お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

椋鳥(むくどり)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

椋鳥の注意点

女性は仰向けになっているため自分で顔を上げ下げして挿入の深さを調整するのが難しく、苦しくてもなかなか逃れられない状況になりがち。

また、女性の歯が男性器に当たりやすいので、男性としても深い挿入はリスキーだといえます。

そのため、お互いの安全のためにも女性が深くくわえることは避け、浅くするか舐める程度の愛撫にとどめる方が無難でしょう。

椋鳥は男性からの愛撫をメインに楽しんで

サービス精神が旺盛な女性は、「自分が頑張って相手を気持ちよくしてあげたい!」と思うかもしれません。

しかし、椋鳥は下にいる女性が舐めにくい体位なので、無理はしなくてOKです。

男性からの愛撫を思う存分味わいつつ、時々彼の反応を楽しむくらいの気持ちで男性器を刺激してあげましょう。

パートナーの愛撫を全身で感じて椋鳥のように声を上げれば、雰囲気が盛り上がるかも……⁈

(関由佳)

※画像はイメージです

※この記事は2022年07月27日に公開されたものです

関由佳 (心理カウンセラー・カラーセラピスト・筆跡アナリスト)

心理カウンセラーでカラーセラピスト、筆跡アナリスト。前向きな女性の生き方を提案するコラムを執筆し、最近は筆跡心理学セミナーやテレビ出演も。多面的な角度から人の心理を読み解きます。

この著者の記事一覧 

SHARE