お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うしろやぐらとは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

うしろやぐらとは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、うしろやぐらという体位を紹介します。

うしろやぐらとは?

うしろやぐらとは、2人とも立った状態で女性が前方の壁などに手をつき、その後ろから男性が挿入する体位。いわゆる「立ちバック(背面立位)」です。

この体位のメリットは、どこでもすぐプレイに入れること。服を着たままでも挿入しやすく、ピストンの動きもシンプル。

しかも2人とも立っているので、キッチンやトイレ、脱衣所、バスルームなど、狭い場所でもプレイを楽しめます。

ベッドルーム以外で突然始まるセックスは、なんだかとても刺激的。うしろやぐらで、ぜひいつもと違うプレイを堪能してみてくださいね!

ちなみに「やぐら」とは、高さのある構築物のこと。例えば、火事の場所を確認するために立てられた「火の見やぐら」や盆踊りの会場に立つステージのような構造物を指します。

女性の後ろに立ってピストンする男性が、高くそびえ立つやぐらを後ろから攻めるように見えることから、四十八手としての「うしろやぐら」の名がついたのかもしれません。

どんな時におすすめ?
狭い空間で勢いに任せてセックスしたい時

難易度
★★★☆☆

四十八手における立ちバックの体位としては、うしろやぐらの他に「碁盤攻め(ごばんぜめ)」と「仏壇返し(ぶつだんがえし)」があります。

碁盤攻めでは女性が低い台へ手をつき、仏壇返しでは前屈するような姿勢を取ります。

参考記事はこちら▼

碁盤攻めについて、詳しくはこちらの記事で解説しています。

次ページ:うしろやぐらのやり方

SHARE