お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム雑学 レシピ

原因はカロリーじゃない!? 太りにくいアイスの選び方は?

働く女子が、ランチタイムに眺め読みするだけでも楽しい、作っている自分をイメージして、キレイになるコツがわかったような気になる。そんな、美味しくて、楽しそうな料理レシピをお伝えする連載です。4人の人気料理ブロガーが週替わりで料理レシピをお伝えします。

◆おうちで手作り! いちごのアイスバー

こんにちは! ローベジ料理家のmihokoです。猛暑日が続くと、ごはんを食べたあとでも、アイスクリームやジュースなど、冷たいものに手が伸びますよね。

「このアイスクリーム200kcal、こっちのアイスクリームより50kcal少ないから、これなら食べてもいいよね」とか、ついつい、いろんな言い訳をつけて、手を伸ばしてしまっているかもしれません……!

でも気をつけたいのは、カロリー表示よりも、むしろ原材料表示です。市販のアイスクリームの原材料を見てみると、乳製品、白砂糖、水飴、卵黄、香料などと書かれていますよね?

白砂糖や水飴などの精製されたものからは、体に必要なビタミンやミネラルなどが取り除かれているため、体が消化吸収を行う際には、先に体に蓄えられた栄養分を削り取ってしまいます。

そのため、栄養不足を招いてしまったり、インスリンを大量に出したりするため、低血糖になることで、糖分を補うために、甘い物がやめられなくなってしまったり、イライラを招いたりする原因にもなってしまうのです。

また、脂肪と砂糖を合わせた食べものは、砂糖を食べるだけよりも太りやすいとのデータもあります。

ですので、できれば甘いものが食べたくなったときには、ビタミン、ミネラルが豊富な、生のフルーツを食べるのがオススメ。

というわけで、今回ご紹介するレシピは、乳製品を使わずに、生のいちごとブルーベリーで作れます! ダイエットにオススメなアイスバーです。

★いちご7粒=1日に必要なビタミンC!

いちごは、7粒(中粒)ほど食べれば、1日に必要なビタミンCが摂取できると言われるほど、ビタミンCが豊富。

ビタミンCはストレスなどで失われやすく、体内に蓄積できないため、最近疲れていると感じるときにとり入れたいフルーツです。

また、活性酸素を除去し、抗酸化力をあげるのにも必要な栄養素ですので、紫外線対策や美肌づくりにもいいですよ。

糖度が高く、甘くよく熟したいちごを使うのがポイントです。とても簡単ですので、ぜひお試しくださいね!

 

材料(4本)調理時間10分

  • いちご 7~10粒
  • ブルーベリー 大さじ2
  • ハチミツ 大さじ1/2~
  • レモン果汁 小さじ1/2

作り方

  1. いちごはヘタを取り、1個を残して、ペースト状にする。別の容器にブルーベリーもペースト状にする。●も加えそれぞれ混ぜ合わせる。
  2. いちご1個は縦4等分にスライスする。アイスの型に、1のいちご液とスライスした苺を流し入れ、冷凍庫で20分ほど冷やし固める。
  3. いったん冷凍庫から取り出し、1のブルーベリーも流し入れ、アイスの棒を差して再度冷凍庫で冷やし固める。

 

野菜ソムリエ・ローベジ料理家mihoko


米国発、野菜ソムリエ•ベジフル料理家のmihokoです。自然治癒力を高める美容食などを日々研究。そのほか、世界のママたちと世界の伝統料理を学ぶ【インターナショナルクッキングクラブ】を主宰。400種類ほどのレシピを書いた【世界の野菜レシピ】【鶴見式酵素ダイエットレシピブック】も好評発売中。

このブロガーさんのレシピをもっと見る

取材協力 「タベラッテ」

料理・グルメを楽しく簡単に投稿する、レシピのソーシャルブログサービスです。タベラッテは、食を通したライフスタイルを共有し合うことで、毎日をもっと楽しくすることを目的としています。

お役立ち情報[PR]