お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

締め小股(しめこまた)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

締め小股(しめこまた)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、締め小股(しめこまた)という体位を紹介します。

締め小股(しめこまた)とは?

四十八手のネーミングは相撲の決まり手に由来するといわれていますが、「締め小股」は特に、相撲の技っぽいネーミングですよね。

これは、女性が脚を閉じた状態で行う正常位で、「伸長位」と呼ばれることも。

女性が脚を閉じキュッと締めれば、男性器を挟み込む形になり密着度が上がります。そのため、男性にとっては包み込まれるような極楽を味わえる体位といえるでしょう。

また、陰核と男性の恥骨あたりを擦るように動かせば、外で感じやすい女性は強い快感を得られるかもしれません。

ちなみに「小股」が何を指すかについては諸説あり、女性器や脚のつけ根、膝上など解釈はさまざま。

とはいえ、締め小股は股を閉じる体位なので、この場合はそのまま股を意味するのではないか、と筆者は推測しています。

小股といえば、江戸時代には粋な女性を表すのに「小股の切れ上がった」という言葉が使われていました。

「彼が忘れられないようなセックスをしたい!」という女性は、パートナーへの粋なはからいとして締め小股を試してみてはどうでしょうか?

どんな時におすすめ?
中でパートナーの存在を感じたい時

難易度
★★★☆☆

次ページ:締め小股のやり方

SHARE