お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

時雨茶臼(しぐれちゃうす)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

時雨茶臼(しぐれちゃうす)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、時雨茶臼(しぐれちゃうす)という体位を紹介します。

時雨茶臼(しぐれちゃうす)とは?

「時雨茶臼」とは、女性が上体を後ろへ傾けた騎乗位。結合部が男性からよく見えるため、エロティックで挑発的な体位といえます。

「時雨茶臼」の「茶臼」は茶葉をひく臼のことで、四十八手において騎乗位を意味します。

男性の上に女性が乗っている様子を、ひいた抹茶を受ける皿と臼の組み合わせで表現しているのでしょう。

「時雨」は、秋の終わりから冬の初めにかけて、ぱらぱらと降ったりやんだりする雨のこと。

女性の愛液を時雨に見立て、「男性に愛液が降る騎乗位」という意味で、時雨茶臼の名がついたのかもしれません。

どんな時におすすめ?
女性が男性をエロティックに挑発したい時

難易度
★★★☆☆

ちなみに、時雨茶臼と似た体位に「百閉(ひゃくへい)」があります。違いは女性の姿勢。時雨茶臼は女性が体を後ろへ傾けるのに対し、百閉では前傾姿勢となります。

参考記事はこちら▼

百閉について、詳しくはこちらの記事で解説しています。

次ページ:時雨茶臼のやり方

SHARE