お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

茶臼のばし(ちゃうすのばし)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

茶臼のばし(ちゃうすのばし)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、茶臼のばし(ちゃうすのばし)という体位を紹介します。

茶臼のばし(ちゃうすのばし)とは?

「茶臼のばし」とは、女性が男性の上に乗って、脚を伸ばした体位。

ちなみに、「茶臼」とは茶葉をひく臼で、女性が上へ乗る体位を表すのに使う場合もあります。

女性が上になって脚を伸ばすことから、「茶臼のばし」の名がついたのかもしれません。

似た体位として、男性が上になり脚を伸ばす「しがらみ」があります。

参考記事はこちら▼

しがらみについて、詳しくはこちらの記事で解説しています。

茶臼伸ばしは挿入感が浅い一方、お互いに密着できるため精神的な満足度が高い体位といえます。

また、女性は脚を伸ばしているので、男性器をぎゅっと締めつけやすいでしょう。そのため、結合部でも密着感を味わえるはずです。

どんな時におすすめ?
密着して騎乗位を楽しみたい時

難易度
★★★☆☆

次ページ:茶臼のばしのやり方

SHARE