お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

窓の月(まどのつき)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

窓の月(まどのつき)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、窓の月(まどのつき)という体位を紹介します。

窓の月(まどのつき)とは?

「窓の月」とは、横向きで寝ている女性の後ろに男性が寄り添って交わる体位。いわゆる後側位です。男女共に寝姿勢を取れるので、リラックスしながら楽しめます。

挿入は少し難しいですが、慣れればゆっくりと入っている感触を楽しめる大人向けの体位です。激しいセックスに疲れてきたら、窓の月を試すと良いかもしれません。

ちなみに「窓の月」の名は、「同じ方向を向いて交わるカップルが窓から月を眺める」というシチュエーションに由来すると考えられています。なんとも風流で、大人の余裕を感じますね。

どんな時におすすめ?
スローなセックスを楽しみたい時

難易度
★★★★☆

次ページ:窓の月のやり方

SHARE