お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

理非知らず(りひしらず)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

理非知らず(りひしらず)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、理非知らず(りひしらず)という体位を紹介します。

理非知らず(りひしらず)とは?

「理非知らず」とは、女性の手と脚を縛る、いわゆる緊縛プレイの要素を盛り込んだ正常位です。

ちなみに、「理非」が指すのは「道理にかなっていることと外れていること」(出典:『デジタル大辞泉』小学館)。

つまり「理非知らず」は「道理にかなっていようが外れていようが知らない」という意味だと解釈できるでしょう。

そのネーミングの通り、理非知らずはちょっとアブノーマルなプレイ。SMっぽい雰囲気を楽しみたい時におすすめです。

どんな時におすすめ?
ソフトSMにチャレンジしたい時

難易度
★★★☆☆

次ページ:理非知らずのやり方

SHARE