お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

抱き地蔵(だきじぞう)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

抱き地蔵(だきじぞう)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、抱き地蔵(だきじぞう)という体位を紹介します。

Check!
【四十八手一覧】セックスの体位をイラストつきで解説!

抱き地蔵(だきじぞう)とは?

「抱き地蔵」とは、椅子に座った男性へ向き合うように女性がまたがり、挿入する体位のこと。

体が密着して2人の顔が近くなるため、かなり濃厚なスキンシップを楽しめます。やり方が簡単なので、取り入れやすいのもメリットです。

地蔵といえば、お寺や道端に鎮座していることでおなじみですよね。

その中に、持ち上げた時の重さで願いがかなうか占う「おもかる地蔵」というお地蔵様が存在することを知っていますか?

この占いの様子を男女の姿に重ね、四十八手としての「抱き地蔵」の名がついたのかもしれません。

もちろん、プレイとしての抱き地蔵は、占いではなく好きな人を抱いて幸せをかみ締めるのが目的。

ラブラブなセックスにうってつけの体位なので、相手への思いが高ぶった時に、ぜひ実践してみてくださいね。

どんな時におすすめ?
挿入中にたっぷりイチャイチャしたい時

難易度
★★☆☆☆

抱き地蔵のやり方

それではさっそく、抱き地蔵のやり方を解説します。ポイントは、至近距離での愛情表現や愛撫です。

抱き地蔵の手順

抱き地蔵の手順は以下の通りです。

STEP1:椅子などに座って挿入

まずは、座れる椅子などを準備します。座ることができれば、ソファーやベッドの端などでもOKです。

男性が椅子に座り、そこへ向き合うようにして女性がまたがります。そのまま挿入すれば、抱き地蔵の完成。

この時、いきなり挿入しても良いですが、女性が少し腰を浮かせた状態でしばらく男性器を陰核へこすりつけるといった戯れも楽しいものです。

そうすれば男女共に焦らされ、より興奮が高まるでしょう。

ちなみに、ベッドの端を使う時は、騎乗位から移行することもできます。男性が上半身を起こし、ベッドの端へ移動して脚を下ろせば、抱き地蔵の完成です。

STEP2:ピストン開始

抱き地蔵では、男性がメインで動きます。ピストンする時は、男性が床につけた足で踏ん張り、下から突き上げましょう。

椅子の座面に膝をつけたり床へ足をつけたりできれば、女性も腰を前後・上下へ動かせます。

抱き地蔵をする時のポイント

抱き地蔵をする時は、以下のポイントについて意識してみてください。

(1)至近距離での愛情表現や愛撫を楽しむ

相手の方を向いて抱き合える抱き地蔵は、至近距離での愛情表現や愛撫にぴったり!

男性は女性のバストに顔をうずめたり、口で愛撫をしたり。女性は男性の顔にキスの雨を降らせる、耳を愛撫する、首に舌を這わせる、なんていうことも可能です。

もちろん、キスもたっぷり堪能できます。女性が男性の頭を抱えるようにすると、かなり濃厚なキスができるでしょう。

また、抱き地蔵は相手のささやきや吐息、喘ぎ声が耳元で聞こえる刺激的な体位でもあります。

耳元で「好き」「気持ち良い」「もっとして」といった好意や要望を伝えたり、あえて喘ぎ声を上げたりすれば、相手の興奮度を急上昇させられるはずですよ。

このように、抱き地蔵ではぜひ至近距離での愛情表現や愛撫をたっぷり楽しんでくださいね。

(2)「駅弁」に移行してみる

「駅弁」とは、向かい合って立ったまま男性が女性を持ち上げて行う、なかなか難易度の高い体位。

しかし、抱き地蔵の姿勢から移行すると、男性は座った状態から立ち上がるだけなので比較的スムーズです。

駅弁に興味があるカップルは、抱き地蔵の流れでチャレンジしてみても良いでしょう。

▶次のページでは、抱き地蔵の注意点を解説します。

次のページを読む

SHARE