お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

燕返し(つばめがえし)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

燕返し(つばめがえし)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、燕返し(つばめがえし)という体位を紹介します。

燕返し(つばめがえし)とは?

「燕返し」とは、女性が片脚を上げて行う後背位(バック)を指します。

辞書的な意味は、燕のように素早く体を反転させること。また、剣術の達人である佐々木小次郎が得意だったとされる技名でもあります。

燕返しをしている女性のうつ伏せになった姿は、身を翻す燕のようにも見えますし、まっすぐ上げた脚は剣のようでもありますよね。

これらが「燕返し」というネーミングの由来なのかもしれません。

この体勢は女性に柔軟性が求められるものの、挿入自体の難易度は低めです。また、通常のバックから移行するのにもぴったり。

バックの後にプレイすると、それまでとは違った角度の挿入により新しい快感を堪能できるでしょう。

どんな時におすすめ?
後背位(バック)のレパートリーを増やしたい時

難易度
★★★☆☆

次ページ:燕返しのやり方

SHARE