お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

宝船(たからぶね)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

宝船(たからぶね)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、宝船(たからぶね)という体位を紹介します。

Check!
【四十八手一覧】セックスの体位をイラストつきで解説!

宝船(たからぶね)とは?

「宝船」とは、女性が男性の脚を持ち上げて行う騎乗位のこと。

ちなみに、本来の宝船は七福神や宝物などが乗っている帆掛け船を指します。縁起物として、お正月などによく見るあの船です。

男性を船、上に乗った女性を帆に見立て、四十八手としての「宝船」の名がついたのかもしれません。なんだかとても縁起が良さそうなネーミングですね。

この体勢を取るのは少々難しいですが、男女が脚をクロスさせている分、通常の騎乗位より深い挿入感を楽しめるでしょう。

また、女性が積極的に動ける体位なので、いろいろな動かし方で気持ち良い場所を探求できます。

その動きによって男性を刺激し、快感を与えることも可能。2人の興奮は女性にかかっているといっても過言ではありません。

女性はまさに、セックスという名の船が進行するために必要不可欠な、帆の役割を担っているのです。

どんな時におすすめ?
女性が気持ち良い場所を探求したい時

難易度
★★★★☆

宝船のやり方

それではさっそく、宝船のやり方を解説します。ポイントは、女性の積極性です。

宝船の手順

宝船の手順は以下の通りです。

STEP1:女性が男性の脚を持ち上げて挿入

まず、女性が仰向けになった男性の片脚を持ち上げます。そして、その脚を自分の両脚で挟み込むように男性へまたがりましょう。

この時、片脚は相手の股の間に、もう片方は男性が脚を上げている方の半身外側へ置きます。そのまま挿入すれば、宝船の完成。

一見簡単そうなのですが、膣や男性器の角度によってはうまく入らないことがあります。

その場合、女性が男性の太ももを少し体へ近づけるように引いたり、自分の体をやや前傾・後傾させたりして、2人のベストポジションを探してみてください。

これが分かれば、スムーズに挿入できるはずです。

STEP2:ピストン開始

挿入できたら、女性がメインでピストンします。

男性の脚を抱えながら上下にピストンしたり前後にスライドしたりして、自分の気持ち良いポイントを刺激できるよう動いてみてください。

宝船をする時のポイント

宝船では、女性が上になって男性の片脚を手で拘束しているため、主導権は女性にあるといえます。

女性の動きによって膣内の浅い位置から深い位置まで刺激できるので、感じる部分を探求するのにぴったり。ぜひ、積極的に動いてみてください。

そうすれば、男性もさまざまな刺激によって快感を得られるはずです。

動く時は、男性の脚を抱えて支えにしながら、中の気持ち良いポイントを探してみましょう。自分で動きを調整できるので、好きなペースと強さで刺激できます。

さらに、宝船の体勢なら陰核を相手の脚へこすりつけることも可能。

こうして中と外を一度に刺激できるので、両方で感じる女性は強い快感を得られるでしょう。

また、男性は積極的に動く女性のセクシーな姿に興奮が高まるはずです!

▶次のページでは、宝船の注意点を解説します。

次のページを読む

SHARE