お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)という体位をご紹介します。

鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)とは?

「鵯越えの逆落とし」とは、女性が腕立て伏せのような体勢になり、その足を男性が持ち上げてオーラルセックス(女性の陰部を舐めること)をする体位のこと。

歴史が好きな人なら知っているかもしれませんが、「鵯越の逆落とし」は源義経が平家軍に対して行った奇襲の名称です。

平安時代末期に起こった一ノ谷の戦(いちのたにのたたかい)で、源義経は鵯越という場所の断崖絶壁に立たされたとされています。

義経は鵯越の坂を駆け降りて平家の軍陣を背後から襲ったと伝えられており、この戦法が「鵯越の逆落とし」と呼ばれているのです。

それが由来となって、誰も思いつかない奇抜な愛撫の体位が「鵯越えの逆落とし」と呼ばれるようになったのかもしれません。

「まさかこんな状態で⁉」と思わせる体位も、四十八手ならでは。女性は腕が少しつらいですが、いつもと違う快感を味わいたい時に試してみても良いでしょう。

どんな時におすすめ?
いつもと違う感覚で愛撫を楽しみたい時

難易度
★★★★☆

ちなみに、似た名前の体位に「鵯越え」があります。こちらはいわゆるバックなので実践しやすいですよ。

参考記事はこちら▼

鵯越えについて、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

次ページ:鵯越えの逆落としのやり方

SHARE