お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

性の不満は言いづらい? 600人の同棲カップルや夫婦に大調査

#ヘルシーニュース

エボル

『月刊TENGA第46号』ではこのほど、20~30代の同棲5年目以内の男女合計600人を対象に「カップルのコミュニケーションに関する調査」を実施し、結果を公表しました。

カップルの多くが憧れる同棲生活。しかし大事な人とはいえ、生育環境が異なるふたりが一緒に暮らすのは意外と大変です。距離が近づく分、今まで気にならなかったちょっとした不満やモヤモヤが蓄積しやすくなる上に、「関係に亀裂が入ってしまうかも」という不安から、要望を伝えられず我慢してしまう人も多いかもしれません。

「10年後、20年後の未来を見据えれば、真剣だからこそお互いしっかり向き合うことが大切です」と話すのは、株式会社すきだよ代表取締役のあつたゆかさん。

今回同誌では、同棲5年未満のカップルを対象に「カップル間のコミュニケーションやスキンシップ」に関する調査を実施。調査結果から見えてきた課題について考察してます。

「出産・育児」や「性生活」について会話やすり合わせができていないカップルが多い

パートナーとの関係については、全体の95.5%が「良好」「まあ良好」と回答。

しかし、「パートナーとの間で会話やすり合わせができているか」を家事や育児、性などの項目別に聞いたところ、関係性が良好と回答しているにもかかわらず「会話やすり合わせができていない」と感じる人も多くいることがわかります。

中でも、すり合わせができていない項目のトップ3は「出産・育児」40.0%、「性生活」36.1%、「友人付き合い」30.8%となりました。

性生活についての不満や要望、4人に1人が伝えられていない

「パートナーに対する不満や要望があるかどうか」についても同様に、家事や育児、性などの項目別に聞きました。

すると性生活に関しては、不満や要望があっても「パートナーに伝えられない」と答えた人が、「親戚付き合い」や「出産・育児」などと比べて最も多い24.3%にのぼりました。およそ4人に1人が性生活に関するコミュニケーションに課題を抱えていると言えます。

伝えられない理由としては、「相手を傷つけてしまいそう」「相手に嫌われそうで怖い」「我慢したほうが楽だから」という意見が多く挙げられました。

セックスの誘いを断る理由には、家事などで不満がある人も……

「パートナーと性についての会話をしているか」という設問では、「普段からしている」と答えたカップルは、半数以下の44.8%という結果に。

「一度もしたことがない」「したいと思ったこともない」というカップルも13%いました。一つ屋根の下で暮らしていても、性について話し合う機会は意外と少ないことがうかがえます。

また、パートナーからの性的なスキンシップ(裸で抱き合う、挿入を伴う行為をする等)を断ったことがある人は39.8%。断った理由としては、「(家事に対する不満など)セックス以外のことでパートナーに不満があったから」という声も見られました。

あつたゆかさんによる、調査結果の考察

株式会社すきだよ代表取締役あつたゆかさん

二人の仲が良くても、“対話”ができているとは限らない

9割以上のカップルが関係良好と答えているということは、普段から「会話」はできているはず。

それでも、ジャンルによってはお互いすり合わせができていなかったり、不満があっても伝えられてなかったりするということは、踏み込んだ「対話」ができていない可能性があります。

今は、同棲5年未満だから我慢できるかもしれませんが、それが10年、20年続くと考えると、思っていることを伝えて解決する方がお互いにとっていいと思います。

家事に不満があるからセックスを断る場合は、「問題の分離」が必要かも

例えば、家事に不満があるなどセックス以外での不満があって、それを理由にセックスを断るということは、「家事」と「セックス」の二つの問題を解決する必要があります。そのためには、まず問題の分離が必要です。

セックス以外のことに対する不満を「セックスを断る」という行為で伝えようとしても、真意が伝わらないどころかかえって問題がこじれてしまう可能性があります。家事の不満は「家事についてこうしてもらえると助かるんだけど、どうかな?」と、家事単体で問題解決を目指すようにしましょう。

そうすると、関係性自体も良くなって、スキンシップもより良い形に改善できるかもしれません。

「セックス=挿入」のイメージに囚われすぎていない?

セックスの範囲は人それぞれであることが判明

さらに調査の中で、「セックスとはどういう行為をすることだと思うか(セックスの定義)」を尋ねてみたところ、人によってストレッチがあることがわかりました。

最も多かったのは「性器の挿入を伴う行為」で84.7%でしたが、「性的に体を触り合う」56.0%、「裸で抱き合う」44.5%、「唇や舌で相手に触れる」39.7%と、約4割〜5割の人は「挿入以外の行為」もセックスだと捉えています。

また、「キス」がセックスと考える人も25.0%いました。さらに、「ハグをする」「好意を伝え合う」といったことも、1割以上の人がセックスであると答え、セックスの範囲は人それぞれであることがわかりました。

「セックスをする・しない」の0・100で考えるのではなく、どの行為なら今日はOKなど、パートナーと対話してみるのもいいかもしれません。

調査概要

「カップルのコミュニケーションに関する調査」
[調査主体] TENGA
[調査方法] インターネット調査
[調査対象]合計600人(男女各300人)
・同棲1年未満:男女各100人(200人)
・同棲1年以上3年未満:男女各100人(200人)
・同棲3年以上5年未満:男女各100人(200人)
[調査期間] 2022/6/17~2022/6/19
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはならない場合があります。

(エボル)

※この記事は2022年08月05日に公開されたものです

エボル

ネットを中心にさまざまなサービスやビジネスを創造する企業。特にコンテンツ開発分野においては、さまざまな分野で活躍する多彩なライター陣と経験豊かなエディターを中心に各ネットメディア向けて最適化された、品質の高いコンテンツを企画制作しています。マイナビウーマンではニュース記事を担当。
https://e-vol.co.jp
https://pro-web.jp

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#ヘルシーニュース」をもっと見る

MORE

SHARE