お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

獅子舞(ししまい)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

獅子舞(ししまい)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、獅子舞(ししまい)という体位を紹介します。

Check!
【四十八手一覧】セックスの体位をイラストつきで解説!

獅子舞(ししまい)とは?

「獅子舞」とは、女性が脚を高く上げて男性の肩へ掛ける対面座位のこと。

獅子舞といえば、「赤い顔に白いたてがみ、体に緑の風呂敷をまとった獅子」というイメージを持つ人が多いでしょう。お正月などのめでたい時によく見ますよね。

四十八手における「獅子舞」の名は、ピストン時に揺れる女性の髪がたてがみのように見えることからついたのかもしれません。

獅子舞では、女性が脚を上げて手で体を支えつつ相手の動きを受け止めるので、柔軟性と体力が必要になります。

そして男性は動きにくい状態で女性の体を支えながらピストンするので、やはり体力が必要。

このように、やや難易度が高い体位ではあるものの、結合部が密着しているため深い挿入感を楽しめるプレイでもあります。

体勢を維持できれば、特に奥が性感帯の女性にとっては満足感のある体位といえるでしょう。

また、お互いの顔が近いので見つめ合うのにもぴったりです。

晴れの日には、ぜひ2人で獅子舞を繰り広げてみてくださいね!

どんな時におすすめ?
深い挿入感を楽しみたい時

難易度
★★★★☆

獅子舞のやり方

それではさっそく、獅子舞のやり方を解説します。ポイントは、体力です。

獅子舞の手順

獅子舞は対面座位の一種ですが、女性にとって座った状態で挿入してから脚を上げるのは至難の業。正常位か騎乗位から移行した方がスムーズです。その手順を以下に紹介します。

STEP1:正常位or騎乗位の状態で挿入

正常位から移行する場合、女性が仰向けになり、そこへ男性が覆いかぶさって挿入します。そして、女性は相手の肩へ脚を掛けましょう。

そのまま男性が女性を抱きかかえて起き上がれば、獅子舞の体勢になります。

騎乗位から移行する時は、女性が仰向けになった相手の上へ乗って挿入し、脚を前に伸ばします。そして男性が少しずつ体を起こせば獅子舞の完成です。

どちらのパターンでも、女性は後ろへ倒れないよう手でしっかり自分の体重を支えてください。

STEP2:ピストン開始

男性は、相手の腰へ両手を回し、上半身を支えながらピストンします。体勢的に長いストロークは難しいので、奥へ挿入した状態で小刻みに動きましょう。

コツは、女性の腰や太ももを引き寄せるように動かすことです。

獅子舞をする時のポイント

獅子舞をする時のポイントは以下の通りです。

(1)女性も動いてみる

女性は、脚を高く上げているため動くのが難しいです。

しかし、余裕があれば、膝を曲げたり伸ばしたりするようにして動くことができます。

男性とタイミングを合わせないとちぐはぐなピストンになってしまうので、相手のリズムをしっかりつかみましょう。

(2)疲れていない時にトライする

獅子舞は、男女共にスタミナを要する体位。

体力に余裕がない時にトライするとすぐバテてしまうかもしれないので、疲れていない時に実践してみてください。

▶次のページでは、獅子舞の注意点を解説します。

次のページを読む

SHARE