お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

茶臼のばし(ちゃうすのばし)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

茶臼のばしの注意点

茶臼のばしは挿入が浅めなので、激しく動こうとするとすぐに抜けてしまいます。

抜けるたびに通常の騎乗位へ戻って挿入し、体勢を整えて……を繰り返していると、もたついている間にムードが冷めてしまうかもしれません。

そうならないよう、挿入は深さよりも密着感を意識しましょう。物足りなくなってきたら、通常の騎乗位に戻せばグッと挿入が深くなります。

茶臼のばしならお互いの存在をより強く感じられる

2人がぴったり密着する茶臼のばしは、体全体で相手の存在を強く意識できる体位です。

騎乗位をしていて、「もっと相手を感じたい」と思った時は、茶臼のばしへ移行してみてください。

肌の温もりや感触、息遣いなどを全身で感じていると、愛情や幸福感があふれてくるはず。近い距離でたっぷり愛情表現をして、濃密な時間を楽しみましょう。

(関由佳)

※画像はイメージです

※この記事は2022年07月28日に公開されたものです

関由佳 (心理カウンセラー・カラーセラピスト・筆跡アナリスト)

心理カウンセラーでカラーセラピスト、筆跡アナリスト。前向きな女性の生き方を提案するコラムを執筆し、最近は筆跡心理学セミナーやテレビ出演も。多面的な角度から人の心理を読み解きます。

この著者の記事一覧 

SHARE