お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

てこがかりとは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

てこがかりとは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、てこがかりという体位を紹介します。

てこがかりとは?

てこがかりとは、男性が仰向けの女性へお尻を向けるように覆いかぶさる体位です。

シンプルに見えますが、男性器を通常とは逆方向へ向けて挿入する必要があるため、難易度は四十八手の中でもかなり高め。

とはいえ、条件が満たされれば不可能ではありません。あらゆる体位を経験してきた上級者さんは、ぜひチャレンジしてみてください! 成功したら、大きな達成感を味わえるはずです。

ちなみに、「てこがかり」を漢字で書くと「梃子がかり」です。この「梃子」は複数の意味を持ち、その中に「てこの原理」でおなじみの棒を使った仕組みがあります。

有名な例は、長い棒の途中に支点となる支えを置いて一方の端(力点)へ力を加えると、直接持ち上げるよりも軽い力で反対側の端(作用点)の物を動かせるというもの。

実際にどのような力が働いているかは別として、てこの支点を結合部、力点を男性の頭、作用点を女性の頭に例え、四十八手としての「てこがかり」の名がついたのかもしれません。

どんな時におすすめ?
難しい体位に挑戦して達成感を得たい時

難易度
★★★★★

次ページ:てこがかりのやり方

SHARE