お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ペンギン系女子」の特徴とは? 相性のいいタイプを解説

織田隼人(心理コーディネーター)

「ペンギン系女子」の恋愛傾向

目立たないけれど、芯をしっかり持った、コツコツタイプの「ペンギン系女子」は、どんなタイプの男性とうまくいくのでしょうか。

「ペンギン系女子」の恋愛は? 相性のいい男性

恋愛に対してそれほど積極的にこない「ペンギン系女子」ですが、自分と似たタイプの男性にとは相性がいいようです。

年上で落ち着きのある男性

年上で落ち着いてる男性と「ペンギン系女子」の相性はいいでしょう。年上で落ち着いている男性は焦りもあまりないので、マイペースな「ペンギン系女子」としてとはマイペースに付き合いを発展させることができます。相手の男性がに包容力があるので、女性の恋のペースに上手に合わせてくれるので安心して付き合えます。

目標を持ってがんばっている男性

いわゆる自分のやりたいことや夢を持っていて、それに向かってがんばっている男性も恋愛対象に向いています。目標を持っている男性は、目標があるために女性に対して100%の力を注ぐことはありません。「ペンギン系女子」も同じで、自分のやりたいことをコツコツとやっているので、恋愛が人生のすべてとなることはあまりなく、お互いに似ている部分があるのです。恋に100%という人では、「ペンギン系女子」に不満を持ちやすいですが、目標を持っている男性であれば「君もがんばれ、僕もがんばる」という形でいい関係になりやすくなります。

自立しているパートナーを探している男性

男性のなかには「女性には自分にガンガン依存してもらいたい」という支えたい願望の強い人もいます。しかし、ペンギン系女子は依存体質は薄いので、そういう「依存する女性を求めている」男性はあまり向いていません。どちらかというと、お互いに自立して自分の好きな行動をとって生きていきたいと言い合える関係を望んでいる男性が向いています。やりたいことを持っていたり、趣味に没頭しているような男性がオススメです。

次ページ:自立した「ペンギン系女子」には自立した男性がお似合い

SHARE