お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

鳴門(なると)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

鳴門のやり方

それではさっそく、鳴門のやり方を解説します。ポイントは、腰の動きです。

鳴門の手順

鳴門の手順は以下の通りです。

STEP1:女性が男性へまたがるように挿入

男性は、脚を閉じて前に伸ばします。そこへ女性が背を向けた状態でまたがり、挿入します。

この時、女性は膝を立てたままのM字開脚の姿勢になるとスムーズです。

STEP2:女性が腰をひねりながらピストン

挿入したら、女性は膝の動きを利用して腰をひねるように動きます。そこへさらに上下の動きをプラスし、男性器をねじり上げるような刺激を与えましょう。

女性だけで上下に動くのが難しい時は、相手に腰を支えてもらうと少し楽かもしれません。

鳴門をする時のポイント

鳴門では、下半身をフルに使って、ねじる動きと上下運動を組み合わせる必要があります。そのため、一番のポイントは腰の動かし方といえるでしょう。

腰をねじる時は、つま先立ちのようにかかとを上げ、足先を軸にすると動きやすくなります。男性にまたがったままつま先をひねり、膝を左右交互に内側へ倒すよう動きましょう。

「膣で男性器をねじる」とイメージすれば分かりやすいかもしれません。

腰を上下に動かす時は、手を前につくと安定します。慣れるまではゆっくり動かすのがおすすめ。

ただし、動きばかりを意識すると快感が遠ざかってしまいます。そうならないよう、動きながら膣内の感覚にも集中してみてください。

次ページ:鳴門の注意点

SHARE