お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

理非知らず(りひしらず)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

理非知らず(りひしらず)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、理非知らず(りひしらず)という体位を紹介します。

Check!
【四十八手一覧】セックスの体位をイラストつきで解説!

理非知らず(りひしらず)とは?

「理非知らず」とは、女性の手と脚を縛る、いわゆる緊縛プレイの要素を盛り込んだ正常位です。

ちなみに、「理非」が指すのは「道理にかなっていることと外れていること」(出典:『デジタル大辞泉』小学館)。

つまり「理非知らず」は「道理にかなっていようが外れていようが知らない」という意味だと解釈できるでしょう。

そのネーミングの通り、理非知らずはちょっとアブノーマルなプレイ。SMっぽい雰囲気を楽しみたい時におすすめです。

どんな時におすすめ?
ソフトSMにチャレンジしたい時

難易度
★★★☆☆

理非知らずのやり方

それではさっそく、理非知らずのやり方を解説します。ポイントは、SMチックな雰囲気を演出することです。

理非知らずの手順

理非知らずの手順は以下の通りです。

STEP1:女性の手足を縛る

まずは女性が仰向けになり、その手足を男性が縛ります。

この時、細いひもだと肌に食い込んで痛いので、柔らかく太めのものがおすすめ。例えば、マフラーやスカーフなどが良いでしょう。

STEP2:挿入してピストン開始

女性の手足を縛ったら、男性は相手の脚を抱えて持ち上げ、挿入します。

腰の動きは通常の正常位と同じ。SMプレイらしく、相手が苦しくならない程度に少し激しくピストンしてみても良いかもしれません。

理非知らずをする時のポイント

理非知らずで刺激的なプレイを楽しむポイントは、SMチックな雰囲気を演出すること。

そのためには、「攻める側のSと、それを受け入れて従う側のM」という関係性を意識すると良いでしょう。例えば、男性がいつもより積極的に攻めて、女性はあえて敬語を使うなど。

また、ソフトSM用の柔らかい手錠やアイマスクを使ってみるのもおすすめです。

そうすれば、いつもと違う展開にドキドキできるかもしれません。

▶次のページでは、理非知らずの注意点を解説します。

次のページを読む

SHARE