お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

#60 「真面目な話ができない彼氏」に女性が伝えるべきフレーズとは?

#ラブスペル ~恋を叶える魔法のフレーズ~

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

「ラブスペル」とは、意中の彼の心をつかみ恋を叶えるフレーズ。そんなフレーズを、恋愛コラムニストの浅田悠介さんが使い方や効果と併せて紹介します。

ラブスペルとは恋の呪文のこと。恋を叶えるフレーズです。

難しい恋の理屈は置いておいて。ひとまず英会話のように「フレーズから恋を学ぼう」というわけですね。心理学を用いて導き出したものなので強力ですよ。

好きな人の前でラブスペルを唱えてみれば、彼の反応がきっと変わるはず。

さあ、恋の魔法をかけてみない?

恋を叶える魔法のフレーズ

ラブスペルNo.60

「こっちは真剣だよ。別れられない理由とかは、そっちの問題。いま答えを決めたいの」

この言葉の効果

付き合っている状態で、ギリギリの話し合いの時に、ちゃんと対応してくれずに、のらりくらりする彼に誠実な会話を求められます。

カップルには真剣に話し合わなくてはいけない時があるものです。付き合っている時に、彼に対して、言ってやりたいことも浮かぶでしょう。別れようにも別れられないグダグダとして困った状態もあるものです。

もちろん彼にも、立場や事情や考えがあるのだとは思います。

貴女に言えないこともあるでしょうから。どちらが正しいのかはわかりません。しかし、それが言い訳になったり、のらりくらりかわす原因につながっているのでしょう。

あるいは察せない男性のことですから、貴女が必死に訴えている最中でも「今日は機嫌が悪いんだな」と、ことの重大さに気づいていない可能性もあります。

いずれにせよ話し合いに乗ってくれない時は貴女の覚悟を見せなくてはいけません。

誰だって、判断はあとまわしにしたいもの。貴女にとっても苦痛なのはわかります。しかし、このラブスペルを唱えるべき時に唱えないと、どんどん人生は流されて貴女のものでなくなってしまうのですよ。さよならの匂いで、彼をはっとさせるのです。

人生を取り戻すためにも、どうか強さを持ってください。

ラブスペルの使い方

彼が話し合いに応じてくれない時に唱えましょう。

さよならを匂わされても「すぐには仕事もあるから決められない」「また考えておくよ」「いま離婚できない(不倫の場合など)」と、彼が言葉を濁すこともあるでしょう。

そんな時こそ強い意志で唱えること。

とにかく別れられない──すぐに決断できない理由や事情があっても、それは彼の側の問題であって、貴女の側に関係ない話だというスタンスを貫きましょう。

感情に流されないために、いま決断させることが大切です。

失恋したら全部が消えてしまうの?

失恋しても、彼が、貴女のなかで消えたわけではありません。

ある時期、経験や感情をわかちあった──その奇跡はのこっているのですから。別れてもゼロになるわけではありません。すべてが無駄だったと考える必要もありません。失われていないのですから。

永遠の愛など望むまい、稲妻のような一晩の記憶を抱いて生きる。そういう人生もあるのですよ。

(文:浅田さん@令和の魔法使い、イラスト:塚由叡)

※この記事は2022年09月15日に公開されたものです

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い) (マジシャン・ライター・催眠心理療法士)

マジシャン&ライター&催眠心理療法士

心理、恋愛、コミュニケーション系を得意とする。多数執筆。なかでもDRESSの連載「読むだけでモテる恋愛小説・わたしは愛される実験をはじめた。」が多くのファンを集めている。

Twitterにて恋愛論やテクニックを発信中。
Twitter:@ASD_ELEGANT

マイナビウーマンにて執筆中の「ラブスペル」が単行本となって発売決定!

『ラブスペル 恋を叶える魔法のフレーズ111』(マガジンハウス)
発売日:2022年10月6日 ※予約受付中!
URL:https://amzn.to/3BPpR6U

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#ラブスペル ~恋を叶える魔法のフレーズ~」をもっと見る

MORE

SHARE