お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

つり橋(つりばし)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

つり橋(つりばし)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、つり橋(つりばし)という体位を紹介します。

つり橋(つりばし)とは?

「つり橋」とは、男性が女性の腰を持ち上げて行う正常位の一種です。

女性が足と肘で体を支え、浮かせる姿がつり橋に似ていることから、四十八手としての「つり橋」の名がつけられたのでしょう。

不安定になりやすくやや難易度の高い体位ですが、男性器を膣にまっすぐ挿入しやすいため、ピストンの角度とタイミング次第ではかなり深い挿入感を味わえます。

多くの人にとって、ぐらぐら揺れるつり橋を渡るのは少なからず勇気が要るもの。それと同じで、四十八手のつり橋もなかなかチャレンジングなプレイといえます。

しかし、勇気を出して乗り越えた先には、えも言われぬ景色が待っているはずです……!

どんな時におすすめ?
スリルと興奮を味わいたい時

難易度
★★★★★

次ページ:つり橋のやり方

SHARE