お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

浮き橋(うきはし)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

浮き橋(うきはし)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、浮き橋(うきはし)という体位を紹介します。

浮き橋(うきはし)とは?

「浮き橋」とは、女性が横向きになり、下半身を男性の膝へ乗せた状態で挿入する体位。

メジャーな体位である正常位やバックとは異なる、膣壁を横向きに刺激される感覚を味わえます。そのため、浮き橋は男女共にいつもと違う快感を楽しめるプレイといえます。

男性の体勢はほぼ正常位と同じなので、正常位からの移行も比較的スムーズ。少し難しいですが、慣れれば体勢を変える時に使える便利な体位なのです。

ただ、少々不安定なので女性は腕や肘で自分の体を支える必要があります。

自信がない場合は、男性器と膣の角度を調整すれば女性がベッドに寝た状態でも挿入できるので、ぜひこの方法でトライしてみてくださいね!

ちなみに、本来の「浮き橋」は、水上に浮かべた船やいかだへ板を渡した橋のこと。アスレチックなどで見掛ける、水にプカプカ浮かぶ橋をイメージすると分かりやすいでしょう。

そんな不安定な橋を連想させる体位なので、四十八手としての「浮き橋」の名がついたのかもしれません。

どんな時におすすめ?
・挿入したまま別の体位へ移行したい時
・いつもと違う挿入感を楽しみたい時

難易度
★★★★☆

次ページ:浮き橋のやり方

SHARE