お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

千鳥(ちどり)とは? 四十八手の体位を解説(イラストつき)

関由佳

千鳥(ちどり)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラスト付きで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は千鳥(ちどり)という体位を紹介します。

Check!
【四十八手一覧】セックスの体位をイラストつきで解説!

千鳥(ちどり)とは?

「千鳥」とは、女性が正座を崩したような状態で仰向けになる体位のことです。

体勢としてはほぼ正常位なので、なじみやすいはず。とはいえ、女性は体が硬いと脚が少々きついので、ある程度の柔軟性が求められます。

「千鳥」というとお笑い芸人のコンビ名をイメージする人が多いかもしれませんが、元々はチドリ科の鳥の総称、またはたくさんの鳥という意味です。

体位としての「千鳥」の名は、足を曲げた女性が羽ばたく鳥のように見えることからついたかもしれません。

普段の正常位に飽きてきたら、パートナーに「こんな方法はどう?」と提案してみると、少し違った快感を楽しめるでしょう。

どんな時におすすめ?
いつもと違う正常位を楽しみたい時

難易度
★★★☆☆

千鳥のやり方

それではさっそく、千鳥のやり方を解説します。ポイントは、優しいピストンです。

千鳥の手順

千鳥の手順には、大きく分けて以下の2パターンがあります。

パターン1:女性が仰向けになってから挿入

まずは、女性が正座を崩してお尻をぺたんとつけた形(いわゆる女の子座り)で座り、そのまま仰向けになります。

次に、男性が女性にまたがるよう膝立ちになり、そのまま挿入しましょう。

女性の脚が邪魔になって挿入が難しい時は、相手に少し足を開いてもらい、挿入できてから閉じると簡単です。

パターン2:対面座位から千鳥へ移行

パターン1が難しい時は、対面座位から千鳥へ移行するのも手です。

まずは男性が正座して、そこへ女性が膝立ちでまたがります。その状態で挿入し、対面座位の体勢になったら、男性が相手を支えながら優しく後ろへ倒しましょう。

こうすれば、自然と千鳥の体勢になります。

千鳥をする時のポイント

千鳥をする時のポイントは、以下の通りです。

(1)ピストンは優しくする

千鳥は比較的挿入が浅くなりやすい体位です。

そのため、激しく腰を打ちつけると途中で抜けてしまう可能性があります。これを防ぐには、優しいピストンでゆっくり押し入っていく感覚を味わうのがおすすめ。

また、女性を焦らすように男性器の先端で入り口あたりをこする、といった挿入以外のアプローチを楽しむのも良いでしょう。

(2)イチャイチャする時間を楽しむ

千鳥は女性の脚が男性器を囲い込むような状態になるので、2人とも挿入時の密着感を強く意識できるでしょう。

また、向きあっているので視線を絡ませたりキスをしたりといったコミュニケーションも取りやすい体位といえます。

これらのメリットを生かしてイチャイチャする時間を楽しめば、精神的な満足感も得られるはずです。

▶次のページでは、千鳥の注意点を解説します。

次のページを読む

SHARE