お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

椋鳥(むくどり)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

椋鳥(むくどり)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、椋鳥(むくどり)という体位を紹介します。

椋鳥(むくどり)とは?

「椋鳥」とは、男性が上になるシックスナイン(男女がお互いに陰部を舐め合う体位)のこと。

一般的なシックスナインでは、男性が下、女性が上になります。この逆が、椋鳥です。

角度によっては女性が苦しくなる場合もありますが、そうならないよう調整すれば、いつもと違った刺激的なプレイを楽しめるでしょう。お互いに新しい快感を味わえるかもしれません!

ちなみに、一般的な意味での「椋鳥」は、日本のほぼ全域で見られる野鳥のことです。鳴き声が大きく、大量の椋鳥が一斉に鳴くとうるさすぎて問題になる場合も。

大きな鳴き声を女性の喘ぎ声に重ね、体位としての「椋鳥」という名がついたのかもしれませんね。

どんな時におすすめ?
いつもと違うオーラルセックスを楽しみたい時

難易度
★★★☆☆

次ページ:椋鳥のやり方

SHARE