お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

しがらみとは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

しがらみとは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、しがらみという体位を紹介します。

しがらみとは?

四十八手のしがらみをするカップル

「しがらみ」とは、女性が脚を伸ばした状態の正常位で、伸長位(しんちょうい)とも呼ばれます。2人の密着度が高くなるので、相手の温もりを全身で感じられますよ。

女性にとっては、仰向きに寝ているだけなので楽な体位といえます。また、挿入が浅めなので、入り口付近で感じやすい女性は特にリラックスして快感を味わえるでしょう。

ところで、しがらみと聞くと、「この職場にはしがらみが多い」などネガティブな用法をイメージする人は少なくないでしょう。

しかし、しがらみには「水流をせき止めるために、川の中にくいを打ち並べて、それに木の枝や竹などを横に結びつけたもの(出典:『デジタル大辞泉』小学館)」という意味もあります。

女性の脚の間へ差し込まれた男性器をくいに見立て、四十八手としてのしがらみの名がついたのかもしれません。

どんな時におすすめ?
お互いの体温を感じながらつながりたい時

難易度
★★★☆☆

次ページ:しがらみのやり方

SHARE