お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

イケボとは。イケメンボイスの特徴と芸能人

織田隼人(心理コーディネーター)

女性たちが遭遇したイケメンボイスのエピソード

最後に、女性たちが実際に遭遇したイケボエピソードを集めてみました!

電話を通すとイケボ度倍増!?

・「普段あまり話をしない同僚が、仕事の用事で外出先から携帯に電話をかけてきて『俺だけど』と言われた瞬間」(30歳/情報・IT/技術職)

・「仕事で顔を見たことがなく、電話でしかやり取りしない相手の声や話し方が好みだったとき」(29歳/運輸・倉庫/その他)

歌声にキュン!

・「同僚は普段は特になんとも思わない低くも高くもない声だが、カラオケに行った際に歌声がとてもかっこよかった」(33歳/学校・教育関連/専門職)

バスや電車のアナウンス

・「バスに乗ったときの運転手さんの声」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「電車のアナウンスの声がイケメンボイスだった」(25歳/その他/その他)

テレビからのイケボにうっとり

・「ドラマで甘いセリフを誰かがいい声で言っていたところは、何回も巻き戻して見た」(23歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「『スッキリ!』での山ちゃんのクイズッスのコーナー。聴けるときは聴いて癒されています」(32歳/運輸・倉庫/その他)

やっぱり声優さん! ラジオはイケボの宝庫

・「声優さんがアニメのアフレコでは凛々しい声をしているのに、ラジオだと優しかったとき」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「ラジオでの声優さんの罰ゲームにキュンとします」(33歳/建設・土木/技術職)

ダントツで多かったのは電話シチュエーションでの胸キュンエピソード。やはり「声」だけが聞こえるシチュエーションでは、イケメンボイスにキュンとしてしまう方が多かったようです。

定番「イケメンボイス」は、低めの響く声!

多くの女性は低めの澄んだ響く声を支持していることがわかりました。それは見事、織田さんの解説とも合致します。

聴覚情報は意外と大事なもののようです。

周囲の男性の、「声のイケメン度合い」にも注目してみてはいかがでしょうか。

(監修:織田隼人、文:森嶋千春)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ調査日時:2018年6月7日~6月8日調査人数:393人(22~34歳の未婚女性)

※この記事は2018年07月18日に公開されたものです

織田隼人(心理コーディネーター)

心理コーディネーター。男女の心理のちがいを伝えることで、男女の行きちがいを少しでも減らすのが目標。著書に「やっぱり彼と復縁したい貴女へ」「彼女と復縁する59の方法」「愛でセックスを買う男・セックスで愛を買う女」などがある。

HP:http://oda999.tea-nifty.com/blog/
復縁のコラム:http://fukuen.kimo.jp/
ツイッター:https://twitter.com/oda_hayato

この著者の記事一覧 

SHARE