お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

本駒掛け(ほんこまかけ)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

本駒掛けのやり方

それではさっそく、本駒掛けのやり方を解説します。ポイントは、男性のピストンです。

本駒掛けの手順

本駒掛けの手順は以下の通りです。

STEP1:女性が男性にまたがって挿入

まずは男性が体育座りのように座り、手を後ろへつきます。上半身を少し後ろに倒した状態がベストです。

そこへ女性が背を向けた状態でまたがり、腰を下ろして挿入します。この時、女性は男性の膝に手を添えると、体を支えやすいでしょう。

STEP2:ピストン開始

男性が手と足をしっかりベッドにつけて、腰を上へ打ちつけるようにピストンします。ベッドの反動を生かし、トランポリンのように腰を上下させるイメージです。

腰を突き上げる→女性の体が持ち上がる→女性が降りてくる→また腰を突き上げる……を繰り返し、リズミカルに動くとピストンを続けやすいでしょう。

本駒掛けをする時のポイント

本駒掛けは、男性が女性の体重を支えるため、途中でつらくなる場合も。そうならないよう、男性側の負担を軽くする方法があります。

それは、女性が膝立ちになり、男性の膝へ体を預けるよう前のめりになること。そうすれば、男性の上体へ掛かる女性の体重が減り、かつ挿入部に空間ができます。

この状態なら、負担が軽く腰の可動域も広がるので、ピストンしやすいでしょう。

また、勢いをつけて深く挿入することも可能。ポルチオなど奥が感じるタイプの女性は、強い快感を得られるかもしれません。

次ページ:本駒掛けの注意点

SHARE