お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

撞木ぞり(しゅもくぞり)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

撞木ぞり(しゅもくぞり)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、撞木ぞり(しゅもくぞり)という体位を紹介します。

撞木ぞり(しゅもくぞり)とは?

「撞木ぞり」とは、女性が男性の上で仰向けになり、脚をM字に開く体位のこと。

この体勢を取ること自体はそこまで難しくありませんが、挿入して動くとなると話は別。動きにくいので、慣れるまでは四苦八苦してしまうかもしれません。

しかし、女性にとっては大好きな彼へ身も心も委ねられる、魅力的な体位でもあります。彼の温もりを感じたくなったら、ぜひ撞木ぞりにチャレンジしてみてくださいね。

ちなみに「撞木」はT字型をしたハンマーのような仏具で、鐘を打ち鳴らすために使われます。

脚を開く女性の体勢を撞木に見立て、四十八手としての「撞木ぞり」の名がついたのかもしれません。

どんな時におすすめ?
女性が男性に身も心も委ねたい時

難易度
★★★★☆

次ページ:撞木ぞりのやり方

SHARE