お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

百閉(ひゃくへい)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

百閉(ひゃくへい)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、百閉(ひゃくへい)という体位を紹介します。

百閉(ひゃくへい)とは?

「百閉」とは、仰向けの男性に女性がまたがる体位。いわゆる騎乗位の1つです。似た体位に「時雨茶臼(しぐれちゃうす)」があります。

両者の違いは、女性の上体の角度です。百閉は前のめり、時雨茶臼は後ろへ反った体勢。微妙な違いですが、挿入の角度が変わるので感じやすい場所も変わります。

また、女性にとって時雨茶臼より百閉の方が少し楽でしょう。

とはいえ、腰の動きが重要なのは変わりません。しっかり動けるよう、コンディションを整えて臨んでくださいね。

どんな時におすすめ?
女性がリードしたい時

難易度
★★★☆☆

次ページ:百閉のやり方

SHARE