お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

二つ巴(ふたつどもえ)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

二つ巴(ふたつどもえ)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、二つ巴(ふたつどもえ)という体位を紹介します。

二つ巴(ふたつどもえ)とは?

「二つ巴」とは、男性が下・女性が上になりオーラルセックスをし合う体位。いわゆるシックスナインです。

二つ巴は見た目も体感も刺激的なので、前戯に取り入れると盛り上がるはず。恥ずかしいと感じる人も一定数いる体位ですが、ぜひ勇気を出してチャレンジしてみてくださいね。

ちなみに「巴(ともえ)」は日本に古くから伝わる勾玉(まがたま)やコンマのような文様で、これが2つ組み合わさったものは「二つ巴」と呼ばれます。

二つ巴の文様がシックスナインの体勢を取る男女に見えることから、体位の名として使われるようになったのかもしれません。これを考えついた人のイマジネーションには感服です!

どんな時におすすめ?
お互いに攻め合いたい時

難易度
★☆☆☆☆

四十八手におけるシックスナインには、「椋鳥(むくどり)」と呼ばれる体位もあります。

これは二つ巴と逆で、女性が下・男性が上となります。

参考記事はこちら▼

椋鳥について、詳しくはこちらの記事で解説しています。

次ページ:二つ巴のやり方

SHARE