お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

しがらみとは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

しがらみの注意点

しがらみをする時は、以下の点に注意しましょう。

(1)挿入感が足りない時は焦らしとして活用する

しがらみは挿入が浅めなので、深い挿入感を楽しみたい人にとっては、やや物足りない体位かもしれません。

もし「しがらみだけでは満足できない!」と感じたら、あえて焦らしとして活用してみてください。

その後、通常の正常位やバックなど挿入感を得やすい体位に変えれば、より奥の快感を楽しめるでしょう。

(2)必要に応じて潤滑ゼリーを使う

しがらみの体勢を取る時、男性器が女性の脚にブロックされ、挿入しにくい場合があります。

また、女性の脚とそこへ挟まる男性器との間に摩擦が生じるため、少々動きにくく感じる人もいるでしょう。

そのような時は、滑りを良くするために潤滑ゼリーを使ってみてください。女性の脚のつけ根から膣の周りにかけて塗っておくと、動きやすくなりますよ。

しがらみで幸福感を味わって

しがらみは密着感が高く体勢的に無理が少ないので、比較的長時間続けやすいのがメリット。

身も心も1つに溶け合ったような感覚で、お互いの愛情をじっくり感じられる体位といえるでしょう。

本記事を参考に、相手の温もりと愛情をたっぷり味わってくださいね。

(関由佳)

※画像はイメージです

※この記事は2022年07月26日に公開されたものです

関由佳 (心理カウンセラー・カラーセラピスト・筆跡アナリスト)

心理カウンセラーでカラーセラピスト、筆跡アナリスト。前向きな女性の生き方を提案するコラムを執筆し、最近は筆跡心理学セミナーやテレビ出演も。多面的な角度から人の心理を読み解きます。

この著者の記事一覧 

SHARE