お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

椋鳥(むくどり)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

椋鳥のやり方

それではさっそく、椋鳥のやり方を解説します。ポイントは、角度の調整です。

椋鳥の手順

まずは女性が仰向けになり、男性が相手とは頭の方向を逆にして覆いかぶさります。この時、女性は少し足を立てて開き気味にすると、相手が顔をうずめやすくなりますよ。

身長差にもよりますが、男性器のつけ根が女性の顔にくるくらいの位置に調整すると舐めやすいでしょう。

そのままお互いにオーラルセックスを始めれば、椋鳥の完成です。

椋鳥をする時のポイント

椋鳥をする時のポイントは、以下の通りです。

(1)最初に位置や角度を調整する

椋鳥をする時、下にいる女性が苦しく感じる状態でスタートすると、すぐギブアップしたくなるかもしれません。

それを防ぐには、椋鳥の体勢を取ってから、お互いの位置や男性器の角度を調整してみてください。

女性が苦しくならず、2人とも舐めやすいポジションが見つかれば、行為に集中できるでしょう。

(2)女性は浅めにくわえるか舐めるだけにする

椋鳥は、女性が上になる通常のシックスナインとは角度が異なるため、最初は難しく感じるでしょう。

特に女性は仰向けになって下向きの男性器を愛撫することになるので、口で深くくわえようとしても角度的に難しいですし、苦しくなりやすいです。

そのため、女性は無理せず男性器を浅めにくわえるか、口に入れず舌や唇で愛撫するのがおすすめ。

また、普段あまり攻めない睾丸付近を舐めるのもアリです。それと同時に陰茎を手で刺激する「2カ所攻め」をしてみると、男性に喜ばれるかもしれません。

(3)身長差があるカップルは交互に舐める

これはシックスナイン全般にいえることですが、身長差が大きいカップルは、位置が合わずにうまくできない場合も。

どうしてもやりにくい時は、交代でちょうど良い位置に移動してオーラルセックスをしてみてください。

そして、できない側は相手を手で愛撫するなどお互いに配慮すると、気持ちよく楽しめるはずです。

次ページ:椋鳥の注意点

SHARE