お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

意外な結果に。マッチングアプリのプロフィールを「偽っている」人の割合とその内容とは

#トレンドニュース

エボル

イノセントが運営する「結婚相談所イノセント」はこのほど、婚活中の20代~40代の男女500名に対して、マッチングアプリのプロフィールに関するアンケート調査を実施しました。

マッチングアプリのプロフィール、どんな項目に注意するべき?

マッチングアプリで気になる人と会ってみたら、実際にはプロフィールと大きく違うところがあった!

気軽なマッチングアプリを使った婚活では、そんなアクシデントが珍しくないようです。

マッチングアプリに登録すると、条件のいい相手とマッチする確率を高めるために、つい自分を魅力的に見せようとしてしまうもの。たとえプロフィールに多少の偽りがあったとしても、マッチした相手と関係を築ける可能性はあるかもしれませんね。

ただ、結婚を前提にお付き合いする相手を選ぶなら、初めから偽りのないプロフィールで真剣に出会ったほうが、お互いに安心できそうです。

マッチングアプリのプロフィールは、内容が盛られていた場合、すぐに偽りだと気づきにくいのが難点です。アプリを利用した婚活で、相手のプロフィールを見るときは、特にどんな項目に注意するべきでしょうか。さっそくアンケートの結果を見てみましょう。

マッチングアプリのプロフィールを偽る割合は5割以上

そもそも、マッチングアプリを使っている人の中で、一体どれくらいの人が事実を偽ってプロフィールを記載しているのでしょうか。

今回の調査対象のうち、なんと男性の56.8%、女性の63.6%が事実と異なるプロフィールを書いていることが明らかになりました。男女ともに、半数以上が何らかの項目を偽っていることになります。

それでは、具体的にプロフィールのどの項目を偽っているのでしょうか。

上記のデータは、アプリのプロフィールの項目ごとに、どれくらいの人が事実を偽って記載しているかを表しています。性別・年齢別の割合を見ても、ほとんど全ての項目で一定数以上の人が事実を偽っていることがわかります。

男性は身長と年収、女性は外見と年収を偽りやすい

さらに、プロフィールの項目ごとに、事実を偽る男女の割合を比較してみました。

男性の中でもっとも多くの人が偽っている項目は「身長」で、割合は25.6%です。また、身長に迫る勢いで「年収」の割合も高く、こちらは23.6%となっています。

一方、女性のデータで特に顕著だったのは「外見」を偽ると回答した人の割合で、30.4%と群を抜いて高い数値となっています。また、次いで「年収」を偽る割合も高く、18.0%という結果になりました。

男性は身長を4.9cm高く、年収を218万円多く盛る?

多くの男性が偽っている「身長」の項目について、詳しく見ていきます。

ここでは、身長を偽ると回答した男性の中で、実際の身長とプロフィールにどれくらいの差があるのかを調べてみました。すると、全ての年代を平均して、4.9cm高く記載していることが明らかになったのです。

なお、身長を偽ると回答した男性の中に、実際よりも低い数値を記載する人はいませんでした。

続いて、身長に次いで多くの男性が偽っている「年収」の項目についてもチェックしてみます。すると、男性は平均で218万円ほど高い年収でプロフィールを登録していることがわかりました。

特に30代は実際の年収と308万円の差があり、20代や40代と比べて100万円以上もの違いがあります。一方で、40代の男性は若い世代よりも年収が高いためか、実際の年収との差が少ない傾向にあるようです。

女性は顔の印象を盛りやすく、年収は男性よりも偽る金額が多い

女性のマッチングアプリの利用者の中でも、とりわけ多くの人が偽っているのは「外見」の項目でした。アプリのプロフィール写真では、具体的にどの部分を偽っているのでしょうか。すると、「顔」と答えた人の割合が最多の56.7%で、半数を超える結果になりました。

男性と同様に、女性も多くの人が実際よりも高い年収を記載する傾向にあります。その差は264万円で、男性が盛る平均額よりも高い数値です。

マッチングアプリで出会いのチャンスを掴むには、同性のライバルよりも自分を魅力的に見せなければなりません。そこで、男女ともに半数以上の人が何らかの事実を偽ってプロフィールを登録していると考えられます。

不特定多数の異性にアピールするために、男性は「身長」と「年収」、女性は「外見」と「年収」を偽る傾向にあるとわかりました。婚活でアプリを利用する際は、こうした傾向を踏まえて、慎重に相手を見極めたいですね。

調査概要

調査時期:2022年10月
調査方法:インターネット上でアンケート調査
調査対象:全国の20~40代男女 マッチングアプリの利用者500人

(エボル)

※この記事は2022年12月09日に公開されたものです

エボル

ネットを中心にさまざまなサービスやビジネスを創造する企業。特にコンテンツ開発分野においては、さまざまな分野で活躍する多彩なライター陣と経験豊かなエディターを中心に各ネットメディア向けて最適化された、品質の高いコンテンツを企画制作しています。マイナビウーマンではニュース記事を担当。
https://e-vol.co.jp
https://pro-web.jp

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#トレンドニュース」をもっと見る

MORE

SHARE