きたとの報告はありません

ひじきばかりに偏って食べるのではなく、多様な食品を摂るバランスのよい食生活を送っていれば、ヒ素による健康上のリスクは高くないと考えられます。

(注1)暫定的耐容週間摂取量(PTWI)とは、食品の消費に伴い摂取される汚染物質に対して人が許容できる(一生にわたり摂取し続けても健康影響が現れない、1週間当たりの摂取量を意味します。

ひじきには妊娠中にうれしい栄養素も豊富

まずはひじきのリスク面を解説しましたが、ひじきには食物繊維やカルシウムなど、妊娠中にも摂りたい栄養素が豊富に含まれています。

妊娠中の便秘予防を助ける「食物繊維」

妊娠中は便秘に悩まされる人が少なくありません。妊娠前から便秘気味だった人だけでなく、便通に問題のなかった人でも、妊娠中は女性ホルモンの影響が強まることや、大きくなった子宮に腸が圧迫されることなどにより、便秘になることもあります。

便秘を改善するうえで欠かせない栄養素とされる食物繊維がひじきには豊富に含まれています。日本食品標準成分表2020年版によると、ひじきの炒め煮に含まれる食物繊維の量は、同じ量のきんぴらごぼうより多いのです[*4]。特に、ひじきなど海藻類に含まれている食物繊維は水に溶ける水溶性で、穀類や野菜、きのこ類などに含まれる不溶性の食物繊維よりも大腸内で発酵・分解されやすくなっており、整腸効果に期待ができます。

赤ちゃんの骨をつくる「カルシウム」

ひじきにはカルシウムも豊富に含まれています。

カルシウムは、ひじきなどの海藻類のほか、チーズや牛乳などの乳製品、大豆・大豆製品、緑黄色野菜、小魚、などに多く含まれる栄養素です。日本人は全体的にカルシウムの摂取量が低めの傾向にあり、1日の必要摂取量を満たしていない人も少なくありません。そのため特に妊娠中はカルシウムを積極的に摂ることが望ましいとされています。

成人女性のカルシウム摂取推奨量は1日650mgです[*5]。ひじきのほかに牛乳、チーズ、ヨーグルトといった乳製品や大豆製品、小魚などを上手に組み合わせて、適切な量を摂取していきましょう。

ひじきが鉄分豊富だったのは昔の話?

ところで、ひじきというと「鉄分が豊富」というイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。実は数年前にひじきの鉄は従来の1/9程度と少ないことがわかりました。

ひじきに含まれる鉄分の量には、製法の違い――ステンレス釜を使うか鉄釜を使うか――によって大きなバラつきがあることがわかっています[*6]。これによると鉄釜製のひじきは鉄分が多い傾向にありますが、ステンレス釜製では決して多いとはいえない値になっていることがわかります。「ひじき=鉄分」という図式は、今は成り立たないこともあるようですね。

上手にひじきを食事にとりいれる工夫

ヒ素に注意しながら、ひじきをおいしく、上手に食事に取り入れるためのポイントを紹介します。

ひじきは水に浸して戻す

食品を通じて摂取したヒ素による健康被害は認められていないものの、できることならより安全に食べたいもの。そんなとき、ちょっとした工夫でひじきに含まれるヒ素の量を減らせることがわかっています。

たとえば水に浸して水洗いするだけで、5割程度まで無機ヒ素を減らせたというデータがあります[*3]。ひじきを使う場合は、乾燥ひじきそのまま調理したりせず、30分以上水に浸して水で洗ってから使いましょう。

なお、以下の方法だとさらに多くのヒ素を減らすことができます[*3]。

・ゆで戻し → ヒ素が8割減少
方法:水に乾燥ひじきを入れて火にかけ、5分間沸騰させたのち、水洗いする

・ゆでこぼし → ヒ素が9割減少
方法:乾燥ひじきを30分間水に浸し、戻し水を捨て、お湯に入れて5分間沸騰させたのち、水洗いする

ひじきのゆで汁は調理に使わない

無機ヒ素は水に溶ける性質(水溶性)があるので、水に浸した後の戻し汁やゆで汁などにはひじきから抜け出たヒ素が含まれています。ひじきの戻し汁やゆで汁は料理に使わず、捨てましょう

水で戻したりゆでたりしても、カルシウム、食物繊維、鉄分などの栄養素の7割以上がひじきに残りますよ[*3]。

ほかの食品と組み合わせて食べる

ひじきには食物繊維などが含まれてはいるものの、食べ過ぎには注意しなければならない食品です。カルシウムや食物繊維といった栄養素の摂取を目的とする場合は、ひじきをメインにするのではなく、ほかの食品を組み合わせて、必要な量を摂取することをおすすめします。

カルシウムはさきほども紹介した乳製品、葉物野菜、大豆・大豆製品、小魚、アーモンドなどに多く含まれています。また、食物繊維は大麦、そばなどの穀類、いも類、豆類、ごぼう、切り干し大根、ほうれん草、果物類、きのこ類などが豊富です。こうした食品と組み合わせて、上手に栄養素を摂取していきましょう。

まとめ

ひじきにはヒ素が含まれますが、1週間に1鉢程度であれば妊娠中に無理して避ける必要はないでしょう。ゆでこぼすなど調理方法に工夫をしつつ、適量を上手に摂取していけるとよいですね。

(文:山本尚恵/監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]厚生労働省:ヒジキ中のヒ素に関するQ&A(平成16年7月30日)
[*2]株式会社三菱化学安全科学研究所 :ひじきに含まれるヒ素の評価基礎資料調査 報告書(内閣府食品安全委員会 平成18 年度食品安全確保総合調査)平成19年3月
[*3]農林水産省 消費・安全局 畜水産安全管理課:より安全に食べるために家庭でできるヒジキの調理法
[*4]文部科学省:日本食品標準成分表2020年版(八訂)第2章(データ)
[*5]「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書 Ⅱ 各論 1 エネルギー・栄養素 ミネラル(多量ミネラル)
[*5]文部科学省 科学技術・学術政策局:日本食品標準成分表に関するQ&A(平成31年1月)

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

身近な果物であるりんごは、甘酸っぱい味わいが老若男女問わず人気の食材。では、赤ちゃんはいつからりんごを食べられるのでしょうか? 離乳食でのりんごの下処理のコツ、加熱の必要性などを解説します。初期・中期・後期の離乳食レシピもご覧くださいね。


妊娠中でも辛いものは食べていい?赤ちゃんや妊婦への影響【管理栄養士監修】

妊娠中でも辛いものは食べていい?赤ちゃんや妊婦への影響【管理栄養士監修】

妊娠中はつわりの影響などもあり、食の好みが変化して辛いものが食べたくなる人も少なくありません。刺激の強い辛い食べ物はがおなかの赤ちゃんに影響があるのか気になりますよね。今回は妊娠中に辛い物を食べる際の注意点などを見ていきましょう。


妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊娠中は食の好みが変化して、無性に辛いものが食べたくなる方も多いのではないでしょうか。辛いラーメンは塩分や油分に加えて香辛料の刺激も気になるところです。赤ちゃんへの影響や食べるときの注意点をまとめました。


妊婦が積極的に食べた方がいいもの&控えた方がいいもの【管理栄養士監修】

妊婦が積極的に食べた方がいいもの&控えた方がいいもの【管理栄養士監修】

妊娠すると食事の面で何か特別なことをしなければならないと考えがちですが、バランスの良い食生活を送ることが基本です。妊婦さんが知っておきたいことして、積極的に摂りたい食べ物と控えた方が良い食べ物があるのでご紹介します。


妊婦はどのぐらいアーモンドを食べていい?栄養素とおすすめの食べ方【管理栄養士監修】

妊婦はどのぐらいアーモンドを食べていい?栄養素とおすすめの食べ方【管理栄養士監修】

美容や健康にいいといわれるアーモンド。最近はアーモンドミルクなども気軽に手に入るようになりましたね。アーモンドには妊娠中に取りたい栄養素も含まれており、小腹が空いたときなどのおやつにピッタリな食材です。


最新の投稿


【漫画】献立ルールは節約と栄養バランス、夫の好み。私は夫が……『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.1

【漫画】献立ルールは節約と栄養バランス、夫の好み。私は夫が……『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.1

自己主張ができない性格の主婦・翔子。希望して専業主婦になったものの、夫の顔色をうかがってばかりの日々に嫌気がさし、離婚が頭をよぎるように。大きな話題となった大人気セミフィクション・コミックエッセイ『離婚してもいいですか? 翔子の場合』(著・野原広子/KADOKAWA)の試し読みを連載形式でお届けします。


【漫画】#118 「なんだって?」モラ夫の勝手すぎる行動に耳を疑う……『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

【漫画】#118 「なんだって?」モラ夫の勝手すぎる行動に耳を疑う……『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

「この男、ヤバすぎる……」モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々に衝撃が止まらない! Instagramで大反響を呼んだ、もちさん『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をご紹介。モラハラ夫との出会いから離婚までを描いた大ボリュームの本編をお届けします。


【なんかわかる!】家庭科の調理実習で嫌いな食べ物がおいしく感じる理由

【なんかわかる!】家庭科の調理実習で嫌いな食べ物がおいしく感じる理由

Instagramで子育て漫画を発信される龍たまこさん。龍たまこさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


離乳食の始め方・進め方の目安とポイント【管理栄養士監修】

離乳食の始め方・進め方の目安とポイント【管理栄養士監修】

子の成長に伴って始まる離乳食。しかし始めるタイミングや進め方で戸惑うことも多いのでは。今回は離乳食を始める目安から調理方法や食べさせ方、注意点まで、離乳食の始め方、進め方に関するポイントをご紹介します。


スマホに丸投げ⁉ イラっとした夫の子育てエピソード

スマホに丸投げ⁉ イラっとした夫の子育てエピソード

共働き夫婦の間では、育児に積極的に参加する男性も増えていますよね。一方で、夫の育児の仕方に不満を持つ妻の声も少なくありません。今回は、妻たちがイラっとする夫の子育てエピソードをご紹介します。