お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

本駒掛け(ほんこまかけ)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

本駒掛けの注意点

本駒掛けをする時は、以下の点に気をつけましょう。

(1)痛い時は無理しない

本駒掛けをしている時、男性器が膣の深くまで入り込んでしまうことがあります。

そのため、奥に痛みを感じやすかったりまだ挿入に慣れていなかったりする女性は要注意。痛みを感じたら、無理せず中断しましょう。

しかし、体勢的に男性は女性の顔が見えないので、痛みを感じていることになかなか気づけない可能性も。

つらいときは我慢せず、女性の方からストップしたい意思を伝えてくださいね。

(2)抜けないようにピストンを調整する

ピストンしている最中、突き上げた勢いで男性器が抜けることもあります。

この状態で女性の体が降りてくると、そのまま男性器が押しつぶされてしまうかもしれません。

そうなると、男性は痛みを感じるため、抜けないようにピストンのストロークを調整しましょう。

本駒掛けは男性の見せ場!

本駒掛けは、男性が動いて女性をリードする体位。いわば、セックスにおける男性の見せ場です。

女性は、彼の力強い動きと快感をたっぷり味わってください。その後は、主導権を交代するのもおすすめ。

本駒掛けから、女性が腰を動かしてリードする絞り芙蓉へ移行したり、男性が寝そべって背面騎乗位に持ち込んだりして、ギブアンドテイクでセックスを楽しみましょう!

(関由佳)

※画像はイメージです

※この記事は2022年07月27日に公開されたものです

関由佳 (心理カウンセラー・カラーセラピスト・筆跡アナリスト)

心理カウンセラーでカラーセラピスト、筆跡アナリスト。前向きな女性の生き方を提案するコラムを執筆し、最近は筆跡心理学セミナーやテレビ出演も。多面的な角度から人の心理を読み解きます。

この著者の記事一覧 

SHARE