お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

雁が首(かりがくび)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

雁が首(かりがくび)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、雁が首(かりがくび)という体位を紹介します。

雁が首(かりがくび)とは?

「雁が首」とは、女性が男性器を口で愛撫する、いわゆるフェラチオの体位を指します。

ちなみに、雁とは「かり」「がん」と呼ばれる首の長い水鳥のこと。

がんの首がくびれた男性器の形に似ていることから、フェラチオの体位を「雁が首」と呼ぶようになったのかもしれません。

四十八手の中で女性が男性へオーラルセックスをする体勢としては、「雁が首」の他に「千鳥の曲」があります。

これらの違いは、女性の位置。「雁が首」では女性が男性の脚の間へ入りますが、「千鳥の曲」では男性の横で愛撫をします。

参考記事はこちら▼

「千鳥の曲」については、こちらの記事で解説しています。

「千鳥の曲」は横からの愛撫なので、女性にとっては男性器の側面を舐めやすい体位です。

一方、「雁が首」は「裏筋(男性器の裏側にある感じやすい部分)」を刺激するのにちょうど良い体勢。

シンプルな体位ですが、女性が思いっきり男性を攻められるプレイといえます。攻め方を習得して、彼を翻弄してしまいましょう!

どんな時におすすめ?
女性が男性を徹底的に攻めたい時

難易度
★★☆☆☆

次ページ:雁が首のやり方

SHARE