お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

茶臼のばし(ちゃうすのばし)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

茶臼のばし(ちゃうすのばし)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、茶臼のばし(ちゃうすのばし)という体位を紹介します。

Check!
【四十八手一覧】セックスの体位をイラストつきで解説!

茶臼のばし(ちゃうすのばし)とは?

「茶臼のばし」とは、女性が男性の上に乗って、脚を伸ばした体位。

ちなみに、「茶臼」とは茶葉をひく臼で、女性が上へ乗る体位を表すのに使う場合もあります。

女性が上になって脚を伸ばすことから、「茶臼のばし」の名がついたのかもしれません。

似た体位として、男性が上になり脚を伸ばす「しがらみ」があります。

参考記事はこちら▼

しがらみについて、詳しくはこちらの記事で解説しています。

茶臼伸ばしは挿入感が浅い一方、お互いに密着できるため精神的な満足度が高い体位といえます。

また、女性は脚を伸ばしているので、男性器をぎゅっと締めつけやすいでしょう。そのため、結合部でも密着感を味わえるはずです。

どんな時におすすめ?
密着して騎乗位を楽しみたい時

難易度
★★★☆☆

茶臼のばしのやり方

それではさっそく、茶臼のばしのやり方を解説します。ポイントは、挿入以外の快感です。

茶臼のばしの手順

茶臼のばしの手順は以下の通りです。

STEP1:騎乗位の状態で挿入

まずは男性が仰向けになります。

そこへ女性がまたがり、通常の騎乗位と同じように挿入しましょう。

STEP2:女性が前に倒れて脚を伸ばす

挿入できたら、女性が相手の上半身へ密着するよう覆いかぶさり、脚をゆっくり伸ばしてください。

この時、挿入が浅くなるため男性器が抜けやすくなります。様子を見ながら少しずつ体勢を変えましょう。

STEP3:男性主導でピストンする

騎乗位は、基本的に女性がリードする体位です。しかし、茶臼のばしでは女性が脚を伸ばしているので、なかなか動けません。

そのため、男性が腰を動かしてピストンすることになります。速く動くと疲れてしまう上に抜けやすいので、ゆっくりと中の感覚を味わうのがおすすめ。

挿入が浅めなので、入り口付近で感じる女性は、特に快感を得やすいでしょう。

茶臼のばしをする時のポイント

茶臼のばしをする時は、以下のポイントについて意識してみてください。

(1)挿入以外の快感をプラスする

茶臼のばしはあまり激しくピストンできない分、それ以外の快感が重要です。

お互いの顔が近いので、キスをしたり耳元でささやいたりして、気持ちを盛り上げましょう。

また、女性が男性の上半身を愛撫するのもおすすめ。ピストンは男性に任せて、その間、相手の乳首を刺激したり首にキスしたりすれば、挿入以外の快感をつくり出せます。

男性も両手が空いているので、ぜひ女性を愛撫してみてください。

こうしてお互いにさまざまな刺激を与え合えば、プレイがさらに盛り上がるでしょう。

(2)騎乗位のバリエーションとして楽しむ

茶臼のばしは挿入が浅いので、物足りなく感じる場合があるかもしれません。

そのような時は、メインの体位にするよりも、騎乗位のバリエーションとしてプレイの合間に取り入れるのがおすすめ。

そうすれば、刺激にメリハリがついてセックスをより楽しめるでしょう。

▶次のページでは、茶臼のばしの注意点を解説します。

次のページを読む

SHARE