お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

寄り添い(よりそい)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

寄り添い(よりそい)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、寄り添い(よりそい)という体位を紹介します。

寄り添い(よりそい)とは?

「寄り添い」とは、その名の通りカップル同士寄り添うこと。

四十八手というと挿入を伴う体位のイメージが強いかもしれませんが、挿入しないテクニックもあるのです。

見た目はただ添い寝しているだけですが、この体勢はなかなか奥深いもの。前戯や後戯、セックスをしない日の愛情表現など、幅広いシーンで2人の絆を深めてくれます。

筆者がおすすめしたいシーンは、生理の日。寄り添いをすることで、セックスができなくても濃密な時間を過ごせるはずです。

寄り添い中、愛の言葉をささやき合うのはもちろん、日頃できない深い話をしたり、ただ相手の温もりを感じてリラックスしたりするのも良いでしょう。

この体位を2人のコミュニケーションに役立てて、愛情を深めてくださいね。

どんな時におすすめ?
パートナーに愛情表現したい時

難易度
★☆☆☆☆

次ページ:寄り添いのやり方

SHARE