お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

達磨返し(だるまがえし)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

達磨返し(だるまがえし)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、達磨返し(だるまがえし)という体位を紹介します。

達磨返し(だるまがえし)とは?

「達磨返し」とは、女性の脚を縛って行う正常位のこと。

体育座りのような体勢で体を丸める女性の姿が達磨に似ていることから、「達磨返し」というネーミングになったのだと考えられます。

達磨返しは女性の脚をひもで縛るためSM要素が強く、ビジュアル的にも精神的にもかなり刺激的な体位といえるでしょう。

ただ、女性にとっては少し窮屈な体勢。ある程度の柔軟性がないと、うまく体を丸められないかもしれません。

2人でコミュニケーションを取りながら、無理のない範囲でソフトSMを楽しんでみてください。

どんな時におすすめ?
女性がパートナーから徹底的に攻められたい時

難易度
★★★☆☆

ちなみに、四十八手の中には達磨返し以外にも女性を縛る体位があります。その名も「理非知らず(りひしらず)」。

こちらは脚だけでなく手も縛るため、よりSM要素が強いプレイといえます。

参考記事はこちら▼

理非知らずについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

次ページ:達磨返しのやり方

SHARE