お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

千鳥(ちどり)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

千鳥(ちどり)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラスト付きで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は千鳥(ちどり)という体位を紹介します。

千鳥(ちどり)とは?

「千鳥」とは、女性が正座を崩したような状態で仰向けになる体位のことです。

体勢としてはほぼ正常位なので、なじみやすいはず。とはいえ、女性は体が硬いと脚が少々きついので、ある程度の柔軟性が求められます。

「千鳥」というとお笑い芸人のコンビ名をイメージする人が多いかもしれませんが、元々はチドリ科の鳥の総称、またはたくさんの鳥という意味です。

体位としての「千鳥」の名は、足を曲げた女性が羽ばたく鳥のように見えることからついたかもしれません。

普段の正常位に飽きてきたら、パートナーに「こんな方法はどう?」と提案してみると、少し違った快感を楽しめるでしょう。

どんな時におすすめ?
いつもと違う正常位を楽しみたい時

難易度
★★★☆☆

次ページ:千鳥のやり方

SHARE